メインメニューを開く

クレージー大作戦』(クレージーだいさくせん)は、1966年に製作されたクレージーキャッツ主演映画。製作は東宝と渡辺プロダクション。同年春に日本公開されたイタリア映画『黄金の七人』を意識し、クレージーのメンバー7人それぞれのキャラクターを活かし、かつストーリー上において意味のある役割を持たせるよう配慮された、サスペンス・アクション喜劇となっている。ストーリーの骨子となるプロット作成には、脚本担当としてクレジットされている4名の他、中原弓彦(小林信彦)、メガホンをとった古澤憲吾らも参加して綿密なブレーンストーミングが行なわれ、それを最終的に田波靖男がまとめあげた[2]東宝クレージー映画を支えた古澤憲吾・坪島孝の両監督が、メインスタッフとして共に関わった唯一の作品でもある。同時上映は『喜劇 駅前競馬』。

クレージー大作戦
監督 古澤憲吾
脚本 笠原良三
池田一朗
田波靖男
坪島孝
製作 渡辺晋
出演者 植木等
ハナ肇
野川由美子
音楽 山本直純
萩原哲晶
撮影 永井仙吉
編集 黒岩義民
配給 東宝
公開 日本の旗 1966年10月29日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 1億9230万円[1]
前作 クレージーだよ奇想天外
次作 クレージーだよ天下無敵
テンプレートを表示

ストーリー編集

悪人たちから悪銭を巻き上げることを商売とする石川五郎は、白昼堂々、銀座の宝石店で強盗を働いて自ら逮捕され、砂走刑務所へとやって来る。石川の目的は、この刑務所に収容されている金庫破りの天才・大平久の協力を得て、“頭取”と呼ばれる日本の暗黒街のボスが持つ10億円を手に入れることだった。石川は大平の所属する囚人バンドグループに参加し、バンドリーダーで刑務所の看守である加古井守の表彰式後に行われた、養老院での慰問演奏の真っ最中に、大平や他のメンバーと共に脱走、追ってきた加古井をそのまま仲間に引き込んでしまう。そして“頭取”の持つ10億を狙う、世紀の大作戦が始まった!

スタッフ編集

キャスト編集

挿入歌編集

 
中盤、クレージーが「大作戦マーチ」を歌った場所である「玄岳」の近辺
「たるんどる節」
作詞:青島幸男
作曲:萩原哲晶
:植木等
「民謡メドレー〜シビレ節」 
民謡
シビレ節=作詞:青島幸男・作曲:宮川泰
歌:クレージーキャッツ
骨まで愛して
作詞:川内和子(川内康範
作曲:文れいじ(北原じゅん
歌:谷啓 ※城卓矢のヒット曲。酔っ払ったふりをして、アカペラで歌う
「大作戦マーチ」
作詞:青島幸男
作曲:萩原哲晶
歌:クレージーキャッツ
「音楽コント-トルコ行進曲」
作曲:モーツァルト
構成:谷啓

脚注編集

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)230頁
  2. ^ キネマ写真館:作品詳細「クレージー大作戦」。なお、小林信彦の著書『植木等と藤山寛美』(1992年新潮社ISBN 4103318171)によると、小林は古澤監督らとの脚本の手直し、および(主にクライマックス部分への)アイデアを提供する形で関わったという。

関連項目編集

  • 伊豆富士見ランド - ロケ地。開園直後に本作が製作された。敷地内にあった「太陽の鐘」(作・岡本太郎)も、短時間ではあるが映り込んでいる。
  • 渋谷駅 - 駅周辺も含め、ロケに多用された。なおハチ公口前には、劇中登場したものと同一の車両である、初代東急5000系デハ5001号車(青ガエル)の先頭車両が2006年に設置され、静態保存されている。この「5001号車」が劇中に登場することは、本作収録のDVDが付属された『東宝 昭和の爆笑喜劇 DVDマガジン』第20号(2013年・講談社)掲載のコラム「泉麻人のソコモド!! (20) クレージーが乗る東横線」の文中、筆者である泉により指摘されている。
  • 京王百貨店 - 新宿店の屋上遊園地(2015年現在「スカイプレイランド」として現存する)が、ロケ地として登場。

外部リンク編集