CARICOM旗

カリブ共同体(カリブきょうどうたい、Caribbean Community、略してCARICOM)は、西インド諸島のカリブ諸国及び領土のモントセラト南アメリカガイアナスリナム及び中央アメリカベリーズなどを含めた14ヶ国と1地域で結成されたカリブ海地域の経済統合外交政策の調整などを目的とする機関である[1]。事務局長はトリニダード・トバゴ出身のエドウィン・キャリントン

歴史編集

 
他の組織との関係

カリブ共同体・共同市場(CARICOM)は元々、イギリス西インド諸島植民地の間で、地域統合を目指すため1958年に設立した西インド連邦を結成した事に始まる。1973年7月4日に設立され、ガイアナの首都ジョージタウンに本部が置かれている。

2013年8月、5つの宗主諸国(イギリス、スペイン、フランス、ポルトガル、オランダ)に対して、植民地時代の先住民虐殺搾取行為に関する公式な謝罪の意思表示・補償を求めることを決定。

加盟国等編集

加盟国・地域

準加盟国・地域

オブザーバー国・地域

脚注編集

  1. ^ 外務省カリブ共同体(CARICOM:カリコム)概要』、2015年12月2日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集