メインメニューを開く

株式会社カネカ: Kaneka Corporation、旧名: 鐘淵化学工業)は、大阪府大阪市北区中之島東京都港区赤坂に本社を置く日本化学メーカーである。

株式会社カネカ
KANEKA CORPORATION
株式会社カネカのロゴ
Nakanoshima Festival Tower Osaka Japan01.jpg
カネカ大阪本社が入る中之島フェスティバルタワー
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4118
1949年10月31日上場
大証1部(廃止) 4118
1949年10月31日 - 2013年7月15日
本社所在地

日本の旗 日本
530-8288
大阪本社:大阪市北区中之島二丁目3番18号(中之島フェスティバルタワー) 〒107-6025

東京本社:東京都港区赤坂一丁目12番32号(アーク森ビル
本店所在地 530-8288
大阪府大阪市北区中之島二丁目3番18号
設立 1949年昭和24年)9月1日
(鐘淵化学工業株式会社)
業種 化学
法人番号 8120001059628
事業内容 化成品、機能性樹脂、発泡樹脂製品、食品、医薬品、医療機器、電子材料、太陽電池、合成繊維などの製造及び販売。建築工法のライセンス及び建築資材の販売。
代表者 代表取締役会長 菅原公一
代表取締役社長 角倉護
代表取締役副社長 田中稔
資本金 330億46百万円
発行済株式総数 68,000,000株 [1]
売上高 連結:6,210億4千3百万円
(2019年3月期)[2]
営業利益 連結:360億4千1百万円
(2019年3月期)[2]
経常利益 連結:312億6千8百万円
(2019年3月期)[2]
純資産 連結:3,607億2千6百万円
(2019年3月期)[2]
総資産 連結:6,595億8千7百円
(2019年3月期)[2]
従業員数 (連結)10,234名
(単独)3,525名
(2018年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 5.49%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 5.43%
日本生命保険相互会社 4.75%
株式会社三井住友銀行 4.71%
明治安田生命保険相互会社 4.30%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口4) 4.07%
株式会社三菱UFJ銀行 3.52%
三井住友海上火災保険株式会社 3.21%
BNYMSANV AS AGENT/CLIENTS LUX UCITS NON TREATY1 2.33%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9) 2.08%

(2018年9月30日現在)[3]
外部リンク http://www.kaneka.co.jp/
テンプレートを表示
東京本社が入るアーク森ビル(東京都港区)

目次

概要編集

化成品、機能性樹脂、発泡樹脂、食品、ライフサイエンスエレクトロニクス合成繊維、医療機器事業を営む。また、コエンザイムQ10の原料を製造しており、資生堂薬品・小林製薬DHCなど各社に供給している。

社名は前身企業である鐘淵紡績(後の鐘紡を経てクラシエホールディングスカネボウ化粧品)の創業地である東京都墨田区鐘ヶ淵にちなむ。創業から1961年までは同地の東京工場(鐘紡に売却後閉鎖)にて化粧品と医薬品を製造していた。

1949年(昭和24年)に鐘淵紡績より分離した鐘淵化学工業が製造・販売していたPCBが、カネミ倉庫株式会社においてライスオイルに混入・変質し、カネミ油症事件が発生[4]

三井文庫の賛助会社である三井グループの企業である一方[注 1][6]大和銀行(現・りそな銀行)が中心となって結成された企業グループ・大輪会にも加盟している[7]


沿革編集

1950年代まで編集

  • 1949年(昭和24年)
鐘淵紡績より分離、資本金2億円で創立。塩化ビニル樹脂「カネビニール」を開発。

1960年代編集

カネミ油症事件が発生[4]

2000年代編集

  • 2004年(平成16年)
「鐘淵化学工業株式会社」から「株式会社カネカ」に商号変更。

2010年代編集

  • 2016年(平成28年)
セメダイン株式会社の株式を取得、連結子会社化。

旧カネボウとの関係編集

1949年9月1日、鐘淵紡績株式会社の企業再建整備計画の認可に基づき、同社の非繊維事業すべてを分離して鐘淵化学工業株式会社が新しく設立された。当時から略称は「カネカ」で、そのロゴは「カネボウ」と同一のデザインを使用。当初は苛性ソーダ、搾油、食用油酵母食品類、製紙和紙エナメル電線、デンプン等きわめて多岐な事業を営んでいた。1961年まで化粧品1971年まで石鹸シャンプー類を製造販売していたが、化粧品・石鹸事業とも鐘紡本体に買い戻され両事業を手放す。そしてプラスチック素材および化成品、食用油・食品、酵母以外の事業・製造拠点をともに順次整理して現在に至る。

現在はカネカ・クラシエホールディングスカネボウ化粧品の三社間に資本関係・人的関係は無い。コエンザイムQ10の供給に関しても、クラシエやカネボウ化粧品ではなく、両社と競合関係にある資生堂グループと業務提携している。

事業所編集

主要グループ会社編集

  • セメダイン株式会社:東京都品川区、機能性樹脂の加工及び販売、資本金30億5,037万5千円(カネカ51.00%)

広報活動編集

CMキャッチコピーは、
ガクで
ガイを
ナエル会社

脚注・出典編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ カネカが賛助会社に名を連ねている公益財団法人三井文庫の前身である財団法人三井文庫が三井グループ各社の支援を得て設立されたことから[5]、三井文庫の賛助会社は三井グループに属している。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集