オーチス・エレベータ・カンパニー

オーチス・エレベータ・カンパニー (Otis Elevator Company) は、アメリカエレベータ製造会社。世界最大のエレベータ会社で、かつては複合企業であるユナイテッド・テクノロジーズ(現レイセオン・テクノロジーズ)の一部門であったが、空調事業キヤリアとともに独立した会社となった。

オーチス・ワールドワイド
Otis Worldwide Corporation
Otis logo.SVG
種類 株式会社
市場情報
略称 オーチス
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コネティカット州ファーミントン
設立 1853年
事業内容 エレベーター事業
外部リンク otis.com
テンプレートを表示

概略編集

エレベータの落下防止装置を発明したエリシャ・オーチスが、1853年ニューヨーク州ヨンカーズに設立した。現在の本社はコネチカット州ファーミントン

従業員はアメリカ国内6万人、国外5万1000人。収益96億 USドル(うち80%は国外)。世界中にオーチス製の180万基のエレベータと11万5000基のエスカレータが稼働中。150万基のエレベータとエスカレータを保守点検する。これらはエレベータ・エスカレータ会社として世界最大である。

オーチスのエレベーターは、エッフェル塔 (1887年)、自由の女神 (1900年)、エンパイア・ステート・ビル (1931年)、国連本部事務局ビル (1948年)、世界貿易センターのツインタワー (1967年)、霞が関ビル (1968年) にも設置された。

「エスカレータ」は、かつてオーチス・エレベータ・カンパニーの登録商標商品名だった。現在は商標権を放棄している。

空母艦載機用エレベータも製造している。

歴史編集

  • 1852年 - エリシャ・オーチスがエレベータの落下防止装置を発明。
  • 1853年 - エレベータ工場を設立。エレベータの販売を開始。
  • 1854年 - ニューヨーク万国博覧会で落下防止装置のデモンストレーションをおこない成功。
  • 1857年 - 初の乗用エレベータをニューヨークの小売店に設置。
  • 1857年 - 蒸気エレベータを販売。
  • 1862年 - 保守点検業を開始。
  • 1862年 - 初めて国外(カナダニューファンドランド)にエレベータを販売。
  • 1867年 - オーチス・ブラザーズ・カンパニー (Otis Brothers & Co.) 設立。
  • 1890年 - パリ万国博覧会にてエスカレーターを発表。
  • 1903年 - ギアレス駆動の電気エレベータを発表。家庭用エレベータ発売。
  • 1924年 - 初の押しボタンによる自動制御エレベータを発表。
  • 1931年 - 初のダブルデッキ・エレベータを発表。
  • 1950年 - 最初のオペレータがいらない自動エレベータを設置。
  • 1973年 - ユナイテッド・テクノロジーズに買収される。
  • 1979年 - 最初の完全なマイクロプロセッサ制御エレベータを発表。
  • 1989年 - 最初のリニアモーター駆動エレベータを発表。

主な工場所在地編集

関連項目編集

外部リンク編集