メインメニューを開く

クリスマスボウルは、全国高校アメリカンフットボール選手権大会の決勝戦の名称である。

全国高等学校アメリカンフットボール選手権大会
開始年 1970
主催 日本高等学校アメリカンフットボール連盟
参加チーム数 2
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 佼成学園(3回目)
最多優勝 関西学院(18回)
テンプレートを表示

目次

概要編集

関西大会の優勝校と関東大会の優勝校が対戦する。関西大会と関東大会はともに各地区を勝ち抜いた8校によるトーナメント戦で争われる。漫画『アイシールド21』で主人公たちが目指す同名の選手権試合は、本大会がモデルである。

第1回大会は1970年に開催され、1980年の第11回大会から東西大会の優勝校が対戦する形式となり、1989年の第20回大会から現在の名称がついた。かつてはクリスマス当日に開催されていたが、近年では多少前後する日程で開催され、隔年で偶数年は関西、奇数年は関東で交互に行われている。近年のテレビ中継はCS放送で行われる程度だが、以前は日本テレビ系や毎日放送などの地上波にて中継されていたこともある。

1970年代から80年代にかけては、関西学院高等部が優勝回数等で他校を圧倒して関西勢の黄金期を築いた(関西学院高等部は過去最多出場・最多優勝校)。1990年代中盤以降も、大阪産業大学附属高等学校、関西学院高等部、関西大倉高校などの関西勢が優勢だが、2005年には神奈川の慶應義塾高等学校が22年ぶりの優勝を飾って、関東勢が9年ぶりに覇権を奪回したのに続き、翌2006年も日大三高が逆転優勝を遂げ、巻き返しが顕著である。2007年 - 2008年は2年続けて大阪産業大学附属高等学校と早稲田大学高等学院の対戦となり、大阪産業大学附属高等学校が2連覇を達成した。2009年は日大三高と立命館宇治の対戦で日大三高が優勝した。そして、2010年は共にシーズンを通して全勝同士(練習試合も含め)の早稲田大学高等学院と関西学院高等部の対戦で、早稲田大学高等学院が優勝した。ここ数年をみると関東勢も関西勢も実力はほぼ互角になりつつあるのがわかる。2011年は大阪産業大学附属高等学校と早稲田大学高等学院の対戦で、熱戦の結果、10-10で同点、両校優勝となった。2012年は一昨年の再現となる早稲田大学高等学院と関西学院高等部の対戦となり、早稲田大学高等学院が優勝、関東の高校としては初の3連覇を達成。2013年は早稲田大学高等学院と立命館宇治の対戦。17-12で早稲田大学高等学院が優勝し、4連覇を飾った。2014年は関西学院高等部が早稲田大学高等学院の5連覇を阻止し10年振り17度目、関西勢単独としては6年ぶりの優勝を果たした。2015年は関西学院高等部が早稲田大学高等学院のリベンジを退けて、2年連続18度目の優勝を果たした。

地区ごとの出場校数編集

関東大会、関西大会と銘打っているものの、実質は東日本大会と西日本大会である。

関東大会編集

  • 東京地区 4校
  • 神奈川地区 3校
  • SIC(埼玉・茨城・千葉)地区 2校
  • 静岡地区 1校

関西大会編集

  • 大阪地区 3校
  • 兵庫地区 2校
  • 京都地区 1.5校
  • 滋賀地区 1.5校
  • 東海地区 1校
  • 広島地区 1校

東海地区は実質愛知県の高校のみで構成される。 京都2位と滋賀2位がプレーオフを行う。

過去の結果編集

開催年 試合会場 優勝校 準優勝校
1 1970年 駒沢第二球技場 関西学院 日大櫻丘
2 1971年 駒沢第二球技場 関西学院 日大櫻丘
3 1972年 駒沢第二球技場 関西学院 日大櫻丘
4 1973年 阪急西宮球技場 関西学院 日大櫻丘
5 1974年 阪急西宮球技場 関西学院 法政二
6 1975年 阪急西宮球技場 関大一 東海大付
7 1976年 駒沢第二球技場 関西学院 早大高等学院
8 1977年 神戸中央球技場 駒場学園 関西学院
9 1978年 駒沢第二球技場 慶應義塾 関西学院
10 1979年 阪急西宮球技場 関西学院 関西大倉
11 1980年 駒沢第二球技場 関西学院 駒場学園
12 1981年 阪急西宮球技場 駒場学園 関西学院
13 1982年 横浜スタジアム 関西学院 慶應義塾
14 1983年 阪急西宮球技場 関西学院
慶應義塾
(両校優勝)
15 1984年 駒沢第二球技場 関西学院 日大三
16 1985年 ユニバー記念競技場 関西学院 日大櫻丘
17 1986年 駒沢第二球技場 早大高等学院 関西学院
18 1987年 長居球技場 日大鶴ヶ丘 大阪産業大附
19 1988年 横浜スタジアム 法政二 関西大倉
20 1989年 東京ドーム 法政二 関大一
21 1990年 長居球技場 日大鶴ヶ丘 大阪産業大附
22 1991年 東京ドーム 箕面自由学園 早大高等学院
23 1992年 長居球技場 法政二 関西大倉
24 1993年 東京ドーム 関西学院 中大附
25 1994年 長居球技場 大阪産業大附 中大附
26 1995年 東京ドーム 関西学院 法政二
27 1996年 長居球技場 日大三 関西大倉
28 1997年 川崎球場 関大一 日大三
29 1998年 長居球技場 関大一 中大附
30 1999年 川崎球場 大阪産業大附 駒場学園
31 2000年 長居球技場 大阪産業大附 法政二
32 2001年 味の素スタジアム 大阪産業大附 中大附
33 2002年 長居球技場 大阪産業大附 日大三
34 2003年 味の素スタジアム 関西学院 日大三
35 2004年 王子スタジアム 関西学院 日大三
36 2005年 味の素スタジアム 慶應義塾 大阪産業大附
37 2006年 王子スタジアム 日大三 関西大倉
38 2007年 味の素スタジアム 大阪産業大附 早大高等学院
39 2008年 王子スタジアム 大阪産業大附 早大高等学院
40 2009年 味の素スタジアム 日大三 立命館宇治
41 2010年 王子スタジアム 早大高等学院 関西学院
42 2011年 横浜スタジアム 早大高等学院
大阪産業大附
(両校優勝)
43 2012年 王子スタジアム 早大高等学院 関西学院
44 2013年 味の素スタジアム 早大高等学院 立命館宇治
45 2014年 キンチョウスタジアム 関西学院 早大高等学院
46 2015年 横浜スタジアム 関西学院 早大高等学院
47 2016年 キンチョウスタジアム 佼成学園 関西学院
48 2017年 富士通スタジアム 佼成学園 関大一
49 2018年 長居第2陸上競技場 佼成学園 立命館宇治

出場校毎の戦績編集

優勝回数順、成績の同じものは出場の古い順。校名は全て現在のものに統一。

学校名 出場回数 優勝回数 準優勝数
関西学院 24 18 6
大阪産業大附 11 8 3
早大高等学院 11 5 6
日大三 8 3 5
法政二 6 3 3
関大一 5 3 2
佼成学園 3 3 0
慶應義塾 4 3 1
駒場学園 4 2 2
日大鶴ヶ丘 2 2 0
箕面自由学園 1 1 0
日大櫻丘 5 0 5
関西大倉 5 0 5
中大附 4 0 4
立命館宇治 3 0 3
東海大浦安 1 0 1

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集