オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン

エリック・クラプトン > エリック・クラプトンの作品 > オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン

オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン』(英語: On Tour with Eric Clapton)は、アメリカ合衆国の夫婦デュオ、デラニー&ボニーが「デラニー&ボニー&フレンズ」名義で1969年に録音、1970年に発表したライブ・アルバム。タイトル通り、エリック・クラプトンが参加したツアーのライブ音源を収録しており、クラプトンは後に、本作で共演したボビー・ウィットロックカール・レイドルジム・ゴードンと共にデレク・アンド・ザ・ドミノスを結成している。

オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン
デラニー&ボニー&フレンズライブ・アルバム
リリース
録音
ジャンル ロック
時間
レーベル アトコ・レコード
プロデュース
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 29位(アメリカ[1]
  • 39位(イギリス[2]
  • デラニー&ボニー&フレンズ アルバム 年表
    • オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン
    • (1970年 (1970)
    エリック・クラプトン 年表
    • オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン
    • (1970年 (1970)
    テンプレートを表示
    専門評論家によるレビュー
    レビュー・スコア
    出典評価
    Allmusic4.5/5stars[3]
    Robert ChristgauA[4]

    本作は、デラニー&ボニーのアルバムとしては唯一アメリカのBillboard 200でトップ40入りを果たし、最高29位に達した[1]

    背景編集

    デラニー&ボニーは1969年にブラインド・フェイスのアメリカ・ツアーでオープニング・アクトを務め、当時ブラインド・フェイスのメンバーであったエリック・クラプトンと意気投合。ブラインド・フェイスが解散すると、クラプトンは本格的にデラニー&ボニーと活動を共にするようになった[5]。そして、クラプトンも参加した編成でヨーロッパ・ツアーを行い、本作にはクロイドン公演における演奏が収録された[6]

    「プアー・イライジャ〜トリビュート・トゥ・ジョンソン(メドレー)」は、ロバート・ジョンソンに捧げられた内容[7]。クラプトンと共にギター・パートを担当したデイヴ・メイソン英語版は、自作の楽曲「オンリー・ユー・ノウ・アンド・アイ・ノウ」を提供しており、この曲はメイソンのソロ・アルバム『アローン・トゥゲザー』(1970年)にも収録された。「カミン・ホーム」はスタジオ録音されたヴァージョンがシングルとしてリリースされて[7]、全米84位[1]・全英16位に達した[2]

    収録曲編集

    A面
    #タイトル作詞・作曲時間
    1.「シングス・ゲット・ベター」(Things Get Better)
    2.「プアー・イライジャ〜トリビュート・トゥ・ジョンソン(メドレー)」(Poor Elijah – Tribute to Robert Johnson Medley)
    3.「オンリー・ユー・ノウ・アンド・アイ・ノウ」(Only You Know and I Know)Dave Mason
    4.「ドント・ウォント・トゥ・ディスカス・イット」(I Don't Want to Discuss It)
    • Beth Beatty
    • Dick Cooper
    • Ernie Shelby
    B面
    #タイトル作詞・作曲時間
    1.「ザッツ・ホワット・マイ・マン・イズ・フォー」(That's What My Man Is for)Bessie Griffin
    2.「ゼアーズ・ア・ウィル、ゼアーズ・ア・ウェイ」(Where There's A Will There's A Way)
    3.「カミン・ホーム」(Comin' Home)
    4.「リトル・リチャード・メドレー」(Little Richard Medley – Tutti Frutti/The Girl Can't Help It/Long Tall Sally/Jenny Jenny)

    デラックス・エディション (2010)編集

    ディスク1
    Royal Albert Hall, 1 December 1969
    #タイトル作詞・作曲
    1.「Intro/Tuning」 
    2.「Opening Jam」 
    3.「Gimme Some Lovin'」 
    4.「Band Introductions」 
    5.「Only You Know And I Know」Dave Mason
    6.「Medley: Poor Elijah/Tribute To Johnson」
    • Delaney Bramlett
    • Jim Ford
    • Leon Russell
    7.「Get Ourselves Together」 
    8.「I Don't Know Why」 
    9.「Where's There's A Will, There's A Way」
    • Bonnie Bramlett
    • Delaney Bramlett
    • Bobby Whitlock
    10.「That's What My Man Is For」Bessie Griffin
    11.「Medley: Pour Your Love On Me/Just Plain Beautiful」 
    12.「Everybody Loves A Winner」 
    13.「Things Get Better」
    • Steve Cropper
    • Eddie Floyd
    • Wayne Jackson
    14.「Coming Home」
    • Bonnie Bramlett
    • Delaney Bramlett
    • Eric Clapton
    15.「I Don't Want To Discuss It」
    • Beth Beatty
    • Dick Cooper
    • Ernie Shelby
    16.「Little Richard Medley: Tutti Frutti/The Girl Can't Help It/Long Tall Sally/Jenny Jenny」
    • Richard Penniman
    • Bobby Troup
    17.「My Baby Specializes」 
    ディスク2
    Colston Hall, 2 December 1969
    #タイトル作詞・作曲
    1.「Intro/Tuning」 
    2.「Opening Jam」 
    3.「Gimme Some Lovin'」 
    4.「Things Get Better」
    • Steve Cropper
    • Eddie Floyd
    • Wayne Jackson
    5.「Medley: Poor Elijah/Tribute To Johnson」
    • Delaney Bramlett
    • Jim Ford
    • Leon Russell
    6.「I Don't Know Why」 
    7.「Medley: Pour Your Love On Me/Just Plain Beautiful」 
    8.「Where There's A Will, There's A Way」
    • Bonnie Bramlett
    • Delaney Bramlett
    • Bobby Whitlock
    9.「Coming Home」
    • Bonnie Bramlett
    • Delaney Bramlett
    • Eric Clapton
    10.「Little Richard Medley: Tutti Frutti/The Girl Can't Help It/Long Tall Sally/Jenny Jenny」
    • Richard Penniman
    • Bobby Troup
    11.「I Don't Want To Discuss It」
    • Beth Beatty
    • Dick Cooper
    • Ernie Shelby
    12.「Crowd/Announcement」 
    ディスク3
    Fairfield Halls, 7 December 1969 - first show
    #タイトル作詞・作曲
    1.「Intro/Tuning」 
    2.「Gimme Some Lovin'」 
    3.「Introduction」 
    4.「Things Get Better」
    • Steve Cropper
    • Eddie Floyd
    • Wayne Jackson
    5.「Medley: Poor Elijah/Tribute To Johnson」
    • Delaney Bramlett
    • Jim Ford
    • Leon Russell
    6.「I Don't Know Why」 
    7.「Where There's A Will, There's A Way」
    • Bonnie Bramlett
    • Delaney Bramlett
    • Bobby Whitlock
    8.「That's What My Man Is For」Bessie Griffin
    9.「I Don't Want To Discuss It」
    • Beth Beatty
    • Dick Cooper
    • Ernie Shelby
    10.「Coming Home」
    • Bonnie Bramlett
    • Delaney Bramlett
    • Eric Clapton
    ディスク4
    Fairfield Halls, 7 December 1969 - second show
    #タイトル作詞・作曲
    1.「Intro/Tuning」 
    2.「Gimme Some Lovin'」 
    3.「Pigmy (Instrumental)」 
    4.「Introductions」 
    5.「Things Get Better」
    • Steve Cropper
    • Eddie Floyd
    • Wayne Jackson
    6.「Medley: Poor Elijah/Tribute To Johnson」
    • Delaney Bramlett
    • Jim Ford
    • Leon Russell
    7.「Only You Know And I Know」Dave Mason
    8.「Will The Circle Be Unbroken」 
    9.「Where There's A Will, There's A Way」
    • Bonnie Bramlett
    • Delaney Bramlett
    • Bobby Whitlock
    10.「I Don't Know Why」 
    11.「That's What My Man Is For」Bessie Griffin
    12.「Coming Home」
    • Bonnie Bramlett
    • Delaney Bramlett
    • Eric Clapton
    13.「Little Richard Medley: Tutti Frutti/The Girl Can't Help It/Long Tall Sally/Jenny Jenny」
    • Richard Penniman
    • Bobby Troup

    参加ミュージシャン編集

    脚注編集

    1. ^ a b c Delaney & Bonnie - Awards”. AllMusic. 2014年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月21日閲覧。
    2. ^ a b ChartArchive - Delaney and Bonnie and Friends
    3. ^ On Tour with Eric Clapton”. Allmusic. 2012年1月7日閲覧。
    4. ^ Christgau, Robert (1970年5月28日). “Consumer Guide (10)”. The Village Voice (New York). http://www.robertchristgau.com/xg/cg/cg10.php 2013年6月26日閲覧。 
    5. ^ Delaney & Bonnie : AllMusic - Biography by Jason Ankeny
    6. ^ On Tour with Eric Clapton - Delaney & Bonnie : AllMusic - Review by Bruce Eder
    7. ^ a b 日本盤CD(AMCY-2766)ライナーノーツ(小倉エージ、1998年5月 (1998-05)