オバケのQ太郎 (堀絢子/ニューロイヤルの曲)

オバケのQ太郎」(オバケのキューたろう)は、1971年日本テレビで放送されたアニメ新オバケのQ太郎』の主題歌である。作詞・東京ムービー企画部(現:トムス・エンタテインメント)、作曲および編曲・山本直純。メインヴォーカルは(2代目)Q太郎役の堀絢子で、バックコーラスのニューロイヤルと共同でクレジットされている。

オバケのQ太郎 (1971)
(A面) 堀絢子、ニューロイヤル /
(B面) ザ・グリンピース
シングル
初出アルバム『デラックスえほんレコード16 ゴールデンテレビまんが大行進6』
B面 オバQえかきうた
リリース
規格 ソノシート(ソノラマ)
シングル盤(コロムビア)
ジャンル アニメソング
時間
レーベル 朝日ソノラマ(AM-24)
日本コロムビア(SCS-135)
作詞・作曲 (A・B面とも)
作詞:東京ムービー企画部
作曲・編曲:山本直純
テンプレートを表示

本項では、B面収録のエンディング曲「オバQえかきうた」についても解説する。

解説編集

『新オバケのQ太郎』は藤子不二雄藤子・F・不二雄藤子不二雄)の漫画オバケのQ太郎』を原作とするアニメの第2作に当たる。『新』は1965年からTBSテレビで放送されたアニメ第1作『オバケのQ太郎』の続編ではなくカラーリメイクと言う扱いで[注 1]、主題歌は第1作と同じ東京ムービー企画部の作詞により旧作の前期主題歌(タイトルチューン)で石川進が歌う「オバケのQ太郎」との同名異曲となっているが、後述のようにアルバム収録時は石川の旧主題歌と区別する目的で「新」を付ける場合がある。

最初の発売は朝日ソノラマソノシート規格品番:AM-24)で、次いで日本コロムビアからシングル盤(SCS-135)が発売された。コロムビアからは『新』の堀版「オバケのQ太郎」と「オバQえかきうた」をA面、第1作の「オバQ音頭」と石川版「オバケのQ太郎」をB面に収録したコンパクト盤(C-94)も発売された。

キングレコードから1972年に発売されたLP盤『ハイ!! きまりました 傑作テレビ・マンガ・映画主題歌』(SKM(H)-2144)B面トラック1収録の「新・オバケのQ太郎」はシングルと同じ堀がメインヴォーカルのセルフカバーだが、バックコーラスはオリジナルのニューロイヤルでなく後述の「オバQえかきうた」を歌唱したザ・グリンピースが起用されている。

アニメ第1作と1985年放送のテレビ朝日版(第3作)では主題歌以外に多数の挿入歌やキャラクターソングが作成されたのに対し『新』ではオープニング・エンディングの2曲以外の楽曲は作られていない。

オバQえかきうた編集

B面に収録された「オバQえかきうた」はアニメのエンディング曲で[2]、オープニングの堀版「オバケのQ太郎」と共に全70話を通して使用された。1番がQ太郎、2番がO次郎、3番がドロンパ、4番がP子の絵描き歌になっているが、アニメで使用されたのは前半の2番までである。

  • 作詞 - 東京ムービー企画部
  • 作曲・編曲 - 山本直純
  • うた - ザ・グリンピース

なお第3作では、本曲とは別に「Qちゃんえかきうた」が作成されている。

アルバム収録編集

アルバムへの初収録は本放送中の1971年12月にコロムビアから発売されたLP盤『デラックスえほんレコード16 ゴールデンテレビまんが大行進6』(KX-16)A面のトラック1・2で、ここでは「新オバケのQ太郎」の表題で収録された。

CDへの収録は多数にのぼるため、堀版「オバケのQ太郎」と「オバQえかきうた」の両方が収録された主要なものを挙げる。

トライエム
  • 東京ムービーアンソロジー (1) 1964〜1972(MECB-2001) - トラック20・21
アニメ第1作の楽曲も収録。TVサイズ収録はこのアルバムが唯一である。
日本コロムビア
  • コロムビア アニメ・特撮主題歌全集5(COCX-33500〜33501) - トラック6・7
  • 藤子・F・不二雄 生誕80周年 藤子・F・不二雄 大全集(COCX-38881〜38885) - ディスク1/トラック13・14
バップ
  • 日テレ60&YTV55 アニメソング アルティメットBOX I -昭和篇-(VPCG-84952) - ディスク1/トラック15・16

カバー編集

新・オバケのQ太郎
モダンチョキチョキズシングル
初出アルバム『ローリング・ドドイツ』
B面 主夫の生活
リリース
規格 8センチCD
ジャンル カバー
時間
レーベル Ki/oonソニー(SRD2-1005)
作詞・作曲 (A面)作詞:東京ムービー企画部、作曲:山本直純
(B面)作詞・作曲:磯田収
テンプレートを表示

新・オバケのQ太郎」はモダンチョキチョキズのメジャーデビューシングル。1992年6月21日Ki/oonソニーから発売され、翌月発売のアルバム『ローリング・ドドイツ』のトラック5に収録。

1997年発売のアルバム『レディーメイドのモダンチョキチョキズ』ではトラック9にアレンジバージョンの「新・オバケのQ太郎 MEGA MIX」が収録された。

収録曲
  • 新・オバケのQ太郎
作詞:東京ムービー企画部、作曲:山本直純
  • 主夫の生活
作詞・作曲:磯田収

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ アニメの放送開始に合わせて同タイトルの『新オバケのQ太郎』が藤子Fの単著扱いで連載されたが、こちらはアニメと異なり漫画の続編扱いとされている。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集