メインメニューを開く

野村 浩三 (のむら こうぞう、1931年12月22日[1] - )は、日本俳優東京府北豊島郡練馬町(のちの東京都練馬区)出身。明治大学商学部卒。

本名:尾棹 一浩(おさお かずひろ / おざお かずひろ[2][1][3]。旧芸名:野村 明司(のむら あきじ)[3]

来歴編集

劇団俳優座第3期生。同期には愛川欽也江幡高志塚本信夫穂積隆信本郷淳などがいる。本名でデビューののち[3]、野村浩三を経て[3][4]、野村明司の名義で活動した[3]

松竹東宝に所属し、1958年公開の東宝特撮映画『大怪獣バラン』(本多猪四郎監督)で生物学者・魚崎健二役で主演。主役はこの作品だけであったが、特撮映画には多数出演し、欠かせない存在となっている。

テレビドラマでは1966年、『ウルトラQ』第22話「変身」でモルフォ蝶の鱗粉を浴びて巨大化する男・浩二役を演じた。

現在は俳優業を引退している。

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

舞台編集

  • からす
  • 最後の一兵
  • 女人の館(1954年)丹野周一郎
  • 大和撫子

その他編集

  • 眠り男セザレ(1954年)※演出

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 野村浩三 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2017年10月17日閲覧。
  2. ^ 尾棹一浩 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2017年10月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e 野村浩三”. 映画データベース. 東宝. 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月17日閲覧。
  4. ^ 新婚白書”. Movie Walker. 2017年10月17日閲覧。 “「女人の館」の尾棹一浩改め野村浩三(作品情報)”

外部リンク編集