新日本紀行

日本のNHKテレビで放送された番組

新日本紀行』(しんにほんきこう)は、1963年10月7日[2]から1982年3月10日[3]までNHK総合テレビジョンで放送された紀行番組である。18年半続いた番組で、制作本数は計794本にのぼる[1]

新日本紀行
ジャンル 紀行番組
ナレーター 週替わり
テーマ曲作者 富田勲[1]
製作
製作 NHK
放送
放送チャンネルNHK総合テレビジョン
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1963年10月7日[2] - 1982年3月10日[3]
放送時間本文参照
回数794[1]
テンプレートを表示

本項目では、2005年に放送された『新日本紀行ふたたび』(しんにほんきこうふたたび)、2018年から放送されている4Kリマスター版についても記載する。

概要編集

日本で初めての本格的な紀行番組NHKアナウンサーが日本各地の原風景を訪ね、それにナレーションインタビューを加えるという体裁を取り入れた。

1969年4月7日放送分よりテーマ音楽を変更し、内容もそれまでの風土記から人間の記録を中心とした紀行ドキュメントにねらいを変えている。テーマ音楽はいずれも冨田勲の作曲[1]で『TOMITA ON NHK』というCDに収録されている。有名な後期のテーマ音楽のタイトル「祭りの笛」は冨田勲本人の命名ではなく、後にレコードCDで販売するために便宜的に付けられたものである。

1970年代までに制作された番組の多くは、使い回しの一般的な2インチVTRで収録されていたために現存する映像が少ないが、本番組についてはフィルム(16 mmフィルム)[4]で撮影されているため、全794回が現存している。

NHKのラジオ放送開始70周年を迎えた1995年から1996年にかけて、(1970年9月21日に放送された「三重連の峠〜秋田・青森県境 矢立峠〜」の回など、過去の再放送などを通して特に人気のあった作品60本を傑作選としてNHKソフトウェア(現:NHKエンタープライズ)、日本ビクター(現:JVCケンウッド)販売で第1期・第2期に分けて各30巻ずつ、全60巻のビデオソフトとして発売された。ビデオソフト化された60本のリリースに際しては、テーマ音楽を含めた音楽とナレーションは放送当時のものを基にしてステレオ方式で新たに収録し直され、テロップも新しくなっているが、テーマ音楽については、1969年4月以前に放送された作品も、『祭りの笛』をステレオで新たに収録し直されたものに変更されている。

2000年に始まったかつてのNHKの傑作番組を再放送する『NHKアーカイブス』の中でも同番組が度々放送される。特にリクエスト放送が始まった2002年以降は放送頻度も増えて、これが後述の『新日本紀行ふたたび』の誕生のきっかけとなる[独自研究?]

2007年にはNHKアーカイブスのサイトに「新日本紀行全記録」のリンクができ、第1回から最終回まですべての放送日とタイトルなどが検索できるようになった。

2018年初頭になると、これまで放送用に使われた16ミリフィルムを高精細の4K画質変換し、映像加工やHDR技術を取り入れることで本来の放送形態にまで修復された。画面比も4K画質に合わせて16:9にトリミングされ、2018年3月にスーパーハイビジョン試験放送にて放送された『4Kでよみがえるあの番組』内で4Kリマスター版が放送された。

白黒で始まった番組のカラー放送化は、1967年3月20日の「南房総」の回が最初で[5]、同年4月3日の「五島列島」の回から全面カラー化された[6]。2018年4月にNHK放送技術研究所が開発したAIカラー化システムが導入されたことにより、全793本の総天然色カラー化が検討されている。

地上波では2000年1月6日から3月16日まで毎週木曜日に総合テレビで『よみがえる新日本紀行』と題して、過去に放送された同番組のリマスター版が放送されており、2018年12月9日放送の『あの日 あのとき あの番組』では1969年に制作された「盆地の太鼓〜埼玉県秩父市〜」の4Kリマスター版が取り上げられている。

放送時間の遍歴編集

初回放送編集

再放送編集

  • 1963年10月10日 - 1964年4月2日:毎週木曜日 11:00 - 11:30
  • 1964年4月8日 - 1966年3月30日:毎週水曜日 11:00 - 11:30
  • 1966年4月6日 - 1967年3月29日:毎週水曜日 11:20 - 11:50
  • 1967年4月4日 - 1969年4月1日:毎週火曜日 23:10 - 23:40
  • 1969年4月8日 - 1971年3月30日、1975年4月22日 - 1976年3月30日:毎週火曜日 23:20 - 23:50
  • 1971年4月6日 - 1975年4月1日:毎週火曜日 23:15 - 23:45
  • 1976年4月10日 - 1978年4月1日:毎週土曜日 11:20 - 11:50
  • 1978年4月9日 - 1982年3月14日:毎週日曜日 7:30 - 8:00

本放送時の主なナレーター編集

その他にも、各地方放送局のアナウンサーがナレーターを担当したこともある1979年から1981年頃の放送でよく見られる)[独自研究?]

新日本紀行ふたたび編集

2005年4月9日からは、放送80周年記念のタイミングに合わせて日本時間の毎週土曜日11:25から11:54に『新日本紀行ふたたび〜NHKアーカイブス〜』が放送された。同番組では『新日本紀行』で訪れた日本各地をもう一度訪れて、当時との歴史比較を展開していく。当番組の前に放送されている『NHKアーカイブス』の兄弟番組という位置づけになっており、『新日本紀行ふたたび』放送開始後は『NHKアーカイブス』本編での『新日本紀行』の放送はなくなっている。NHKエンタープライズが共同制作し、千代田ラフトが制作協力しているがこの両者のテロップはエンディングで出る時と出ない時がある[要出典]

  • 『新日本紀行』と同じく当番組のテーマも「祭りの笛」であるが、冨田勲の提案により薩摩琵琶奏者・坂田美子のボーカル入りとなっている。番組開始当初はオープニングとエンディングで坂田のボーカル入りの「祭りの笛」が流れていたが、2006年2月26日放送分からエンディングでボーカルなしのバージョンが流れている。
  • 放送開始当初は番組中で『新日本紀行』のVTR(フィルム映像)が流れる時には冒頭のBGMでオリジナルの「祭りの笛」がフルコーラス流れていた[7]が、これも2006年5月6日以降の放送では回によって流れなかったり途中でフェードアウトするようになった[独自研究?]
  • 当番組のベースとなる『新日本紀行』は1969年4月のマイナーチェンジを挟んで18年半放送されたが、『新日本紀行ふたたび』でマイナーチェンジ前に訪れた土地は2007年1月20日放送の「浅草」(『新日本紀行』では1968年12月23日放送)と2008年1月12日放送の「故郷へのみち〜石川県奥能登深見〜」(『新日本紀行』では「奥能登」のタイトルで1964年6月29日放送、また1973年10月8日放送の「みち」でも訪れている)のみである[要出典]
  • 2008年10月末時点で最も多く取り上げられたのは北海道で10回、次いで東京都が8回、京都府が6回である(2008年1月2日放送の新春スペシャルの分も含む)。一方、愛知県は『新日本紀行』では名古屋市瀬戸市犬山市南知多町などが取り上げられているが『~ふたたび』ではまだ1度も取り上げられていない[独自研究?]
  • 2012年度はレギュラーでの編成を終了し、不定期の特番扱いで放送予定。
  • 2012年5月にNHK京都放送局が開局80周年記念として『京都スペシャル・新日本紀行ふたたび』を放送した。
  • 2018年12月の4Kリマスター版開始に伴い終了。

放送時間の遍歴編集

初回放送編集

いずれも総合テレビで放送。

  • 2005年4月9日 - 2006年1月7日:毎週土曜日 22:20 - 23:00
  • 2006年1月29日 - 2006年3月5日:毎週日曜日 17:20 - 18:00(スポーツ中継などにより放送休止や時間変更あり)
  • 2006年4月15日 - 2007年9月29日:毎週土曜日 11:00 - 11:40
  • 2007年10月13日 - 2008年3月15日:毎週土曜日 11:00 - 11:35(放送時間が35分間に短縮)
  • 2008年4月5日 - 2010年3月20日:毎週土曜日 11:25 - 11:54(放送時間がさらに短縮され29分間に変更。10月4日以降は11:53までとなり28分間に変更)
  • 2010年4月24日 - 2012年3月17日:月1回程度土曜日 11:30 - 11:54[8]

再放送編集

総合テレビ

BS2

主なナビゲーター編集

その他のアナウンサーがナビゲーターを担当したこともある。また、『新日本紀行』のVTR(フィルム映像)が流れる時に現役のアナウンサーが吹き替えでナレーションを担当することもある。

4Kリマスター版編集

4Kでよみがえるあの番組 新日本紀行

よみがえる新日本紀行
ジャンル 紀行番組
ナレーター 森田美由紀
製作
制作 NHKエンタープライズ
製作 NHK
放送
放送チャンネルNHK BS4K
NHK BSプレミアム
NHK総合テレビジョン
映像形式文字多重放送
4K放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域  日本
放送期間2018年12月1日[9] -
放送時間本文参照
公式サイト
4Kでよみがえるあの番組 新日本紀行
放送チャンネルNHK BS4K
NHK BSプレミアム
放送期間2018年12月1日[9][10] - 2021年3月20日[11]
放送時間本文参照
公式サイト
よみがえる新日本紀行
放送チャンネルNHK BS4K
NHK BSプレミアム
NHK総合テレビジョン
放送期間2021年4月4日[12] -
放送時間本文参照
公式サイト
テンプレートを表示

2018年12月1日[9]、先述した高精細の4Kリマスター版が制作[10]、『4Kでよみがえるあの番組』内で放送を開始した[4]。本編後には『新日本紀行ふたたび』と同様に舞台となった日本各地をもう一度訪れて[10]、当時との歴史を比較していくミニコーナーが設けられている。2019年度までNHK BS4Kのみ放送。2020年度よりBSプレミアムでの放送を開始、2021年度に番組名を『よみがえる新日本紀行』に変更している。

地上波での放送は2021年度に総合テレビで放送されたほか、同チャンネルで放送された『よみがえる新日本紀行』はNHKプラスでの見逃し配信を実施していた。

放送時間編集

4Kでよみがえるあの番組 新日本紀行編集

特記がない限り、以下の放送時間は『4Kでよみがえるあの番組』のもので、『新日本紀行』は毎週の放送ではない。

2018年12月 - 2019年3月
  • 本放送:土曜日 8:00 - 8:43[10]
  • 再放送:日曜日 23:00 - 23:43[10]
2019年度[13]
  • 本放送:土曜日 8:00 - 8:43
  • 再放送:日曜日 23:00 - 23:43、金曜日 12:00 - 12:43
2020年度上期(2020年4月 - 9月)[14]
  • 本放送:木曜日 20:00 - 20:45、毎週日曜日 6:45 - 7:30(BSプレミアム、『新日本紀行(4K版)』として放送)
  • 再放送:土曜日 7:45 - 8:30、水曜日 16:00 - 16:45
2020年度下期(2020年10月 - 2021年3月)[15]

2020年度下期には再放送が廃止され、『新日本紀行』のリマスター版として単独放送された。

  • 本放送:毎週金曜日 16:30 - 17:15(BS4K、『4Kでよみがえるあの番組 新日本紀行』として放送)、毎週日曜日 6:45 - 7:30(BSプレミアム、『新日本紀行(4K版)』として放送)

よみがえる新日本紀行編集

2021年度
  • 本放送:毎週日曜日 6:07 - 6:45(BS4K・BSプレミアム)[16]
  • 再放送:毎週火曜日 14:05 - 14:45(BS4K・総合)
    • 総合テレビでの放送は平日のみ。祝日年末年始国会中継放送時・高校野球中継時は休止。
    • 大相撲中継期間中はBS4Kでの放送が休止、総合テレビのみでの放送となることがある。
2022年度
  • 本放送:毎週土曜日 5:27 - 6:05(BSプレミアム)、毎週金曜日 12:00 - 12:43(BS4K)

ナレーター編集

  • 森田美由紀[9]
  • 加賀美幸子(2022年7月16日放送分、「出雲面影水路〜宍道湖から中海へ〜」では本編も加賀美がナレーションを担当。)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d NHK放送史 新日本紀行 番組エピソード - NHKアーカイブス
  2. ^ a b 新日本紀行 放送番組前記録一覧 1963年度(インターネットアーカイブ)
  3. ^ a b 新日本紀行 放送番組前記録一覧 1981年度(インターネットアーカイブ)
  4. ^ a b 12月開始「NHK BS4K/8K」番組表公開。南極から4K中継、8Kドラマ”. AV Watch (2018年9月20日). 2021年7月10日閲覧。
  5. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'67』日本放送出版協会、1967年、87頁。 
  6. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'68』日本放送出版協会、1968年、90頁。 
  7. ^ CDに収録されているオープニングのバージョンであることが多いが、回によってエンディングバージョンが流れたり、オープニング・エンディング両方のバージョンが流れたこともある
  8. ^ 目撃!日本列島』を差し替えて放送。ただし、近畿地方は『ぐるっと関西おひるまえ』放送のため9:50 - 10:14に放送。
  9. ^ a b c d 4Kでよみがえるあの番組 新日本紀行 「盆地の太鼓~秩父~」”. NHK番組表ヒストリー (2018年12月1日). 2021年7月10日閲覧。
  10. ^ a b c d e NHK放送文化研究所編 『NHK年鑑2019』NHK出版、2019年10月25日、431頁。 
  11. ^ 4Kでよみがえるあの番組 新日本紀行 「やすらぎの丘・早春~横浜・山手~」”. NHK番組表ヒストリー (2021年3月20日). 2021年7月10日閲覧。
  12. ^ よみがえる新日本紀行 「夫婦船の海~千葉県銚子~」”. NHK番組表ヒストリー (2021年4月4日). 2021年7月10日閲覧。
  13. ^ NHK放送文化研究所編 『NHK年鑑2020』NHK出版、2020年12月11日、439頁。 
  14. ^ 経営に関する情報 2020年度(前半期)放送番組時刻表 (PDF) - NHKオンライン
  15. ^ 経営に関する情報 2020年度(後半期)放送番組時刻表 (PDF) - NHKオンライン
  16. ^ 経営に関する情報 2021年度(前半期)放送番組時刻表 (PDF) - NHKオンライン

関連項目編集

外部リンク編集

新日本紀行関連
4Kリマスター版関連
NHK総合 月曜日 21:00 - 21:30
前番組 番組名 次番組
新日本紀行
21:00 - 21:25 ニュース天気予報
21:25 - 21:40 ニュースの焦点
NHK総合 月曜日 19:30 - 20:00
新日本紀行
NHK総合 月曜日 20:20 - 20:50
20:00 - 20:50 その人は今…
新日本紀行
20:00 - 20:50 NHK特集
NHK総合 水曜日 22:00 - 22:30
22:00 - 22:15 NHKニュース解説
22:15 - 22:45 あすへの記録
(最終週は『若者たちはいま』)
新日本紀行
NHK総合 土曜日 22:20 - 23:00
新日本紀行ふたたび
NHK総合 土曜日 11:00-11:40(2007年10月 - 2008年4月 11:00 - 11:35)
11:00 - 11:30 地球だい好き 環境新時代
(最終週は『月刊やさい通信』)
11:30 - 11:35 テレビ体操
11:35 - 11:40 名曲アルバム
首都圏は11:30 - 12:00『こんにちはいっと6けん』)
新日本紀行ふたたび
10:05 - 11:20 NHKアーカイブス
NHK総合 土曜日 11:25 - 11:54(2008年4月以降)
11:00 - 11:35 当番組
11:35 - 11:40 絶景 日本の名峰
11:40 - 11:54 とっておき世界遺産100
新日本紀行ふたたび
NHK総合 火曜日 14時台
14:05 - 14:55 ごごナマ
よみがえる新日本紀行
(14:05 - 14:45)
-
NHK BSプレミアム 日曜日 6時台
6:00 - 6:45 太平記大河ドラマ
よみがえる新日本紀行
(6:07 - 6:45)
-