ギル・メレGil Mellé1931年12月31日 - 2004年10月28日)は、アメリカ合衆国美術家作曲家ミュージシャンとしては、ジャズ映画音楽の創作で活動した。

ギル・メレ
Gil Mellé
出生名 Gilbert John Mellé
生誕 (1931-12-31) 1931年12月31日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
死没 (2004-10-28) 2004年10月28日(72歳没)
ジャンル ジャズ電子音楽実験音楽、サード・ストリーム
職業 作曲家、ミュージシャン、レコーディング・エンジニア
担当楽器 バリトン・サクソフォーン、テナー・サクソフォーン、シンセサイザー
活動期間 1953年 - 2004年

略歴編集

1950年代ニューヨーク画廊で自作の彫刻絵画が展示されるようになり、マイルス・デイヴィスセロニアス・モンクソニー・ロリンズらのアルバムの扉絵を手懸けた。サクソフォーン(テナーやバリトン)奏者としては、ジョージ・ウォーリントンマックス・ローチタル・ファーロウアービー・グリーンオスカー・ペティフォードエド・シグペンケニー・ドーハムズート・シムズアート・ファーマージュリアス・ワトキンスらと共演しており、1953年から1957年まで、ブルーノートプレスティッジといったレーベルにおいて、リーダーとして数々のセッションを統率した。

1952年に、ブルーノートの創業者であるアルフレッド・ライオンに録音技師のルディ・ヴァン・ゲルダーを引き合わせたのもメレであった。ライオンは、メレが録音し、ゲルダーが処理した響きに感銘を受けた。ゲルダーは何百点ものブルーノートの録音の責任者となり、1953年から1967年までは、同レーベルの実質的にほとんどすべてのセッションを仕切った。

1954年、ニューポート・ジャズ・フェスティバルに出演した。

メレは、映画やテレビ番組の作曲家として最初に電子楽器を用いた一人である(そのうち自身で組み立てた楽器も含まれる)。電子楽器を単体で用いることもあれば、オーケストラの中で弦楽器管楽器打楽器群のうちのいずれかの楽器と組み合わせて用いることもあった。ロッド・サーリングのテレビシリーズ『四次元への招待』のためのテーマ曲は、連続テレビドラマの劇伴に電子楽器のみのアンサンブルを用いた最初の実例の一つである。その他にも『いとしのチャーリー(My Sweet Charlie)』、『That Certain Summer』、『死を呼ぶスキャンダル(The Savage is Loose)』、『アンドロメダ…』、『黒薔薇の女(The Judge and Jake Wyler)』、テレビドラマの『刑事コロンボ』シリーズの数話、『真説フランケンシュタイン』、『600万ドルの男』、『事件記者コルチャック』など、125の映像作品で音楽を担当した。

心臓発作のためカリフォルニア州マリブの自宅にて逝去。

参考文献編集

  • 『ジャズ管楽器 : バリトン・サックス/ソプラノ・サックス/クラリネット/フルート/トロンボーン他』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2002年、41頁。ISBN 4-915557-12-X
  • 『決定版ブルーノート・ブック 〜史上最強のジャズ・レーベルのすべて〜』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、1999年、68,75,84,88,107。ISBN 4915557014

関連項目編集

外部リンク編集

音源編集