エロ将軍と二十一人の愛妾

エロ将軍と二十一人の愛妾』(えろしょうぐんとにじゅういちにんのあいしょう)は、1972年昭和47年12月2日公開の日本映画東映京都撮影所製作、東映配給[2]R18+[2]

エロ将軍と二十一人の愛妾
The Shogun's Harem
監督 鈴木則文
脚本 掛札昌裕
鈴木則文
出演者 池玲子
音楽 伊部晴美
撮影 わし尾元也
編集 田中修
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開 日本の旗 1972年12月2日
上映時間 92分
91分(DVD版)[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

1972年4月26日に公開された『徳川セックス禁止令 色情大名』に続く鈴木則文監督によるポルノ時代劇大作第二弾[3]

ストーリー編集

スタッフ編集

キャスト編集

弁天のお吉
演 - 池玲子
大江戸八百八町に噂の高い鼠小僧。変幻自在、神出鬼没で有り余る金持ちから盗み、貧乏人に分け与える義賊。豊千代が公の場に出られない状況を知り、田沼に知恵を授け、角助を豊千代の代役案に立てる。庄屋であったお吉の父が貧しい農民たちのために立ち上がり百姓一揆の先導者となったが火あぶりとなり、幕府に対して怨みを持つ。義賊になった理由もそれが原因であり、将軍と瓜二つの角助を利用して江戸城を滅茶苦茶にしようと考える。角助の十人目。
角助
演 - 林真一郎(ページなし)
徳川11代将軍・家斉と同じ日(安永2年(1773年)10月5日)に越後の国の貧しい農家で生まれる。莖袋(避妊具)を持って生まれ、幼い頃から女体に異常なまでの興味を示す好色家。豊千代(家斉)と瓜二つの顔を持つ。立身出世を目指して江戸へ生き、三助として働くが好意を寄せるお吉のために将軍の代役を務める。

大奥編集

茂子
演 - 杉本美樹
近衛右大臣・藤原恒明の息女で将軍家御台所(豊千代の許婚<正室>)として京の都から江戸城に嫁ぐ。角助の六人目。
雪岡
演 - ひろみどり
茂子の側女。茂子を将軍・家斉に会わせようとしない田沼を責め立てる。
お万の方
演 - 三原葉子
大奥女中のお局的な存在。お楽の方と大奥の実権を争う。岩本内膳正と密通している。飼い犬である狆との犬プレイを好む(後に清國の献上物である、珍獣「パンタ」にはまる)。
お楽の方
演 - 衣麻遼子
大奥女中のNo.2的な存在。お万の方と大奥の実権を争っている。枕絵を好み、先代家治の愛妾で角助の五人目となる。
お美代の方
演 - 城恵美
大奥の側室(愛妾)。角助の一人目。後に清國の密使・陳萬紅の夜伽相手をする。
お八重の方
演 - 女屋実和子
家治の愛妾で田沼と内通している。
おとよ
演 - 堀陽子
大奥の側室(愛妾)。お加代とのレズ関係である。将軍の夜伽の傍で男性器具を使用して悶え慰めている。角助のおかわり<二人目>。
お加代
演 - 一の瀬玲奈
大奥の側室(愛妾)。おとよとのレズ関係である。角助の三人目。
鶴江
演 - 碧川ジュン
田沼の後妻。嫁いで半年だが田沼の将軍への忠誠心を示すための犠牲となる。角助の八人目。
萩乃
演 - 三浦夏子
田沼の娘。岩本の許婚。角助の九人目。
春桂尼
演 - 丘ナオミ
松平定信が献上した全身総刺青の尼。角助の四人目。

江戸城編集

田沼意次
演 - 安部徹
老中。江戸城内にて実権を持ち、自身の政権を磐石にするため11代将軍に一ッ橋豊千代(徳川家斉)を推挙する。“事故”を起こした豊千代の代わりに角助を将軍の代役に立てるお吉の策(はなし)に乗る。
岩本内膳正
演 - 名和宏
田沼の側用人。出世欲が強く、お万の方とは密通の間柄で田沼の娘・萩乃とも婚姻関係である。
関本啓之進
演 - 大泉滉
江戸城幕格の家臣。宦官制度採用に賛同したために宦官第一号となって実行に移される。
松平定信
演 - 中村錦司
老中。反田沼派で田沼に対抗して11代次期将軍に尾張・徳丸君を推挙する。「決断と実行」こそが政治の真髄と説く。
嘉門
演 - 那須伸太朗
一ッ橋家の御用人。豊千代の教育係。
一ッ橋刑部
演 - 村居京之輔
一ッ橋家の主人。豊千代の父。
一ッ橋豊千代(徳川家斉)
演 - 林真一郎
幼き頃から博学多才で神童誉れ高き人物。昼夜を問わず勉学に励む。
徳川家治
演 - 田中小実昌
十代将軍。恍惚の人であり、女(大奥)遊びにふける。

清国使節団編集

毛澤山
演 - 由利徹
清国の使節団。清國琰陳省韓翃齋官。長万部のドン百姓より日本語を習う。愛玩具として、女子を悦ばせる技術を調教した珍獣「パンタ」を献上する。「毛澤山語録」を持ち歩き、夜伽の通訳をする。
陳萬紅
演 - 岡八郎
清国の使節団・清國聯瑛省宦官。大阪の河内のオッサンより日本語を習う。宦官制度によって女遊びを楽しめない身体となっている。
眠れる森の美女
演 - リンダ・アンダースン
清国の献上物。金髪の外国人女性。角助の七人目。

平民編集

お菊
演 - 渡辺やよい
角助と祝言を誓い合った彼女。江戸城に呼び出され、将軍となった角助と再会するも角助の身を心配して女中として働くが角助には何かと田舎へ帰るよう説得する。
揚巻
演 - 松井康子
吉原一の花魁。豊千代の筆下ろしけいれんを起こす。
造造
演 - 蓑和田良太
角助の三助仲間。ちょろ松の兄貴分。
ちょろ松
演 - 奈辺悟
角助の三助仲間。造造の弟分。
才助
演 - 汐路章
角助の父。越後の貧農百姓。
閻魔帳の重罪人
演 - 川谷拓三
額にサの文字がある。
閻魔帳の重罪人
演 - 福本清三
口ひげの重罪人。
閻魔帳の重罪人
演 - 佐藤京一
額に十の文字がある。


製作編集

企画編集

企画、及びタイトル命名は岡田茂東映社長[4][5][6][7][8][9][10]。1972年春『徳川セックス禁止令 色情大名』の初号試写東映京都撮影所で行われ[4]、試写終了後、鈴木則文と一緒に廊下に出た岡田社長が、「おい、最初のナレーションで、二十一人の愛妾とか、何かええ文句言うとったなあ。あれ使えるかもしれんな」と言った[4][8]。冒頭のナレーションとは「この将軍、家治、まことに精力絶倫。御台所を別にして、二十一人の愛妾あり。その腹から誕生した生命、五十と四ツ」で、鈴木が「あれは、大量生産された子供をどうするかの説明ですが…あれが何か?」と聞いたら、岡田が「企画案だ…二十一人の愛妾…語呂もいい。時代劇にピッタリだ。研究してみい」と言い残した[4]。鈴木はその話を全く忘れていたが、数ヵ月後、企画会議で岡田に「池玲子主演で時代劇をやらせて下さい」と言ったら、「よっし、タイトルは『エロ将軍と二十一人の愛妾』や」と言われた[4][8]。岡田の脳裏に先のナレーションの短い一節がずっと宿り、題名を完成させていた[4][5]。"エロ将軍"とはつけもつけたりで、同席した天尾完次プロデューサーは「パンチがありますねえ。すぐにホンを作りクランクインします」と言った[4]。今でこそ「エロかっこいい」などとエロは日常的な言葉になっているが[5]、当時はとても人に言えない言葉だった[5]。脚本を担当した掛札昌裕は「タイトルの最初の"エロ"ってこれは普通の人じゃ思いつかないです。岡田さんぐらいですよ。"エロ"って付けたお陰でお客さんはずいぶん増えたと思います。『あかさたな』という原題を『妾二十一人 ど助平一代』に変更して佐久間良子を号泣させた人ですから。岡田さんのネーミングは天才的でした」などと述べている[5][8]

脚本編集

製作の決定は1972年秋で[4]、逆算すると脚本にかける時間は20日程度しかなく、例によって天尾が「名作路線に何かいいヒントはないかなあ」と東映的脚色術を持ち出し[4]、世界人類の遺産、世界の名作にヒントがあると、鈴木が『王子と乞食』を下敷きにすることを思いついた[4][6]。池玲子を鼠小僧にするアイデアは掛札が出したもの[4]。権力のインチキ性を笑い飛ばすというのがコンセプトとしてあり[5]天皇制批判をエロ描写を通して行うという意図があった[5][6]杉本美樹が輿入れするシーンで葵の御紋紋章にオーバーラップするシーンは会社からカットされた[6]

撮影編集

鼠小僧に扮する池玲子は時代劇初挑戦。時代劇のエキスパートに時代劇の芝居を一から手とり足とり教え込まれた[6]。鈴木は池に「お前のことを馬鹿にしている奴らを見返してやれ」と励ました[6]。動きもきれいで勘もいい池は、細かい雨の中、蛇の目傘の池が刺客に襲われる『緋牡丹博徒 一宿一飯』の再現を決して見劣りしない見事な殺陣を披露するなどしている[3][6]

東映の収益の柱だった任侠映画が、この年3月、藤純子が引退したあたりから[4]、客足が落ち、経営が厳しくなっていたことから[4]、岡田社長が非効率な東映の西のどちらか撮影所を潰すのではという噂が立ち始めた[4]。「京都育ちの岡田社長が京都を潰すわけがない」などと笑い飛ばす者もいたが[4]、鈴木は流行の発信地は東京に集まっており、潰されるとしたら京都の方と考えていたため、本作を東映で製作される最後の時代劇になるかもしれないと、東映時代劇の掉尾を飾るにふさわしい反逆の旗が翻る一大笑喜劇にしようと鈴木と天尾は秘かなる決心をした[4]

本作撮影中の京都に東京から深作欣二が乗り込んで来て『仁義なき戦い』の撮影を始めた[11]。本作に出演する川谷拓三白井孝史、ノンクレジットの志賀勝ら、後にピラニア軍団を結成する連中に鈴木が、明け方になった撮影を終え、「ご苦労さま…今日はゆっくり寝てくれ」と感謝と労いの言葉をかけると、拓三たちが「そうもいきまへん。今日は朝8時出発で『仁義』のロケですわ。また走らせられますわ。せやけどサクさんの組はやり甲斐がありますわ。スターもわしらも平等やさかい」などと話していたという[11]

温泉ポルノ編集

ビデオ黎明期に東映ビデオは、劇場で公開した東映ポルノ濡れ場を30分に編集して(1970年代前半のビデオは30分しか容量がなかった)全67作を「東映㊙ムードビデオ大劇場」と名付けて売り出し[12][13]、当時は家庭にビデオはまだ普及していなかったため、モーテル連れ込み旅館などの温泉マークなどに売っていた[12][13][14]。1973年頃には全国5~6000の温泉マークにビデオが置かれた[15]。この中に本作から"エロ"を外したタイトル『将軍と二十一人の愛妾』もあり[16]地方温泉宿の有料テレビで鑑賞できた[16]。1980年代前半にこれを鑑賞した樋口尚文は「オリジナルも荒唐無稽に振り切れた反骨の奇篇、感動作」と評しているが、この30分の再編集版も「輪をかけて素晴らしかった」と話している[16]

作品の評価編集

蓮實重彦が傑作と評価している[9][17]

同時上映編集

不良番長 骨までしゃぶれ

脚注編集

  1. ^ 『エロ将軍と二十一人の愛妾』DVD、東映ビデオのカバー裏面
  2. ^ a b エロ将軍と二十一人の愛妾”. 日本映画製作者連盟. 2020年2月17日閲覧。
  3. ^ a b Hotwax8 2007, pp. 32-33.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 東映ゲリラ戦記 2012, pp. 86-99.
  5. ^ a b c d e f g Hotwax8 2007, p. 18、43.
  6. ^ a b c d e f g 奇想の天才再降臨! 鈴木則文ふたたび 『掛札昌裕インタビュー』 取材・文 柳下毅一郎・磯田勉」『映画秘宝』2007年10月号、洋泉社、 52-53頁。
  7. ^ PV 1999, p. 105.
  8. ^ a b c d 面白い時代劇 2015, pp. 178-179.
  9. ^ a b 石田伸也「『下品こそ、この世の花』 東映ポルノの巨匠 鈴木則文の美学」『週刊ポスト』2017年4月21日号、小学館、 164頁。
  10. ^ 笑うポルノ、ヌケるコメディ. 2006/05/13 ~ 2006/06/02 シネマヴェーラ渋谷
  11. ^ a b 東映ゲリラ戦記 2012, pp. 86-97.
  12. ^ a b 「帰ってきた! 日本のセクスプロイテーション映画興亡史 番外編 発掘!日本映画の裏面史お色気と郷愁~温泉ポルノの世界 『追跡!幻の東映ポルノビデオ』 文・高鳥都」『映画秘宝』2011年9月号、洋泉社、 83頁。
  13. ^ a b “"映倫"盗用ピンク商法 東映ビデオなど捜査 映画をブツ切り、転用”. 毎日新聞夕刊 (毎日新聞社): p. 8. (1972年10月3日) 
  14. ^ 東映株式会社総務部社史編纂『東映の軌跡』東映株式会社、2016年、186–188頁。
  15. ^ 今田智憲「傍系会社の近況 東映ビデオ 今田東映ビデオ社長インタビュー 『きっとくる ホーム・シアター時代』 8ミリのブームそして次にビデオ・ディスクの出現へ」『社内報とうえい』1973年6月号 No.176、東映株式会社、 17-20頁。
  16. ^ a b c ロマンポルノと実録やくざ映画 2009, pp. 117-120.
  17. ^ 蓮實重彦山田宏一山根貞男「鼎談 映画の快楽 ―70年代そして現在」『ユリイカ』1980年6月号、青土社、 151頁。

参考文献編集

  • 杉作J太郎植地毅『東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム』徳間書店、1999年。ISBN 4-19-861016-9
  • 『Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol.8』シンコーミュージック・エンタテイメント、2007年。ISBN 978-4-401-75116-7
  • 樋口尚文『ロマンポルノと実録やくざ映画 禁じられた70年代日本映画平凡社、2009年。ISBN 978-4-582-85476-3
  • 鈴木則文『東映ゲリラ戦記』筑摩書房、2012年。ISBN 978-4-480-81838-6
  • 桂千穂・掛札昌裕『エンタ・ムービー本当に面白い時代劇 1945-2015』メディアックス、2015年。ISBN 978-4-86201-944-8

外部リンク編集