メインメニューを開く

ラ・ヌエバ・グアテマラ・デ・ラ・アスンシオン西: La Nueva Guatemala de la Asunción)は、グアテマラ首都かつ最大の都市。都市名はスペイン語で「聖母被昇天の新グアテマラ」を意味するが、通例は単にグアテマラと呼ばれ、国名と区別する場合は「市」に相当する単語を付けてシウダ・デ・グアテマラ (Ciudad de Guatemala) とも呼ばれる。日本では英語名のグアテマラシティGuatemala City)と呼ばれるのが一般的で、日本国外務省の各国・地域情勢でも首都は「グアテマラシティー」と記載されている[1]

ラ・ヌエバ・グアテマラ・
デ・ラ・アスンシオン

La Nueva Guatemala de la Asunción
グアテマラの旗
グアテマラシティ
グアテマラシティ
ラ・ヌエバ・グアテマラ・ デ・ラ・アスンシオンの市旗 ラ・ヌエバ・グアテマラ・ デ・ラ・アスンシオンの市章
市旗 市章
愛称 : Guate
標語 : "Tu eres la ciudad"
位置
グアテマラシティの位置の位置図
グアテマラシティの位置
座標 : 北緯14度37分22秒 西経90度31分53秒 / 北緯14.62278度 西経90.53139度 / 14.62278; -90.53139
歴史
建設 1773年
行政
グアテマラの旗 グアテマラ
  グアテマラ県
 市 ラ・ヌエバ・グアテマラ・
デ・ラ・アスンシオン
市長 Álvaro Arzú
地理
面積  
  市域 692 km2
標高 1,533 m
人口
人口 2006年現在)
  市域 1,010,253人
その他
等時帯 UTC-6 (UTC-6)
公式ウェブサイト : Municipalidad de Guatemala

グアテマラシティは中央アメリカ屈指の世界都市であり、人口は200万人(都市圏では450万人)を上回るほどと推定される。グアテマラの中央部の南にある谷に位置しており、ときに空気が濃縮され、大気汚染がおこる。

概要編集

 
グアテマラシティ

グアテマラシティは、グアテマラの経済・政治・文化の中心であり、また中央アメリカにおける最大の都市でもある。標高約1500mの高原地帯に位置しており、緯度的に熱帯気候に区分されるグアテマラの中では1年を通じて比較的過ごしやすい気候である。市には国立考古学民族博物館 (Museo Nacional de Arqueologia y Etnologia) やポポル・ブフ博物館 (Museo Popol Vuh)、国立近代美術館 (Museo Nacional de Arte Moderno) など30を超える美術館と博物館があり、いくつかの優れた先コロンブス期のコレクションが見出される。グアテマラシティには5つの大学があり、そのなかでもサン・カルロス大学 (Universidad de San Carlos) は、アメリカ大陸で三番目に古い大学である。

グアテマラシティには旧市街と新市街の2つの地区があり、15の行政区 (Zona1-Zona15) に分けられている。旧市街地区の中心はZona1、Zona3、Zona5周辺であり、中央市場やカテドラル、国立劇場などがある。また、隣接するZona4には周辺一帯にバス会社各社の発着場が集中するバスターミナル地区があり、国内各地や周辺国への長距離バスが数多く発着している。新市街地区の中心はZona9、Zona10周辺であり、政府機関や各国大使館、高級ホテルなどがこの地区に集中している。なお、Zona10は、特に「Zona Viva」の愛称でも呼ばれている。

気候編集

ケッペンの気候区分ではサバナ気候(Aw)に属する。

グアテマラシティ(1990–2011年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 30.0
(86)
32.1
(89.8)
32.0
(89.6)
33.9
(93)
33.9
(93)
31.2
(88.2)
29.1
(84.4)
30.2
(86.4)
29.8
(85.6)
28.6
(83.5)
29.9
(85.8)
28.8
(83.8)
33.9
(93)
平均最高気温 °C (°F) 24.3
(75.7)
25.8
(78.4)
26.8
(80.2)
27.8
(82)
27.1
(80.8)
25.8
(78.4)
25.4
(77.7)
25.5
(77.9)
25.1
(77.2)
24.7
(76.5)
24.2
(75.6)
23.9
(75)
25.5
(77.9)
平均最低気温 °C (°F) 13.2
(55.8)
13.6
(56.5)
14.6
(58.3)
16.0
(60.8)
16.8
(62.2)
16.8
(62.2)
16.3
(61.3)
16.5
(61.7)
16.4
(61.5)
16.0
(60.8)
14.7
(58.5)
13.7
(56.7)
15.4
(59.7)
最低気温記録 °C (°F) 6.0
(42.8)
7.8
(46)
8.4
(47.1)
8.6
(47.5)
12.3
(54.1)
11.2
(52.2)
12.1
(53.8)
13.5
(56.3)
13.0
(55.4)
11.4
(52.5)
9.4
(48.9)
7.6
(45.7)
6.0
(42.8)
雨量 mm (inch) 2.8
(0.11)
5.4
(0.213)
6.0
(0.236)
31.0
(1.22)
128.9
(5.075)
271.8
(10.701)
202.6
(7.976)
202.7
(7.98)
236.6
(9.315)
131.6
(5.181)
48.8
(1.921)
6.6
(0.26)
1,274.8
(50.188)
平均降雨日数 1.68 1.45 2.00 4.73 12.36 21.14 18.59 19.04 20.82 14.59 6.18 2.64 125.22
湿度 74.3 73.4 73.2 74.3 77.3 82.4 80.8 80.9 84.5 82.0 79.2 76.0 77.8
平均月間日照時間 248.4 236.2 245.6 237.9 184.4 155.3 183.4 191.8 159.0 178.0 211.7 209.2 2,440.9
出典: Instituto Nacional de Sismologia, Vulcanologia, Meteorologia, e Hidrologia[2]

歴史編集

現在のグアテマラシティは古代マヤ文明の大都市カミナルフュー (Kaminaljuyu) のあった場所の近郊に建設された。カミナルフュの歴史は先古典期中期の2000年前までさかのぼり、メキシコ中央高原のテオティワカンと交易をもっていたことが知られる。カミナルフュの中心部は、グアテマラシティ旧市街から少し離れたところに位置していた。1980年代から、グアテマラシティの市域は遺跡のあったところにまで拡張した。そしていくつかの場合には、遺跡の保護が市域の拡大に追いつかない場合もあった。カミナルフュの中心であった儀式が行われた場所は、現在は市中であり、公園になっている。

スペインの植民地であった時代には、グアテマラシティはエル・カルメンという名の小さな町であった。この町は1620年に創建され、小さな修道院があった。1773年に、当時のスペイン植民地政府の首都であるアンティグア・グアテマラが地震による壊滅的な被害を受けたことに伴い、1775年にスペイン植民地の中央アメリカの首都は、アンティグア・グアテマラからグアテマラシティへと遷都された。その結果市が大きく拡大することになったのである。

19世紀初頭にグアテマラ総統府が独立し、ついで中米連邦が結成されると、グアテマラシティはその第一の首都となった。中米連邦が崩壊し、グアテマラが独立した主権国家であることを宣言すると、グアテマラシティは新生グアテマラ共和国の首都となった。

文化編集

近郊編集

交通編集

航空編集

市内交通編集

鉄道編集

  • FVG(Ferrovías Guatemala、グアテマラ鉄道): RDC(Railroad Development Corporation、鉄道開発会社)の子会社。2007年に運行を停止して以降、現在は旅客、貨物共に鉄道運行は無い。

姉妹都市編集

脚注編集

  1. ^ グアテマラ共和国>基礎データ(外務省)
  2. ^ Ministerio de comunicaciones Infraestructura y Vivienda”. 2012年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集