メインメニューを開く

オオレイジンソウ(大伶人草、学名:Aconitum umbrosum )は、キンポウゲ科トリカブト属多年草[5][6][7][8]

オオレイジンソウ
Aconitum umbrosum 1.JPG
福島県尾瀬 2012年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: トリカブト属 Aconitum
: オオレイジンソウ A. umbrosum
学名
Aconitum umbrosum (Korsh.) Kom.[1]
シノニム
  • Aconitum gigas H.Lév. et Vaniot var. hondoense (Nakai) Tamura et Lauener[2]
  • Aconitum paishanense Kitag.[3]
  • Aconitum ranunculoides Turcz. ex Ledeb. subsp. umbrosum (Korsh.) Vorosch..[4]
和名
オオレイジンソウ(大伶人草)[5]

目次

特徴編集

地下の根茎は塊根をつくらないで垂直に伸びる。は直立して、高さ50-100cmになり、茎の上部や花柄には曲がった毛が生える。長い葉柄がある根出葉は直径20cmの大型になり、7-9中裂し、裂片はさらに浅裂し、裂片の先はとがる。根出葉は花時にも残る[5][6][7][8]

花期は7-8月。茎先に長さ約30cmになる細長い総状花序をつけ、淡黄色のを多数つけ、下側から咲く。かぶと状の花弁にみえるのは片であり5枚あり、1個の花の高さは2.5-3cmになる。花弁は頂萼片の内側にかくれ、花弁の身部は長さ8mm以上あり、花弁の距は長さ4mm以上に伸び、距の先が著しく内側に曲がる。雄蕊に毛は無い[5][6][7][8]

分布と生育環境編集

日本では、本州の中部地方以北(福井県以東の日本海側山地)、北海道に分布し、亜高山帯から高山帯、ときに山地帯の湿った草地、林縁などに生育する[5][7]

和名の由来編集

オオレイジンソウ(大伶人草)の「伶人」とは、かぶと状の花の形が舞楽の奏者である伶人(れいじん)が被る冠に似ていること、また同属のレイジンソウ(伶人草、学名:Aconitum loczyanum )より全体に大きいことによる[6][7][9]

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ オオレイジンソウ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ オオレイジンソウ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ^ 別名、タチキエボシソウ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  4. ^ 別名、ミヤマレイジンソウ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  5. ^ a b c d e 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.216
  6. ^ a b c d 『日本の野生植物草本III合弁花類』p.95
  7. ^ a b c d e 『新牧野日本植物圖鑑』p.135
  8. ^ a b c 『山溪ハンディ図鑑8 高山に咲く花』pp.334-335
  9. ^ 『山溪名前図鑑 野草の名前 夏』p.67

参考文献編集

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本III合弁花類』、1981年、平凡社
  • 清水建美、木原浩『山溪ハンディ図鑑8 高山に咲く花』、2002年、山と溪谷社
  • 高橋勝雄『山溪名前図鑑 野草の名前 夏』、2003年、山と溪谷社
  • 牧野富太郎原著、大橋広好・邑田仁・岩槻邦男編『新牧野日本植物圖鑑』、2008年、北隆館
  • 門田裕一監修、永田芳男写真、畔上能力編『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』、2013年、山と溪谷社
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)