メインメニューを開く

80デイズ』(エイティデイズ、原題:Around the World in 80 Days)は、2004年製作のアメリカ映画1956年の映画『八十日間世界一周』のリメイク版。

80デイズ
Around the World in 80 Days
BerlinTournage80Jours1.jpg
撮影を告知する看板
監督 フランク・コラチ
脚本 デヴィッド・ティッチャー
デヴィッド・ベヌロ
デヴィッド・アンドリュー・ゴールドスタイン
原作 ジュール・ヴェルヌ
製作 ビル・バダラート
ハル・リーバーマン
製作総指揮 フィリス・アリア
ジャッキー・チェン
ウィリー・チェン
アレックス・シュワルツ
フィリス・アリア
ソロン・ソー
出演者 ジャッキー・チェン
スティーヴ・クーガン
音楽 トレヴァー・ジョーンズ
デイヴィッド・A・スチュワート
撮影 フィル・メヒュー
編集 トム・ルイス
製作会社 ウォールデン・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナビスタ
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年6月16日
日本の旗 2004年11月6日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $110,000,000
興行収入 $24,008,137[1]アメリカ合衆国の旗
$72,178,895[1]世界の旗
テンプレートを表示

目次

概要編集

約120億円の製作費を投じて製作された。出演はジャッキー・チェンのほか、イギリスを代表するコメディ俳優であるスティーブ・クーガンなどで、アメリカカリフォルニア州知事を務めていたアーノルド・シュワルツェネッガーカメオ出演している。

最先端のコンピュータグラフィックスを駆使し、世界10か国でのロケを敢行した大作であったが、オリジナルのような評価を得ることはできなかった。逆に第25回ゴールデンラズベリー賞で最低助演男優賞(アーノルド・シュワルツェネッガー)と最低リメイク及び続編賞の2部門でノミネートされた。

ストーリー編集

イギリスに住む発明家のフィリアス・フォッグ。何でも実験しないと気が済まない彼は、過激な実験に執事を無理矢理協力させることもしばしば。そんな彼に愛想を尽かし、執事はとうとう出て行ってしまった。

フォッグが困り果てていたところ、屋敷の庭に一人の男が落ちてきた。彼の名はラウ・シン。中国にある故郷の村から秘宝を盗み出した盗賊を追ってイギリスにやってきた彼は、盗賊から秘宝を奪い返し、町中を逃げ回っていたのだった。ラウはとっさに「パスパルトゥー」という偽名を名乗り、フォッグの家の執事兼実験台として雇われることになった。

その後行われた英国科学アカデミーの会合で、フォッグは科学大臣のケルヴィン卿の挑発に乗せられ、彼との無謀な賭けを受けてしまった。それは「80日間で世界を一周してみせる」。成功すればケルヴィン卿から科学大臣の座を奪い取れるが、できなかった場合は英国科学アカデミーから永久追放され、二度と発明ができなくなってしまう。

勢いで賭けに乗ってしまった事を後悔するが、パスパルトゥーの励ましで旅立つ決心をするフォッグ。一方パスパルトゥーには、この旅を利用して故郷の村に立ち寄り、秘宝を無事送り届けるという真の目的があった。パリで出会った画家志望のモニカ・ラ・ロッシュを一行に加えて旅は続く。しかし行く手に待ち受けるのは、ケルヴィン卿の妨害工作、そしてパスパルトゥーを追う盗賊団の一行だった。

キャスト編集

作品解説編集

ラッシュアワー』シリーズや『シャンハイ・ヌーン』シリーズで念願の全米進出と全米制覇を達成したジャッキーだが、本作の出来には不満で「リメイク作品はもうこりごり」という発言をしており、後に『ピンクパンサー』の出演依頼が来た時にはその依頼を断っている。

ジャッキー映画の定番と言えばエンディングで流れるNG集だが、この映画ではエンディングでNG集が流されない[2]

主題歌編集

主題歌の「It's a Small world」をブレイク前の倖田來未が歌っている。しかしパンフレットなどに記載はあるが、劇中では使われていない。倖田のアルバムには収録されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Around the World in 80 Days”. 2018年11月4日閲覧。
  2. ^ 他にも『新ポリス・ストーリー』のようにNG集が流れない映画は存在する。

外部リンク編集