メインメニューを開く

グリズリー』(原題:Grizzly)は、『ジョーズ』の大ヒットを受けて製作された1976年アメリカ映画国立公園に出現した巨大なハイイログマの恐怖を描く。監督のウィリアム・ガードラーは、さらに『エクソシスト』に影響された『マニトウ』を作り、大ヒット作品のエピゴーネン作品を二つも作った人物として記憶されている。

グリズリー
Grizzly
監督 ウィリアム・ガードラー
脚本 ハーヴェイ・フラックスマン
デヴィッド・シェルドン
製作 ハーヴェイ・フラックスマン
デヴィッド・シェルドン
製作総指揮 エドワード・L・モントロ
出演者 クリストファー・ジョージ
アンドリュー・プライン
リチャード・ジャッケル
音楽 ロバート・O・ラグランド英語版
撮影 ウィリアム・アズマン
配給 コロムビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1976年5月16日
日本の旗 1976年7月3日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
配給収入 5億9000万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

目次

キャスト編集

吹替その他:安田隆青山淑子

日本語吹替はテレビ東京系「木曜洋画劇場」にて放映、2009年にスティングレイより発売されたDVDは、この音源を使用。

オリジナル サウンドトラック編集

  • グリズリー(2018年10月1日、レーベル:DRAGONより初CD化で発売。品番:DDR609)

あらすじ編集

国立公園の森林地帯で二人の女性キャンパーが惨殺された。パーク・レンジャーのチーフであるケリーは検死の結果、犯人が飢えた熊であることを知るが、動物行動学者のスコットはもっと獰猛かつ凶暴な巨大ハイイログマ(グリズリー)の仕業だと断定する。だがグリズリーの存在を否定する公園管理者のキトリッジは、ケリーやスコットの警告に全く耳を貸さない。グリズリーによる犠牲者が次々と増えていく中、ケリーとスコットはベトナム帰りのヘリパイロットであるドンの協力を得てグリズリー退治に乗り出すのだが……。

『ジョーズ』の影響編集

1975年夏(日本では年末)に公開された、人喰い鮫の恐怖を描いた『ジョーズ』は世界的に大ヒットとなり、これ以降様々な生物が人間を襲うパニック映画が量産されることになる(それまでもヒッチコック監督の『』など、特定の生物が人間を襲う作品は存在したが、ここまでのブームとなる作品はなかった)。その中でも先陣を切って製作・公開されたのが本作。舞台を海から山へ変えた上で、物語の運びや登場人物の関係など多くの部分で『ジョーズ』の骨格をそのまま用いている。特に、ヘリ・パイロットのドンが語る「グリズリーの群れに襲われ全滅した先住民族」のエピソードなどは、『ジョーズ』でロバート・ショウ扮する漁師のクイントが語る「巡洋艦インディアナポリス号の惨劇」をあからさまに模倣している。

実際はかなりの低予算映画だが、タイトルやメインビジュアルのインパクトも手伝い、便乗企画ながら世界中でヒットを飛ばし、『ハロウィン』(1978年)の登場まで“最も成功したインディペンデント映画”と呼ばれていた。特に日本では驚異的な売り上げとなり、1976年の外国映画興行成績で第8位(配収5億9千万)を記録した。

ちなみに1970年代後半『ジョーズ』の影響下で製作された同傾向の映画(アニマル・ホラー、動物パニック、生物パニックなどと呼称されるジャンル)には以下のような作品が存在する。

脚注編集

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)342頁

関連項目編集

外部リンク編集