カテナチオ: Catenaccio 発音: [kateˈnattʃo] カテナッチョ、意味: )とは、1950-1960年代にイタリアで流行した堅守速攻サッカーの戦術[1]

概要編集

世界では堅守速攻の総称として「カテナチオ(Catenaccio)」の用語が用いられているが、日本ではカテナチオは堅守速攻の中の一戦術として用いられることが多い。

カテナチオという言葉はイタリア語で「掛けがね」や「(かんぬき)」という意味である。ディフェンスラインの後ろで左右に動くスイーパーの動きが閂を差す動きに似ていた事が名前の由来。多くの選手が自陣に引いて堅い守備でボールを奪い、少数の前線だけで素早く得点を取るというイタリアの堅守速攻サッカーの戦法である。サッカーにおいて堅実な試合運びを好み、内容よりも結果を重視するイタリア人らしい戦術である。

カテナチオの起源はカール・ラパンのベロウ・システムである[注 1]。ディフェンスラインの後ろに「Verrouller」(完全に守備的な選手を置く戦術)をイタリアの各クラブチームが採用し、発展させたのがカテナチオで、その中でも有名なのがネレオ・ロッコパドヴァエレニオ・エレーラインテルである。エレーラは1960年代にこの戦術を用いて国内リーグ・タイトルやヨーロッパ・チャンピオンズカップを勝ち取り、チームは「グランデ・インテル」と呼ばれた。

エレーラのカテナチオはマンツーマンで守る4人のマンマーカーの後ろに、この4人が逃した相手アタッカーを捕まえる守備の選手を置くというものであった。この選手はマンマークの守備から自由であったことから、イタリア語で「自由」を意味するリベロと呼ばれるようになった。1-4-3-2のシステムで4人のフルバックが相手の4人のフォワードをマンマークし、その後ろで余ったリベロがそのカバーリングを行った。その後にフォワードの数が1人減った4-3-3のフォーメーションが現れると、フルバックが1人減った1-3-3-3へと変化したが、基本的には同じである。3人のフルバックのうち右のフルバックは守備専門であるが、左はオーバーラップして攻撃参加するテルツィーノ・フルイディフィカンテ[注 2]であった。

カテナチオを使用するチーム編集

日本では堅守速攻が得意なチームに対して「カテナチオ」を捩った愛称が付けられることがある。

水戸ナチオ(水戸ホーリーホック、2003年)
  • 当時J2に在籍。新監督となった前田秀樹は他クラブに劣っていた資金面・戦力面を、徹底した専守防衛で補おうとした。守備時は全選手が自陣深くまで引き、攻撃はカウンター一筋でポゼッションは半ば放棄していた。一部サポーターが「水戸ナチオ」と呼ぶようになり、2007年以降攻撃的サッカーへ転換するが、水戸を代表する代名詞として用いられている。
ハマナチオ(横浜FC、2006年)
  • 当時J2に在籍。第2節から高木琢也が監督として指揮すると、第18節まで15試合連続無敗。当時のJリーグ記録となる無失点継続時間「770分」を達成した[2]
カメナチオ[3]大分トリニータ、2008年)
  • 当時J1に在籍。監督のシャムスカは相手を研究する能力に定評があり[3]、率いた4年間で固定されていた守備陣の連携はリーグトップの堅守に繋がった。失点数「24」、無失点試合数「17」はリーグ記録[4][5]。名称はこの年に誕生した亀をイメージしたクラブマスコット「ニータン」に因む。
アルナチオ(大宮アルディージャ、2013年)
  • 当時J1に在籍。ズデンコ・ベルデニックが監督に就任し、守備徹底と攻守切り替えの速い堅守速攻を徹底し、崩壊していた守備を立て直した。当時のJリーグ記録となる21試合連続無敗を記録した。
カテナゴヤ[5]、グラナチオ[6]名古屋グランパス、2020 - 2021年)
  • 当時J1に在籍。フィッカデンティは前年まで守備が崩壊していたチームを堅守速攻型へと再編。無失点試合数「17」は2008年の大分と並ぶリーグ記録タイ[5]。翌2021年には同一シーズンにおける連続無失点試合「9」、無失点継続時間「823分」のリーグ記録を更新した[2]
ベルナチオ[7]湘南ベルマーレ、2021年)
  • 当時J1に在籍。堅守を土台にした全員で守り切る戦術で、7試合連続無敗のクラブ新記録を樹立した。

2010 FIFAワールドカップでは日本代表は一部マスコミから「オカナチオ」と呼ばれた[8]。監督である岡田武史の名前に因んだ名前であり、本大会直前の試合で良い結果を得られずにグループリーグ初戦で一転して守備に重点を置いたフォーメーションに変更したことに起因する。その結果、自国開催であった2002年大会以外の初勝利、初の決勝トーナメント進出を果たした。

2022 FIFAワールドカップでは日本代表はスペイン戦にて5-4-1の可変カテナチオ堅守速攻を使用し[9][10][11]、パス1000回を駆使したスペイン相手に僅かシュート6回の堅守で勝利し[9]、日本代表がスペイン代表に勝利したのは史上初となった[9][10][11]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ベロウ(verrou)はドアボルトという意味。
  2. ^ テルツィーノは「3番目の」という意味のイタリア語。フォーメーション上、3列目に位置するためこう呼ばれる。フルイディフィカンテは「流動的な」という意味のイタリア語。

出典編集

  1. ^ 大塚一樹『世界の戦術・理論がわかる!最新サッカー用語大事典』株式会社マイナビ、2014年、144ページ、ISBN 978-4-8399-5374-4
  2. ^ a b “823分無失点”破った豪快ヘッド弾! 鳥栖FW林大地が「勢いを持って飛び込めた」理由”. ゲキサカ (2021年4月18日). 2021年4月28日閲覧。
  3. ^ a b ナビスコ杯"カメナチオ"の勝利、大分・森重「一番いいときのサッカーができた」”. ゲキサカ. 講談社 (2008年11月1日). 2021年4月28日閲覧。
  4. ^ Jリーグ、記憶に残る5チーム。別れの天皇杯制覇、大震災にも負けず・・・心揺さぶるクラブは? 【編集部フォーカス】”. フットボールチャンネル (2018年11月28日). 2021年4月28日閲覧。
  5. ^ a b c “カテナゴヤ!不動守備陣で最多17完封/最少失点王”. 日刊スポーツ. (2020年12月26日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/202012260000066.html 2021年4月28日閲覧。 
  6. ^ 「若林君感半端ない」J公式が公開した名古屋守護神の驚異のスタッツにファン大反響”. サッカーダイジェストWeb (2021年4月15日). 2021年9月2日閲覧。
  7. ^ 湘南鉄壁守備「ベルナチオ」あうんの呼吸で7戦負けなしクラブ新記録(スポーツ報知)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年5月9日閲覧。
  8. ^ “岡田監督 オランダから勝ち点奪取へ“オカナチオ””. スポニチ. (2010年6月16日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/06/16/kiji/K20100616Z00002120.html 2021年4月28日閲覧。 
  9. ^ a b c W杯史上、究極のジャイアントキリングを達成した日本の驚くべきデータ。パス1000本を駆使したスペイン相手に、シュートわずか6本で勝ちきる|サッカー代表|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva”. web.archive.org (2022年12月4日). 2022年12月5日閲覧。
  10. ^ a b 【W杯】本田圭佑、スペイン戦のスタメンに見解 「3バックというより5バック」「守備的と見せかけて攻撃につなげやすい」 | フットボールゾーン”. web.archive.org (2022年12月5日). 2022年12月5日閲覧。
  11. ^ a b 【日本かく戦え】5バックでワンチャンスに懸ける― スポニチ Sponichi Annex サッカー”. web.archive.org (2022年11月29日). 2022年12月5日閲覧。

関連項目編集