カーティス・フラー

カーティス・フラーCurtis Fuller1934年12月15日 - 2021年5月8日[1])は、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト[1]出身のモダンジャズトロンボーン奏者。『ブルースエット[2]』に収録されたソウル・ジャズの有名曲「ファイブ・スポット・アフター・ダーク」がよく知られている。

カーティス・フラー
Curtis Fuller
Curtis Fuller.jpg
基本情報
出生名 Curtis DuBois Fuller
生誕 (1934-12-15) 1934年12月15日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州デトロイト[1]
死没 (2021-05-08) 2021年5月8日(86歳没)[1]
ジャンル モダンジャズ(ビバップハード・バップファンキー・ジャズ
職業 ミュージシャン、作曲家、教育者
担当楽器 トロンボーン
活動期間 1953年 -
レーベル プレスティッジ・レコード
ブルーノート・レコード
サヴォイ・レコード
エピック・レコード
インパルス!レコード
メインストリーム・レコード英語版

キャリア編集

幼少の頃に両親と死に別れ、孤児だったフラーは、デトロイトの学校でポール・チェンバースドナルド・バードと知り合う。1953年から1955年軍隊に在籍し、その後ユセフ・ラティーフのバンドに加わった。1957年にニューヨークへ行き彼はプレスティッジ・レコードに初リーダーアルバムを録音した。以後ブルーノート・レコードでも活躍し、特にジョン・コルトレーンのリーダー作である『ブルー・トレイン』は、リー・モーガンと共に3管の一人として参加し評価された。彼自身も、ブルーノートにはリーダー作をいくつか残した。また、1959年にはアート・ファーマーベニー・ゴルソンらと共にジャズテットのメンバーとして活動し、1961年から1965年にはアート・ブレイキー率いるジャズ・メッセンジャーズに所属していた[3]。他に共演者はトミー・フラナガンジミー・ギャリソンソニー・クラークズート・シムズハンク・モブレーボビー・ティモンズアート・テイラージョー・ヘンダーソン等がいる。

ジミー・ウィルキンス楽団で活動していた。

2021年5月8日、デトロイトの介護施設で死去。86歳没。ただし死因は明らかにされていない[1]

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『ニュー・トロンボーン』 - New Trombone (1957年、Prestige)
  • 『カーティス・フラー・ウィズ・レッド・ガーランド』 - Curtis Fuller with Red Garland (1957年、New Jazz)
  • Curtis Fuller and Hampton Hawes with French Horns (1957年、Status)
  • 『ジ・オープナー』 - The Opener (1957年、Blue Note)
  • 『ボーン&バリ』 - Bone & Bari (1957年、Blue Note)
  • 『ジャズ・イッツ・マジック』 - Jazz ...It's Magic! (1957年、Regent)
  • 『カーティス・フラーVol.3』 - Curtis Fuller Volume 3 (1957年、Blue Note)
  • 『トゥー・ボーンズ』 - Two Bones (1958年、Blue Note)
  • 『スライディング・イージー』 - Sliding Easy (1959年、United Artists)
  • 『ブルースエット』 - Blues-ette (1959年、Savoy)
  • The Curtis Fuller Jazztet (1959年、Savoy)
  • 『イマジネイション』 - Imagination (1959年、Savoy)
  • 『イメージズ』 - Images of Curtis Fuller (1960年、Savoy)
  • 『ボス・オブ・ザ・ソウル・ストリーム・トロンボーン』 - Boss of the Soul-Stream Trombone (1960年、Warwick)
  • 『ザ・マグニフィセント・トロンボーン』 - The Magnificent Trombone of Curtis Fuller (1961年、Epic)
  • 『サウス・アメリカン・クッキン』 - South American Cookin' (1961年、Epic)
  • 『ソウル・トロンボーン』 - Soul Trombone (1961年、Impulse!)
  • 『キャビン・イン・ザ・スカイ』 - Cabin in the Sky (1962年、Impulse!)
  • 『クランキン』 - Crankin' (1971年、Mainstream)
  • スモーキン』 - Smokin' (1972年、Mainstream)
  • 『フォー・オン・ジ・アウトサイド』 - Four on the Outside (1978年、Timeless)
  • Fire and Filigree (1978年、Bee Hive)
  • Giant Bones '80 (1979年、Sonet)
  • Giant Bones at Nice (1980年、Ahead)
  • 『ミーツ・ローマ・ジャズ・トリオ』 - Curtis Fuller Meets Roma Jazz Trio (1982年、Timeless)
  • 『ブルースエット・パート2』 - Blues-ette Part II (1993年、Savoy)
  • Up Jumped Spring (2003年、Delmark)
  • Keep It Simple (2003年、Savant)
  • I Will Tell Her (2010年)
  • The Story of Cathy and Me (2011年、Challenge)
  • Down Home (2012年)

参考文献編集

  • 『ジャズ管楽器 : バリトン・サックス/ソプラノ・サックス/クラリネット/フルート/トロンボーン他』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2002年、178-179頁。ISBN 4-915557-12-X
  • 『決定版ブルーノート・ブック 〜史上最強のジャズ・レーベルのすべて〜』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、1999年、130,132,138。ISBN 4915557014

脚注編集

外部リンク編集