フランソワ・トリュフォー

フランソワ・ロラン・トリュフォー(François Roland Truffaut、1932年2月6日 - 1984年10月21日)は、フランス映画監督ヌーヴェルヴァーグを代表する監督の一人。映画作家・理論家のアレクサンドル・アストリュックがトリュフォーを「愛のシネアスト(cinéaste)」と定義した。[1]

フランソワ・トリュフォー
François Truffaut
François Truffaut
トリュフォー(1965年
本名 François Roland Truffaut
生年月日 (1932-02-06) 1932年2月6日
没年月日 (1984-10-21) 1984年10月21日(52歳没)
出生地 フランスの旗 フランス共和国 パリ
死没地 フランスの旗 フランス オー=ド=セーヌ県ヌイイ=シュル=セーヌ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 映画監督俳優
ジャンル 映画
活動期間 1955年 - 1984年
配偶者 Madeleine Morgenstern(1957年 - 1965年)
主な作品
大人は判ってくれない
アメリカの夜
終電車
テンプレートを表示

生涯編集

 
フランソワ・トリュフォーとクロード・ジャド (『逃げ去る恋』のプレミアで)

パリに生まれたトリュフォーは両親の離婚から孤独な少年時代を過ごし、幾度も親によって感化院に放り込まれるなど、親との関係で問題の多い少年だった。1946年には早くも学業を放棄し映画館に入り浸り、1947年にはシネクラブを組織し始める。そのころ、のちに映画評論誌『カイエ・デュ・シネマ』初代編集長(1951年 - 1958年)となる批評家アンドレ・バザンと出会う。以降バザンが死ぬまで親子同然の生活を送る。彼の勧めにより映画評論を著すようになり、『カイエ・デュ・シネマ』を中心に先鋭的かつ攻撃的な映画批評を多数執筆した。特に、同誌1954年1月号に掲載された「フランス映画のある種の傾向」という文章は厳しい論調だった。

最初の短編映画を発表した後、1956年ロベルト・ロッセリーニの助監督となる。1957年、配給会社の社長令嬢と最初の結婚をする。同年、製作会社レ・フィルム・デュ・キャロッス社を設立、2作目の短編映画『あこがれ』を演出し、翌1958年公開。1959年、キャロッス社とSEDIF(義父の会社コシノールの子会社)の共同製作による処女長編『大人は判ってくれない』を監督し、大ヒット。トリュフォーとヌーヴェルヴァーグの名を一躍高らしめることとなった。彼自身の体験談を下敷きにして作られた同作は、 アントワーヌ・ドワネル の役割は、ジャン=ピエール・レオ が演じています。 1968年、フランソワ・トルフォーは続編 夜霧の恋人たち を作った。この映画では、アントワーヌは若いヴァイオリニスト、クリスティンに恋をしています。クリスティンダーボンの役割は、クロード・ジャド が演じています。この映画は世界中から多数の抜粋を受け取っています。 1970年に、アントワーヌとクリスティンは映画 家庭 のカップルです。 トリュフォー そして1979年に は映画 逃げ去る恋 でこのサイクルを終えました アントワーヌ と は現 クリスチーヌ 在離婚しています。 に至るまで合計5本制作された。このとき出逢った映画会社マルソー=コシノール当時のマネジャーマルセル・ベルベールは、キャロッス社の大番頭的存在となり、またトリュフォー作品にカメオ出演し続けることになる。また、ジャン=リュック・ゴダールと知り合い、兄弟のように協力し合って映画を制作した。

1968年トリュフォーは、女優のクロードジェイドに恋をしました。 彼らは6月に結婚したいと思っているが、その後彼は彼の意図から撤退した。 1868 のカンヌ国際映画祭において、コンテストの必要性の有無を巡って大論争が巻き起こり、トリュフォーはカンヌ国際映画祭粉砕を主張して最も過激な論陣を張った。しかし、この出来事を一つのきっかけに、盟友であったゴダールとの決別を始めとしてヌーヴェルヴァーグの面々と疎遠になった。68年の『黒衣の花嫁』、69年の『暗くなるまでこの恋を』[2]は高い評価を得た。

フランス映画の父として慕い尊敬していたジャン・ルノワールがアメリカで失意の底に沈んでいることを聞きつけ、幾度もアメリカに渡って勇気づけ、ルノワールの死に至るまで両者は親子同然の関係を持ち続けた。また、自分自身の分身を演じ続けたジャン=ピエール・レオに対しても息子同然の扱いをしていたという。

1983年7月に脳腫瘍と診断され、ミッチェル・ベルジェとフランス・ギャル夫妻の邸宅にて療養する。友人であったミロシュ・フォアマン監督の『アマデウス』のプレミアに出席することを望んでいたが、叶わないまま1984年10月21日に死去した。彼が生涯に制作した映画は25本であった。

トリュフォーの死に際して、フランスに留まらず世界各国の映画関係者が集い盛大な葬儀が執り行われたが、ゴダールは葬儀に参列せず、追悼文を著すこともなかった。しかし、死後4年経った1988年に出版されたトリュフォー書簡集に、彼からの手紙を提供した。内容は激しくゴダールを罵倒する語調のものであったが、新たに書き下ろした序文では「フランソワは死んだかもしれない。わたしは生きているかもしれない。だが、どんな違いがあるというのだろう?」と締めくくった[3]

フィルモグラフィ:主な作品編集

監督作品編集

出演作品編集

受賞編集

部門 作品 結果
カンヌ国際映画祭 1959年 監督賞 大人は判ってくれない 受賞
国際カトリック映画事務局賞 受賞
アカデミー賞 1959年 脚本賞 『大人は判ってくれない』 ノミネート
1968年 外国語映画賞 夜霧の恋人たち ノミネート
1973年 外国語映画賞 アメリカの夜 受賞
1974年 監督賞 ノミネート
脚本賞 ノミネート
1980年 外国語映画賞 終電車 ノミネート
ニューヨーク映画批評家協会賞 1959年 外国語映画賞 『大人は判ってくれない』 受賞
1969年 脚本賞 『夜霧の恋人たち』 次点
1973年 作品賞 『アメリカの夜』 受賞
監督賞 受賞
1975年 脚本賞 アデルの恋の物語 受賞
1981年 外国語映画賞 『終電車』 次点
フランス映画批評家協会賞 1959年 作品賞 『大人は判ってくれない』 受賞
1968年 作品賞 『夜霧の恋人たち』 受賞
1970年 作品賞 野性の少年 受賞
1973年 作品賞 『アメリカの夜』 受賞
1976年 作品賞 『アデルの恋の物語』 受賞
英国アカデミー賞 1960年 総合作品賞 『大人は判ってくれない』 ノミネート
1962年 総合作品賞 突然炎のごとく ノミネート
1973年 作品賞 『アメリカの夜』 受賞
監督賞 受賞
1978年 助演男優賞 未知との遭遇 ノミネート
1983年 外国語作品賞 日曜日が待ち遠しい! ノミネート
ボディル賞 1960年 非アメリカ映画賞 『大人は判ってくれない』 受賞
1963年 非アメリカ映画賞 『突然炎のごとく』 受賞
1965年 非アメリカ映画賞 柔らかい肌 受賞
マール・デル・プラタ国際映画祭 1962年 監督賞 『突然炎のごとく』 受賞
ナストロ・ダルジェント賞 1963年 外国監督賞 『突然炎のごとく』 受賞
1974年 外国監督賞 『アメリカの夜』 ノミネート
1981年 外国監督賞 『終電車』 ノミネート
ルイ・デリュック賞 1968年 - 『夜霧の恋人たち』 受賞
ゴールデングローブ賞 1968年 外国語映画賞 黒衣の花嫁 ノミネート
外国語映画賞 夜霧の恋人たち ノミネート
1973年 外国語映画賞 『アメリカの夜』 ノミネート
1976年 外国語映画賞 トリュフォーの思春期 ノミネート
1980年 外国語映画賞 『終電車』 ノミネート
全米映画批評家協会賞 1969年 作品賞 『夜霧の恋人たち』 2位
監督賞 受賞
1970年 作品賞 『野性の少年』 3位
監督賞 2位
脚本賞 4位
1973年 作品賞 『アメリカの夜』 受賞
監督賞 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 1970年 監督賞 『野性の少年』 受賞
外国語映画賞 受賞
1975年 外国語映画賞 『アデルの恋の物語』 受賞
セザール賞 1976年 監督賞 『アデルの恋の物語』 ノミネート
1981年 作品賞 『終電車』 受賞
監督賞 受賞
脚本賞 ノミネート
1984年 監督賞 『日曜日が待ち遠しい!』 ノミネート
1989年 脚本賞 『小さな泥棒』 ノミネート
カンザスシティ映画批評家協会賞 1976年 外国語映画賞 『トリュフォーの思春期』 受賞
ボストン映画批評家協会賞 1980年 外国語映画賞 『終電車』 受賞
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞 1981年 ルキノ・ヴィスコンティ賞 - 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 1984年 特別賞 - 受賞

日本のテレビ番組出演編集

日本語文献編集

著作・インタビュー など
評伝
  • アネット・インスドーフ 『フランソワ・トリュフォーの映画』 和泉涼一、二瓶恵訳、水声社、2013年
  • アントワーヌ・ド・ベック、セルジュ・トゥビアナ編 『フランソワ・トリュフォー』 稲松三千野訳、原書房、2006年
  • 山田宏一 『フランソワ・トリュフォー映画読本』 平凡社、2003年
  • 山田宏一 『トリュフォー、ある映画的人生』 平凡社、1991年、増補1994年、平凡社ライブラリー、2002年
  • 山田宏一 『トリュフォーの手紙』 平凡社、2012年
  • 山田宏一 『フランソワ・トリュフォーの映画誌 山田宏一の映画教室vol.1』 平凡社、2004年。図版多数の編著
  • 『季刊リュミエール 2 フランソワ・トリュフォーとフランス映画』 筑摩書房、1985年
  • ユリイカ 詩と批評 特集トリュフォー』1985年2月号、青土社歌田明弘

脚注編集

  1. ^ トリュフォー自身,彼の映画の〈愛〉のモティーフを〈女と子どもと書物〉だと語っていた。
  2. ^ http://movies.yahoo.co.jp/movie/暗くなるまでこの恋を/6353/
  3. ^ Francois Truffaut: Correspondence, 1945-1984 ISBN 0815410247 英語版ペーパーバック

関連項目編集

外部リンク編集