栗葉子

日本の女性声優

栗 葉子(くり ようこ、1938年9月21日[1] - )は、日本女優声優東京都出身[3]劇団河所属[3]。本名・旧芸名は村田 豊子(むらた とよこ)[3]

くり ようこ
栗 葉子
プロフィール
本名 村田 豊子
(むらた とよこ)
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京都
生年月日 (1938-09-21) 1938年9月21日(84歳)
血液型 A型[1]
職業 声優女優
事務所 劇団河
公称サイズ([2]時点)
身長 / 体重 156 cm / 45 kg
声優活動
活動期間 1960年 -
ジャンル アニメ吹き替え
デビュー作 『走れチェス』
女優活動
活動期間 1960年代 -
ジャンル テレビドラマ
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

代表作に『ど根性ガエル』の吉沢京子役、『みなしごハッチ』のハッチ役、『小さなバイキングビッケ』のビッケ役などがある[1][4]

略歴・人物編集

1958年東京都立富士高等学校を卒業後、NHK俳優養成所へ入所[2][5][6]1960年、同養成所卒業生により立ち上げられた劇団三十人会のメンバーの一人に加わり[7]、後に河の会(劇団河)に移籍。

1960年NHK総合テレビで放送されたアメリカドラマ『走れチェス』の主人公、ベルベット役で声優デビュー[8]

声種ソプラノ[5]。NHKの学校放送や幼児番組、テレビアニメに多く出演し活動[6]。幼女から成人女性、少年役までこなした。

趣味・特技は歌謡、洋舞[5]

出演作品編集

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

1966年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1978年
1980年
1981年
1982年
1986年

劇場アニメ編集

1967年
1970年
1971年
1981年
1982年
1988年

吹き替え編集

洋画編集

海外ドラマ編集

海外アニメ編集

特撮編集

1967年
  • ウルトラセブン第7話「宇宙囚人303」キャシー・ホーラン(ガソリンスタンドの女性客役)の声
1968年
  • ウルトラセブン 第19話「プロジェクト・ブルー」リンダ・マルソン(グレイス・ミヤベ役)の声
1970年
1971年
  • チビラくん(ユキンボの声、大怪獣の声、アギラの声)
1976年
1977年
1979年
1984年

その他編集

出典編集

  1. ^ a b c 栗葉子(くりようこ)の解説”. goo人名事典. 2020年1月25日閲覧。
  2. ^ a b 『日本タレント名鑑(1986年版)』VIPタイムズ社、1986年、332頁。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、394頁。ISBN 4-87376-160-3 
  4. ^ “伊藤沙莉さん「素敵な役に出会えたことが全て」映画『小さなバイキング ビッケ』インタビュー”. 映画ログプラス. (2020年10月2日). https://tokushu.eiga-log.com/interview/54777.html 2022年3月15日閲覧。 
  5. ^ a b c 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、80頁。 
  6. ^ a b “スターフラッシュ”. 静岡新聞. (1972年) 
  7. ^ “劇団『三十人会』のひとびと”. NHK (NHKサービスセンター). (1961-06-15). 
  8. ^ ジ・アニメ特別編集『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、58頁。
  9. ^ 遊星仮面”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月11日閲覧。
  10. ^ パーマン”. メディア芸術データベース. 2016年10月10日閲覧。
  11. ^ 忍風カムイ外伝”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月11日閲覧。
  12. ^ ミラクル少女リミットちゃん”. 東映アニメーション. 2016年6月14日閲覧。
  13. ^ 小さなバイキングビッケ”. メディア芸術データベース. 2016年12月7日閲覧。
  14. ^ 乾直明『外国テレビフィルム盛衰史』晶文社、1990年、p.571

外部リンク編集