メインメニューを開く

オハイオ (クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの曲)

オハイオ」(Ohio) は、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングが1970年に発表したプロテスト・ソングカウンターカルチャーアンセム[2]

オハイオ
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングシングル
初出アルバム『ソー・ファー - 華麗なる栄光の道
B面 自由の値
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ロサンゼルスレコード・プラント・スタジオ3(1970年5月21日)
ジャンル ハード・ロック
時間
レーベル アトランティック・レコード
作詞・作曲 ニール・ヤング
プロデュース クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング
チャート最高順位
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング シングル 年表
ティーチ・ユア・チルドレン
b/w
キャリー・オン
(1970年6月)
オハイオ
b/w
自由の値
(1970年6月)
僕達の家
b/w
デジャ・ヴ
(1970年9月)
テンプレートを表示

同年5月4日ケント州立大学銃撃事件英語版を取り上げ、ニール・ヤングが作詞作曲した。スティーヴン・スティルスの「自由の値 (Find the Cost of Freedom) 」をB面に、シングル盤として発売され、Billboard Hot 100 のチャートで14位まで上昇した。「オハイオ」のライブ演奏は、CSN&Yの1971年の2枚組アルバム『4ウェイ・ストリート』に収められたが、シングル盤に収録されたスタジオ録音は、1974年のコンピレーション・アルバム『ソー・ファー - 華麗なる栄光の道』まで、アルバムには収録されなかった。この曲は、1977年に発売されたニール・ヤングのコンピレーション・アルバム『ディケイド:輝ける10年 (Decade)』や、2004年のベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ (Greatest Hits)』にも収められた。

この曲はまた、1971年に録音されたものの2007年まで発売されなかった、ニール・ヤングの『Live at Massey Hall 1971』でも取り上げられている。

この歌は、2004年12月に発表された『ローリング・ストーン』誌の「史上最も偉大な歌」において395位とされた[3]

録音編集

ニール・ヤングは、『ライフ』誌に掲載されたこの事件の報道写真を見て、歌詞を書いた[4]。CSN&Yがロサンゼルスレコード・プラント・スタジオに入った夜には、この曲は既にリハーサルが済んでおり、4人は新たに加わったリズム・セクション担当のカルヴィン・サミュエルズ (Calvin Samuels) とジョニー・バーバータ英語版とともに、わずか数テイクでこの曲を完成させた。同じセッションの中で彼らは、シングル盤のB面に収められた、この曲と同じように直接的な内容の、戦死者に捧げられたスティーヴン・スティルスによる頌歌自由の値」の録音も行なった。

レコードは、4人がマスタリングに参加し、アトランティック・レコードから急遽リリースされ、わずか数週間後にはラジオで流されるようになった。この時点でCSN&Yは、ヒット曲となっていた「ティーチ・ユア・チルドレン」がまだチャートに留まっていた。後に、アルバム『ディケイド:輝ける10年』のライナーノーツで、この曲についてヤングは、ケント州立大学の事件は「おそらく、アメリカの教育の場において学ばれた、最も大きな教訓であった」と述べ、「デヴィッド・クロスビーは、私たちがこのテイクを録り終えたとき、声を上げて泣き出した」と記した[5]。実際、録音の中でもクロスビーが慟哭する様子は「Four, why? Why did they die?」や「How many more?」がフェードアウトしていくところで聞き取れる。

『グレイテスト・ヒッツ』の解説によれば、この録音は、1970年5月21日に、ハリウッドのレコード・プラント・スタジオ3において、ビル・ハルヴァーソン (Bill Halverson) によって行なわれたという[6]

カバー編集

脚注編集

  1. ^ 45cat - Crosby, Stills, Nash And Young - Ohio / Find The Cost Of Freedom - Atlantic - USA - 45-2740
  2. ^ Gamboa, Glenn (2000年4月30日). “Neil Young's 'Ohio' captures gravity of event”. Akron Beacon Journal. http://www.ohio.com/news/neil-young-s-ohio-captures-gravity-of-event-1.161768 2015年5月17日閲覧。 
  3. ^ The RS 500 Greatest Songs of All Time” (2004年12月9日). 2008年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月10日閲覧。
  4. ^ McDonough, Jimmy (2002). Shakey. New York: Anchor Books. pp. 345. ISBN 0-679-75096-7. 
  5. ^ Neil Young. Decade. (Reprise Records, 1977).
  6. ^ Ohio”. Genius. 2015年5月17日閲覧。
  7. ^ Mott The Hoople - All The Young Dudes - The Anthology (CD) at Discogs