メインメニューを開く

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

神戸総合運動公園陸上競技場(こうべそうごううんどうこうえんりくじょうきょうぎじょう)は、兵庫県神戸市須磨区神戸総合運動公園内にある多目的競技場。愛称ユニバー記念競技場(ユニバーきねんきょうぎじょう)。施設は神戸市が所有し、神戸市公園緑化協会が指定管理者として運営管理を行っている。

神戸総合運動公園陸上競技場
"ユニバー記念競技場"
151017 Kobe Universiade Memorial Stadium Kobe Japan02n.jpg
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場の位置(神戸市内)
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
施設情報
所在地 兵庫県神戸市須磨区緑台
位置 北緯34度40分55.7秒 東経135度4分48.98秒 / 北緯34.682139度 東経135.0802722度 / 34.682139; 135.0802722座標: 北緯34度40分55.7秒 東経135度4分48.98秒 / 北緯34.682139度 東経135.0802722度 / 34.682139; 135.0802722
開場 1985年
所有者 神戸市
運用者 神戸市公園緑化協会
グラウンド 天然芝
使用チーム、大会
1985年夏季ユニバーシアード
ヴィッセル神戸(不定期)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ(不定期)
兵庫リレーカーニバル
全日本高等学校女子サッカー選手権大会
収容能力
45,000人(当初60,000人)
バックスタンドを見る

目次

概要編集

1985年夏季ユニバーシアードの開催に合わせ、神戸市須磨区の山林を切り開いて整備された神戸総合運動公園内に、神戸市によりオリンピック誘致を視野に入れて建設されたスタジアムである。 かつての建設予定地では、ドラマ『西部警察 PART-III』第48話のロケが行われた。

神戸市の条例上の施設名称は前述の通り、神戸総合運動公園陸上競技場だが[1]、ユニバーシアード開催を契機に愛称「ユニバー記念競技場」が付与され、現在に至る。

近年では、2006年のじぎく兵庫国体のじぎく兵庫大会のメインスタジアムとしても使用。また、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するヴィッセル神戸が、1995年 - 2002年までホームスタジアムとして利用していた。ヴィッセルのJ参入以前はガンバ大阪Jリーグ開幕直後に準本拠地にしていた。

御崎公園球技場(現:ノエビアスタジアム神戸)が完成し、ヴィッセルは2003年よりホームスタジアムを移転したが、これ以降もリーグ戦(J1・J2)のホームゲームを年間1~3試合開催している。また、女子サッカーのINAC神戸レオネッサがホームゲームを開催するほか、年間を通して中高生の陸上競技大会に使用されている。

のじぎく兵庫国体に合わせて、これまでの電球式電光掲示板に変わってフルカラーLEDのパナソニックアストロビジョンや、陸上競技用のコンピューターシステムもマットathle32陸上競技大会運営システム、球技表示システムもフィールドビジョンプロが導入された。

 
ユニバー記念競技場のパノラマ写真

施設概要編集

  • バックスタンドは2層式となっている。2階席は、使われる機会が少なく、Jリーグやサッカー日本代表の試合など、多数の来場が見込まれるとき以外ほとんど開放しない。
  • 陸上競技サッカーアメリカンフットボールラグビーなどに対応できる。
  • アストロビジョンとナイター照明設備3機(メインスタンドは屋根と一体化、バックスタンドは鉄塔式)を設置。
  • 陸上競技トラック9レーン(2004年トラック改装で8レーンから変更)、天然芝ピッチがある。
  • 周辺には、補助トラック(第4種トラック。6レーン)と野球場、同サブ球場、グリーンアリーナ神戸がある。

開催イベント編集



交通アクセス編集

特記事項編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集