メインメニューを開く
L'Equipe 紙のロゴ

レキップ: L'Équipe、「チーム」の意)は、フランス全土で発刊される日刊スポーツ新聞で、エディシオン・フィリップ・アモリÉditions Philippe Amaury, 略称EPA)に所属する。本社は、ブローニュ=ビヤンクール スギャン島通り4番地 (4 Cours de l'Île Seguin, 92100 Boulogne-Billancourt) にある。

レキップ紙は、サッカーラグビーモータースポーツ自転車競技の報道で知られている。 その前身は、ロトL'Auto)というよく知られたスポーツ紙である。

ロト紙は1903年、購買部数の上昇を狙って、自転車競技のツール・ド・フランスを設立した。 マイヨ・ジョーヌと呼ばれる黄色いリーダージャージは、1919年のレースから着用されるようになった。 これは、ロト紙発行に使われていた新聞紙の、特徴ある黄色を反映してのことだといわれる。 のちにUEFAチャンピオンズリーグとなる大会もまた、レキップ紙の記者ガブリエル・アノの発案であった。

目次

歴史編集

ロト・ヴェロ L'Auto-Vélo編集

 
自社の初期の製品に乗るデ・ディオン。

レキップ紙の前身ロト紙の創刊は、アルフレド・ドレフュス、つまりドレフュス事件に深い関わりがある。

戦後の困窮と反ユダヤ主義との中、フランスの旧敵ドイツへの通牒者としてドレフュスが訴えられ、彼が有罪か無罪か、社会を二分する論争となった。ドレフュスは不公正な裁判ののち監獄島へ追放され最終的には無罪を獲得したが、社会の分裂の様相は内紛に近いほどになり、現代フランス社会にもその大きな爪痕を残すこととなった。

フランス最大のスポーツ紙ル・ヴェロは、スポーツ報道に政治的コメントを交わらせた。編集長のピエール・ジファールは、ドレフュスの無実を信じて同様の発言も行い、主たる広告主から強烈な反発を受けた。自動車制作に携わるデ・ディオン伯爵や、実業家のアドルフ・クレモン、エデュアール・ミシュラン等である。

ジファールの政見に失望した彼らは、ル・ヴェロの競合紙を創刊しようとした。編集者は著名な自転車競技選手アンリ・デグランジュであった。

デグランジュは自転車競技の戦略とトレーニングの本を出版し、クレモンのもとで広告ライターとして働いていた人物であった。デグランジュは意志は強かったが疑り深い性格で、彼の名の下に開催されるツール・ド・フランスの成功を確信できず、1903年の第1回レースに出場しなかったほどであった。

ロト L'Auto編集

1900年のロト・ヴェロ紙創刊から3年後、パリ法廷はその新聞名が、ライバル紙ジファールのル・ヴェロ紙に似過ぎているという判決を下した。 その結果、新しい新聞は「ヴェロ」を取って単にロト紙というようになった。ジファールが緑色の新聞紙を使用していたため、ロト紙は黄色い新聞紙に印刷した。

発行部数は不振だったが、それに対しては対応会議が1度開かれただけで、デグランジュはこれを「ジファールのくちばしを釘付けにするため」と称した。 社屋はパリのフォーブル - モンマルトル通りにあったが、その1階[1]のオフィスで、ジェオ・ルフェーヴルという23歳の自転車記者兼ラグビー記者が、フランス中を回るレースを提案した。 その規模は他紙のレースをはるかに上回り、トラックレース6日間レースに比肩しうるほどだった。

ツール・ド・フランスは新聞の成功につながった。発行部数はそれまでの25,000部から、1903年のレース後には65,000部に伸びた。 1908年には250,000部以上になり、1923年のレース期間には日に500,000部が売れた。 デグランジュによれば、最高販売部数は1933年のレース期間中に記録された854,000部であるという。

デグランジュは1940年に死去し、会社の所有はドイツの合弁企業に移った[2]。 新聞はナチス占領軍に迎合する記事を掲載し始め、戦争が終結すると発刊は停止された[3]。 ドイツの指示下で発行されていた新聞は、いずれも継続が許可されなかった。

レキップ L'Équipe編集

 
ツール・ド・フランス第1回優勝者のモリス・ガラン

1940年、デグランジュに代わってジャック・ゴーデが主筆となり、ツール・ド・フランスの名目上の主催者となった。 彼は、大戦中にもレースを実施せよというドイツの要請を断っている( Tour de France during the Second World War 参照)。

ジャック・ゴーデは、ロト紙の初代財務部長ヴィクトル・ゴーデの息子に当たる。 ゴーデは、フランス政府が起こした訴訟でロト紙を擁護したが、ドイツやその傀儡政権主席フィリップ・ペタンに近かったのであれば、市民感情が無罪を許すはずはなかった[3]

しかしゴーデは、レジスタンス新聞やパンフレットの印刷のために、ロト紙の印刷室を秘密裏に使用していた[2]ことを指摘し、後継紙のレキップを発刊することを許可された。 ロト紙があった場所の道路を挟んで向かいの建物が占拠された。実質の所有はロトのものであった。元の新聞の資産は、国家の一時差し押さえを受けた。 国家に命令された出版条件の1つは、レキップ紙の発行に、ロト紙を連想させる黄色い新聞紙ではなく、白い新聞紙を使用することであった[2]

新しい新聞は、1946年2月28日を皮切りに、週3回のペースで発行された。 1948年からは日刊紙になった。 レキップ紙は、レラン ( L’Élan )、ル・スポル( Le Sport )各ライバル紙の廃刊に助けられた形となった。 レキップ紙によるカーレースの報道記事では、「 L'Auto 」という単語をページのトップに印刷する際、戦前のロト紙の主タイトルに使われていたゴシック体で書くことで、その前身を暗示している。

エミリアン・アモリ Émilien Amaury編集

1968年、レキップ紙はエミリアン・アモリ、アモリ新聞王の手に渡った。 レキップ紙の記者には、ピエール・シャニィ、アントワーヌ・ブロンダン、ガブリエル・アノがいる。

フィリップ・アモリ Philippe Amaury編集

1977年にエミリアン・アモリが死去すると、その息子と娘の間で6年に渡って遺産を巡る法廷闘争が繰り広げられた。 この訴訟は最終的に、フィリップ・アモリが日刊紙を、娘がマリ・フランス ( Marie-France ) やポワン・ド・ヴュ( Point de Vue )といった雑誌を所有することで円満に決着した。 フィリップはエディシオン・フィリップ・アモリ ( EPA ) を設立、グループにはレキップ紙、ル・パリジャン紙、オージュルディ紙が属していた。 2006年にフィリップが死去、グループは未亡人マリエ・オディールと子どもたちの手に渡った。

発展記録編集

  • 1980年、レキップ紙は土曜版誌を発刊。
  • 1998年8月31日、レキップTV を創立。
  • 2005年、土曜版に付録「スポーツとスタイル」が増える。
  • 2006年、「レキップ・フェミナン」が創刊。
  • 2006年、レキップ紙が月刊「ル・ジュルナル・デュ・ゴルフ ( Le Journal du Golf ) 」を買収。
  • 2007年初め、レキップ紙のウェブサイトに若年層向けに「レキップ・ジュニオール」を開設。

フランスでの購買記録編集

1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013
386,189 386,601 455,598 321,153 339,627 369,428 365,654 365,411 327,168 298,949 303,106 302,158 285,407 274,828 243,580

最多購買記録を達成したのは1998年7月13日、サッカーフランス代表FIFAワールドカップで優勝した翌日である。1,645,907部数を販売した。 2番目の記録は2000年7月3日、サッカーフランス代表がヨーロッパ選手権で優勝した翌日である。1,255,633部を販売した。

Champion of Champions 賞編集

国際部門編集

受賞者 スポーツ
1980
  エリック・ハイデン
スピードスケート
1981
  セバスチャン・コー
陸上競技
1982
  パオロ・ロッシ
サッカー
1983
  カール・ルイス
陸上競技
1984
  カール・ルイス
陸上競技
1985
  セルゲイ・ブブカ
陸上競技
1986
  ディエゴ・マラドーナ
サッカー
1987*
  ベン・ジョンソン
陸上競技
1988
  フローレンス・グリフィス=ジョイナー
陸上競技
1989
  グレッグ・レモン
自転車競技
1990
  アイルトン・セナ
フォーミュラ1
1991
  カール・ルイス
陸上競技
1992
  マイケル・ジョーダン
バスケットボール
1993
  ヌールディン・モルセリ
陸上競技
1994
  ロマリオ
サッカー
1995
  ジョナサン・エドワーズ
陸上競技
1996
  マイケル・ジョンソン
陸上競技
1997
  セルゲイ・ブブカ
陸上競技
1998
  ジネディーヌ・ジダン
サッカー
1999
  アンドレ・アガシ
テニス
2000
  タイガー・ウッズ
ゴルフ
2001
  ミヒャエル・シューマッハ
フォーミュラ1
2002
  ミヒャエル・シューマッハ
フォーミュラ1
2003
  ミヒャエル・シューマッハ
フォーミュラ1
2004
  ヒシャム・エルゲルージ
陸上競技
2005
  ロジャー・フェデラー
テニス
2006
  ロジャー・フェデラー
テニス
2007
  ロジャー・フェデラー
テニス
2008
  ウサイン・ボルト
陸上競技
2009
  ウサイン・ボルト
陸上競技
2010
  ラファエル・ナダル
テニス
2011
  リオネル・メッシ
サッカー
*ドーピング発覚により剥奪

社主編集

  • 1946-1984 : ジャック・ゴーデ(Jacques Goddet)
  • 1984-1993 : ジャン=ピエール・クールコル(Jean-Pierre Courcol)
  • 1993-2002 : ポール・ルーセル(Paul Roussel)
  • 2003-2008 : クリストフ・シュニュ(Christophe Chenut)

主筆編集

  • 1946-1954 : マルセル・オジェ(Marcel Oger)
  • 1954-1970 : ガストン・メイエル(Gaston Meyer)
  • 1970-1980 : エドゥアール・セイドレ(Edouard Seidler)
  • 1980-1987 : ロベール・パリアンテ(Robert Parienté)
  • 1987-1989 : アンリ・ガルシア(Henri Garcia)
  • 1989-1990 : ノエル・クエデル(Noel Couëdel)
  • 1990-1992 : ジェラール・エルノー(Gérard Ernault)
  • 1993-2003 : ジェローム・ビュロー(Jérôme Bureau)
  • 2003- : クロード・ドルッサン(Claude Droussent)とミシェル・ダロニ(Michel Dalloni)

脚注編集

  1. ^ on the first floor 米式=1階、英式=2階。訳者には判別付かず。
  2. ^ a b c Goddet, Jacques(1991), L'Équipée Belle, Laffont, Paris
  3. ^ a b Boeuf, Jean-Luc and Léonard, Yves (2003), La République du Tour de France, Seuil, France

外部リンク編集