メインメニューを開く

ガブリエル・アノ

ガブリエル・アノ(Gabriel Hanot, 1889年11月6日 - 1968年8月10日)は、フランスパ=ド=カレー県アラス出身のサッカー選手リーグ・アンUEFAチャンピオンズリーグを提案・創設した人物として知られる。

ガブリエル・アノ Football pictogram.svg
名前
カタカナ ガブリエル・アノ
ラテン文字 Gabriel Hanot
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1889-11-06) 1889年11月6日
出身地 アラス
没年月日 (1968-08-10) 1968年8月10日(78歳没)
選手情報
ポジション DF
代表歴
1908-1919 フランスの旗 フランス 12 (3)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

1889年11月6日アラスにて出生。1906年に17歳でトゥールコワンFCの選手としてプロデビュー。フランス代表では1908年1919年に渡って、フランス代表草創期のフルバックとして活躍した。フランス代表の通算成績としては、12試合3得点(うち10試合が第一次世界大戦勃発前の物である)。代表デビューは1908年3月8日スイス戦で、代表としての最後の出場試合は1919年3月9日ベルギー戦だった[1]

1919年に自家用機を操縦に航空事故を起こし、負傷。サッカー選手としてのキャリアに終止符を打つと共に、ジャーナリストに転身した[2]

フランス最大手の日刊スポーツ新聞であるレキップに所属し、1932年リーグ・アン[2]を、そして1955年に同僚のジャック・フェランと共にUEFAチャンピオンズリーグを提案し、創設にこぎ着けた[3][4]

また、フランス代表監督を1945年から1949年まで務めた。監督としての成績は21試合10勝2分け9敗であった。

1968年8月10日に78歳で死去。

所属クラブ編集

脚注編集

  1. ^ HANOT Gabriel” (French). Equipe de France A: Tous les jouers. FFF. 2014年7月18日閲覧。
  2. ^ a b Boudreault, Patrick (6 August 2007 (modified 4 July 2010)). “Saga Ligue des Champions (1/4). Gabriel Hanot,visionnaire de génie” (French). La Depeche. 2014年7月18日閲覧。
  3. ^ Football's premier club competition”. uefa.com (2010年6月14日). 2014年7月18日閲覧。
  4. ^ Spiro, Matthew (2006年5月12日). “Hats off to Hanot”. UEFA.com. 2014年7月18日閲覧。

外部リンク編集