メインメニューを開く

カイエ・デュ・シネマ』(Les Cahiers du cinéma)は、フランスの映画批評誌である。初代編集長アンドレ・バザン提唱の「作家主義」、および同誌の執筆者からヌーヴェルヴァーグの映画作家たちを生んだことで知られる。

目次

概要・略歴編集

前史として、ジャン=ジョルジュ・オリオールの突然の死による『ラ・ルヴュ・デュ・シネマ』の第二期廃刊(1950年)とその復刊に奔走したバザン、ジャック・ドニオル=ヴァルクローズの動きがあり、「シネクラブ・デュ・カルティエ・ラタン」の機関誌としてエリック・ロメールが発行しジャック・リヴェットジャン=リュック・ゴダールフランソワ・トリュフォーらが執筆参加していた『ラ・ガゼット・デュ・シネマ』は半年で廃刊して、その動きに合流した。

1951年4月、バザン、ヴァルクローズ、ジョゼフ=マリー・ロ・デュカ(ジュゼッペ・マリア・ロ・デュカ)らによって創刊。ロメール、リヴェット、ゴダール、クロード・シャブロル、トリュフォーら、後にヌーヴェルヴァーグの映画作家となる若者たちが批評家として活躍していた。「作家主義」を掲げて、フランスの映画批評に新たな風を吹き込んだ。1968年以降の左傾化、理論化のため一時は発行部数を落とすものの、セルジュ・ダネーなどの活躍によって読者を取り戻してゆく。その後も幾度の危機を乗り越えて現在まで続いている。

現在は、ジャン=ミシェル・フロドンをディレクターとして、エマニュエル・ビュルドーが編集長を務める。ローラン・ラボリウェブ編集長による同誌公式サイトでは、日本語を含む各国語で記事の翻訳紹介も行っている。2003年(平成15年)、ル・モンド傘下となるが、2009年(平成21年)、英国のファイドン・プレスen:Phaidon Press)に売却された[1]

創刊300号から100号毎に映画監督を特別編集長に迎えて記念号を発行しており、過去に記念号の編集長を務めた映画監督としては、ジャン=リュック・ゴダール(300号)、ヴィム・ヴェンダース(400号)、マーチン・スコセッシ(500号)、北野武(600号)などがいる。

主な出身者編集

特筆以外は映画作家、脚本家となった者。

日本版編集

1991年には日本語版である「カイエ・デュ・シネマ・ジャポン」が創刊された。80年代にフランス本誌に寄稿していた梅本洋一を編集長として、仏本誌の批評の翻訳紹介、さらには独自の批評活動を展開する。仏本誌同様、執筆者から青山真治篠崎誠ら映画作家を生む。フィルムアート社勁草書房、と版元を変遷したのち、2001年に休刊。

編集

外部リンク編集