グラディス・ナイト

グラディス・ナイトGladys Knight1944年5月28日 - )は、アメリカジョージア州アトランタ出身の黒人女性歌手。「グラディス・ナイト&ザ・ピップス」として1960年代-1970年代にかけて人気を誇り、1996年ロックの殿堂入りを果たした。

グラディス・ナイト
Gladys Knight
Gladys Knight 1997.jpg
グラディス・ナイト(1997年)
基本情報
出生名 Gladys Maria Knight
別名 The Empress of Soul
生誕 (1944-05-28) 1944年5月28日(76歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ジョージア州アトランタ
ジャンル ソウルミュージックR&Bゴスペル
職業 歌手、ソングライター、女優
担当楽器 ボーカル、ピアノ
活動期間 1952年 -
共同作業者 ザ・ピップス
グラディス・ナイト(1969年)

ソウルの女帝(The Empress of Soul)の異名を持ち、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第51位[1]

概要編集

7歳のときにのど自慢大会で優勝したのをきっかけに、兄弟といとことでピップスを結成する。1961年にデビューし、R&B界で数々のヒットを放ったが、飛躍を求めて1966年モータウンと契約。1967年の「悲しいうわさ(I Heard it Through the Grapevine)」が全米2位を記録し、幅広い人気を獲得した。1973年にはブッダ・レーベルに移籍、「夜汽車よ! ジョージアへ(Midnight Train to Georgia)」は全米1位を記録する最大のヒットとなり、その後もヒットを連発して人気はピークを迎えた。

しかし、レコード会社との契約の問題からピップスとの活動が凍結していまい、しばらくはソロ活動を余儀なくされるが、1986年ディオンヌ・ワーウィックエルトン・ジョンスティーヴィー・ワンダーと共演した「愛のハーモニー」の大ヒットで再び脚光を浴び、ピップスも復活した。

1989年に公開された映画『007 消されたライセンス』の主題歌「License To Kill」はイギリスの『ミュージック・ウィーク』誌では、最高位6位を獲得した。

1996年に「グラディス・ナイト&ザ・ピップス」としてロックの殿堂入りを果たし、授賞式でのプレゼンターをマライア・キャリーが務めた。

1990年代以降はソロとして精力的に活動を続け。2002年には、グラミー賞の最優秀トラディショナルR&B歌唱賞を獲得している。

2019年2月3日、地元アトランタのメルセデスベンツ・スタジアムで行われた第53回スーパーボウルにて国歌独唱を行う。

日本公演編集

1月22日 中野サンプラザ、23日 東京郵便貯金会館、26日 フェスティバルホール、28日 中野サンプラザ
3月10日 渋谷公会堂、11日 神奈川県立県民ホール、12日 中野サンプラザ、14日,23日 東京厚生年金会館

ディスコグラフィ編集

ビルボード・ナンバーワン・R&Bアルバム編集

  • 『さよならは悲しい言葉』 - Neither One of Us (1973年) ※グラディス・ナイト&ザ・ピップス名義
  • 『イマジネーション』 - Imagination (1973年) ※グラディス・ナイト&ザ・ピップス名義
  • 『クローディン』 - Claudine (1974年) ※グラディス・ナイト&ザ・ピップス名義
  • 『アイ・フィール・ア・ソング』 - I Feel a Song (1974年) ※グラディス・ナイト&ザ・ピップス名義
  • 『オール・アワ・ラヴ』 - All Our Love (1987年) ※グラディス・ナイト&ザ・ピップス名義
  • 『グッド・ウーマン』 - Good Woman (1991年)

脚注編集

  1. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Gladys Knight”. 2013年5月26日閲覧。

外部リンク編集