ガイウス・クラウディウス・ケント

ガイウス・クラウディウス・ケントラテン語: Gaius Claudius Centho、生没年不詳)は、紀元前3世紀共和政ローマの政治家、軍人。

Rmn-social-header-1-.svg
ガイウス・クラウディウス・ケント
C. Claudius Ap. f. C. n. Centho
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 クラウディウス氏族
官職 執政官(紀元前240年)
ケンソル(紀元前225年)
インテルレクス(紀元前216年)
独裁官(紀元前213年)
テンプレートを表示

経歴編集

著名なアッピウス・クラウディウス・カエクスアッピア街道の建設者)の第三子とする説もあるが、[1]恐らくカエクスの弟であるアッピウス・クラウディウス・カウデクスの息子である。

紀元前240年コンスルに就任、同僚はマルクス・センプロニウス・トゥディタヌスで、この年ルキウス・リウィウス・アンドロニクスによってローマで初めて古代ギリシアの演劇が行われた[2]

紀元前225年ケンソルに就任、同僚はマルクス・ユニウス・ペラで、この年ローマと同盟軍が動員出来る兵力は、歩兵70万騎兵7万といくつかの史料に書かれている[3][4]

紀元前217年、翌年の執政官を決める選挙は、当時の執政官が第二次ポエニ戦争中で前線を離れる事が出来ず、インテルレクス制を提案したものの、元老院ルキウス・ウェトゥリウス・ピロを選挙管理のための独裁官に指名した。ところが彼の行った選挙には不備があり、辞任させられてしまった。結局翌前216年にインテルレクスが立てられることとなり、そのうちの一人としてケントが元老院に指名されている[5]

紀元前213年、このときも執政官は前線に張り付いており、選挙管理のため独裁官が立てられることになった。執政官ティベリウス・センプロニウス・グラックスはケントを独裁官に指名し、ケントはクィントゥス・フルウィウス・フラックスマギステル・エクィトゥム(副官)として選挙を行った[6]

脚注編集

  1. ^ Friedrich Münzer: Claudius 104). In: Pauly's Recyclopedia of Classical Antiquity (RE). Volume III, 2, Stuttgart 1899, Sp. 2694.
  2. ^ キケロ『ブルトゥス』72
  3. ^ 歴史 (ポリュビオス)』2.24
  4. ^ ディオドロス歴史叢書』25.13
  5. ^ リウィウス『ローマ建国史』22.33-34
  6. ^ リウィウス『ローマ建国史』25.2.3-5

関連項目編集

公職
先代:
アウルス・マンリウス・トルクァトゥス・アッティクス
クィントゥス・ルタティウス・ケルコ
ローマ執政官(コンスル)
紀元前240年
同僚
マルクス・センプロニウス・トゥディタヌス
次代:
ガイウス・マミリウス・トゥッリヌス
クィントゥス・ウァレリウス・ファルト
公職
先代:
クィントゥス・ファビウス・マクシムス・ウェッルコスス・クンクタートル
マルクス・センプロニウス・トゥディタヌス
紀元前230年XLI
監察官
同僚:マルクス・ユニウス・ペラ
紀元前225年 XLII
次代:
ルキウス・アエミリウス・パプス
ガイウス・フラミニウス
紀元前220年 XLIII