高槻阪急(たかつきはんきゅう)は、大阪府高槻市白梅町(JR西日本高槻駅北口)にある、エイチ・ツー・オー リテイリング傘下のエイチ・ツー・オー アセットマネジメントが運営する阪急百貨店の店舗。

高槻阪急
Takatsuki Hankyu.jpg
店舗概要
所在地 569-1196
大阪府高槻市白梅町4-1
座標 北緯34度51分12.4秒 東経135度37分5.9秒 / 北緯34.853444度 東経135.618306度 / 34.853444; 135.618306 (高槻阪急)座標: 北緯34度51分12.4秒 東経135度37分5.9秒 / 北緯34.853444度 東経135.618306度 / 34.853444; 135.618306 (高槻阪急)
開業日 1974年11月15日(西武として)
2019年10月5日(阪急としての営業開始日)
閉業日 2019年9月30日(西武としての営業最終日)
正式名称 阪急百貨店高槻阪急
施設所有者 エイチ・ツー・オー アセットマネジメント
施設管理者 阪急阪神百貨店
商業施設面積 38,964 m²
中核店舗 高槻阪急
営業時間 10:00〜20:00(一部店舗を除く)
前身 西武タカツキショッピングセンター

西武高槻ショッピングセンター

オーロラモール
最寄駅 JR高槻駅
最寄IC 新名神高速道路高槻IC
外部リンク https://www.hankyu-dept.co.jp/takatsuki/
Hankyu
テンプレートを表示

本項では、西武百貨店運営時のオーロラモールについても記述する。

西武高槻店「オーロラモール」編集

 
西武高槻店時代の外観

高槻市が主導した国鉄高槻駅再開発事業により、西武百貨店1971年子会社「株式会社西武百貨店関西」を設立して出店した、同社の1号店である。

1973年大規模小売店舗法が施行されたのを受けて、直営売場を削って各フロアに専門店を入居させる試みを行った。西友パルコが同居しているような形態で、モール併設型店舗の先駆けでもある。そのため、あえて百貨店ではなくショッピングセンターと呼称していた。このスタイルは西武百貨店関西の2号店となった大津店(滋賀県大津市)の他、西武春日井ショッピングセンター西友百貨店事業部運営の春日井西武店→ザ・モール春日井)、西武津田沼ショッピングセンター(西友津田沼店と津田沼パルコ)などにも踏襲された。

施設名称は「西武タカツキショッピングセンター」→「西武高槻ショッピングセンター」→「オーロラモール」と変遷している。西武時代は核テナント西武百貨店高槻店に対し、モール全体の名称を「オーロラモール」としており、入居テナントや各種案内表示でも両方の名称が混在していた。

開業予定日4日前の1973年9月25日、工事中に火災が発生。原因は警備員による放火で、作業員ら6名が死亡し、14名が重軽傷を負った[1]。建物の修繕に1年かかった。

開店告知広告には、大村崑一家がビートルズの扮装で登場したことも話題となり、開店後は順調な滑り出しとなった。1階にはヤングファッションを配置し、関西にはファッションビル的な郊外型百貨店がなかったため、流行に敏感な若者層に支持された。

なお、出店当時はすでに堤清二が率いるセゾングループは、堤義明が後を継いだ西武鉄道グループからは独立していたが、西武鉄道は西武ライオンズの買収前で、1971年の法人設立当時は西日本鉄道が親会社の西鉄ライオンズ(出店当時は福岡野球が親会社で太平洋クラブがメインスポンサーの太平洋クラブライオンズ)であった。そのため、創業者・堤康次郎の出身地であり近江鉄道など堤系企業が所在する滋賀県の一部地域や、一部の鉄道ファンを除いては、関西では(鉄道流通両グループとも)全くの無名の存在であり、入社試験に訪れた若者でさえ「ニシタケ百貨店」と読み間違えるほどであった。[独自研究?]

1995年9月、団塊の世代のミセス(当時の40代)をターゲットにリニューアル。地上駐車場を簡易的な2階構造に拡張した。

2004年9月10日、全館リニューアル。屋上駐車場と2階部を解体し、隣接するジーエス・ユアサコーポレーションの工場跡地に多階層型駐車場を開設。百貨店ゾーンでは60のファッションブランドを新たに導入し、従来はなかった「デパ地下グルメ」ストリートも新設された。専門店ゾーンでは北摂最大となるユニクロ大型店、アカチャンホンポベスト電器(2010年閉鎖)などが入居した[2]

阪急への譲渡編集

2017年10月1日に、そごう神戸店と共に経営権がそごう・西武セブン&アイ・ホールディングス)から、エイチ・ツー・オー リテイリング(H2O、阪急阪神東宝グループ)に譲渡された[3]。運営は不動産の管理・開発を手がけるH2O子会社のエイチ・ツー・オーアセットマネジメントが行う[4]

当面は「西武高槻店」のまま西武の店舗として運営するものの、グループ内の事業再編に伴い、運営母体が2019年10月1日付で阪急阪神百貨店に移管され、同日付で屋号を「高槻阪急」とすることが、2018年9月27日にH2Oから発表された[5]

2017年以降の運営会社交代により、2018年と2019年は埼玉西武ライオンズの優勝セールを行わなかった。国土計画(当時の西武鉄道グループの事実上の持株会社)[6]の球団買収以降、関西地区では大津・八尾・塚新の各店とともに優勝セールが恒例化し、特に高槻では年度により選手もゲストとして招かれるなど盛大に行われていた経緯もあり、ライオンズ優勝決定前後の店頭には、優勝セールを行わないことと、2017年以降は阪急阪神東宝グループが運営している旨を併記した告知の掲示が行われた。なお、運営会社交代後もロフト(そごう・西武の子会社)やセブン&アイ・グループのアカチャンホンポ、タワーレコードは引き続き入居している[7]

高槻駅周辺には、北口にアクトアモーレ核店舗アル・プラザ高槻)、南口にグリーンプラザたかつき(2号館は松坂屋高槻店)が競合し、また一帯には複数の商店街が広がっており、北摂随一の商業集積地となっている。なお、1988年と2004年は、北口の西武百貨店で西武ライオンズの、南口の松坂屋で中日ドラゴンズの優勝セールがそれぞれ行われていた。

高槻阪急編集

フロア構成編集

テナント一覧は公式サイト「フロアガイド」を参照。

地下1階
1階
  • 婦人服、化粧品、商品券、ギフトサロン
  • 三井住友銀行高槻駅前支店・高槻ローンプラザ
個人事業主を除く個人顧客専用店舗(旧:さくら銀行)。阪急高槻市駅前の高槻支店(旧:住友銀行)とは別店舗。
2階
  • 婦人服
3階
4階
5階
6階

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 特異火災事例 消防防災博物館
  2. ^ News Release そごう・西武、2004年7月27日
  3. ^ “セブン&アイ、H2Oリテイへの百貨店2店譲渡を正式発表”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年5月11日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL11HP3_R10C17A5000000/ 2017年5月21日閲覧。 
  4. ^ “子会社の組織変更及び人事異動について” (プレスリリース), エイチ・ツー・オーリテイリング, (2017年9月29日), http://www.h2o-retailing.co.jp/news/pdf/2017/170929jinji.pdf 2017年11月23日閲覧。 
  5. ^ “そごう神戸店及び西武高槻店に関するグループ内事業再編及び再編に伴う屋号の変更に関するお知らせ” (プレスリリース), エイチ・ツー・オーリテイリング, (2018年9月27日), https://www.h2o-retailing.co.jp/news/pdf/2018/180927yagou.pdf 2018年11月13日閲覧。 
  6. ^ 買収当時、西武鉄道と西武球団は国土計画傘下の兄弟会社の関係だった。西武鉄道が親会社となったのは、西武グループの再編後である。なお、当時既に西武流通グループと西武鉄道グループは分離している。
  7. ^ フロアガイド(高槻阪急)

外部リンク編集