ケロニエロン[3]Cheloniellon[2])はデボン紀に生息したケロニエロン類化石節足動物の1属。ドイツのデボン紀の地層フンスリュック粘板岩Hunsrück Slate)から発見される Cheloniellon calmani という1種のみによって知られる[4]

ケロニエロン
生息年代: 400 Ma
20200415 Cheloniellon calmani.png
ケロニエロンの復元図
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
デボン紀
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : Artiopoda [1]
上綱 : Vicissicaudata [1]
: ケロニエロン目 Cheloniellida
: ケロニエロン科 Cheloniellidae
: ケロニエロン属 Cheloniellon
学名
Cheloniellon
Broili 1932 [2]
タイプ種
Cheloniellon calmani
Broili 1932

形態編集

体長は付属肢を除いて最大20cmほどあると推測され[4]、平たい円盤状の節足動物である。付属肢はほぼ全てが幅広い体の下に覆われる。

背板編集

頭部をも含めて体は前後で11枚の背板(tergites)に分かれ、目立てない最終の背板を除いてその全てが左右に向けて大きく張り出し、楕円形の輪郭を描く。各背板の境目は前後ほどその方向に向けて湾曲し、放射状となる。最初の背板の背側には、1対の腎臓型の眼がある[4]。最初の背板は先節と直後5つの体節の癒合でできた合体節で、残り10枚の背板はそれぞれ1つの体節を表すとされる[4]

外見上では背板のうち1枚目が頭部で残り10枚が胴部に見えるが、2枚目の背板に対応する付属肢は直前の頭部付属肢と同形の顎基型付属肢である(後述参照)。そのため、頭部(cephalon)は最初の1枚だけでなく2枚目の背板をも含んでおり、胴部は残り9枚の背板に当たる[4]。また、前述の頭部を更に触角と第2付属肢をもつ前頭域[5](procephalon)と顎基型付属肢をもつ顎頭域[5](gnathocephalon)で区別する見解もある[6]。1978年の再記述では体の終端に棒状の尾節があると推測される[4]が、化石に見当たらず、その存在は否定的とされる[6]

付属肢と口編集

ケロニエロンの前部の腹面構造の模式図。全ての頭部付属肢および前2対の胴部付属肢が見られる。暗灰色:付属肢構造、Ant/黄色:触角、Pap/緑色:第2頭部付属肢、Est:感覚毛らしい構造、Lbr/赤色:上唇、Gap/水色:顎基型付属肢、Gn:顎基、Tap/青色:胴部付属肢、Ex: 外肢、Te:背板

付属肢関節肢)として1対の触角・1対の特化した第2付属肢・4対の顎基型付属肢という計6対の頭部付属肢と、8対の二叉型付属肢・1対の尾毛という計9対の胴部付属肢が知られる。は棘をもつ1枚の小さな上唇に覆われ、特化した付属肢と第1対の顎基型付属肢の間に配置される。

糸状の触角の直後にある第2付属肢は基部が頑丈で棘と感覚毛(esthetasc)らしい毛束があり、複雑な関節により高い可動域をもっていたと考えられる[4]。口の直後にある4対の付属肢は後方ほど発達した歩脚型で、基部は重なり合った鋸歯状の顎基(gnathobase)となる[4]。この6対の付属肢のうち、前5対(触角+第2付属肢+前3対の顎基型付属肢)は眼をもつ1枚目の背板に対応で、第6対(最後の顎基型付属肢)は2枚目の背板に対応していた[4]

それに続く8対の付属肢はそれぞれ第3-10枚目の背板に対応しており、脚先に剛毛がある長い歩脚型の内肢と、外縁に剛毛を生えたヒレ状の短い外肢をもつ二叉型である[4]。体の後端にある1対の長い尾毛(furcae[6] または furcal rami[4])は、目立てない11枚目の背板に対応していた[4]

生態編集

ケロニエロンは底生性の捕食者であり[7]、口の直後にある4対の顎基で餌を粉砕でき、上唇の棘は餌を口の所へと導いていたと考えられる[4]。触角直後の第2付属肢は棘があり、一見では捕獲に適した形態をもつが、先端は貧弱で基部も感覚毛らしい構造をもつため、むしろ餌の位置と性質を確認するのに用いられる感覚器ではないかと考えられる[4]。胴部付属肢の内肢で海底を徘徊し[4]、外肢で呼吸していたと考えられる[6]

分類編集

ケロニエロンはドゥスリアNeostrabopsXus などと共にケロニエロン類(cheloniellids、ケロニエロン目 Cheloniellida)という化石節足動物のグループに分類される。ケロニエロン類の系統位置は議論的であり、20世紀では三葉虫鋏角類に近縁と考えられてきた[2][4]が、2000年代をはじめとする系統解析ではケロニエロン類はArtiopoda類(三葉虫・光楯類などを含んだ大きな分類群)に含まれ[8][9]、2010年代に至ってはその中で光楯類などと共にVicissicaudata類を構成する説が有力視される[10][1][11]

ケロニエロン属は Cheloniellon calmani という1種のみによって知られる。同じくフンスリュック粘板岩から発見され、胴部の化石のみによって知られる Bundenbachiellus giganteus をケロニエロンの不完全な胴部化石と見なす見解はあったが[4]、否定的とされる[12]

脚注編集

  1. ^ a b c Lerosey-Aubril, Rudy; Zhu, Xuejian; Ortega-Hernández, Javier (2017-09-11). “The Vicissicaudata revisited – insights from a new aglaspidid arthropod with caudal appendages from the Furongian of China” (英語). Scientific Reports 7 (1): 1–18. doi:10.1038/s41598-017-11610-5. ISSN 2045-2322. https://www.nature.com/articles/s41598-017-11610-5. 
  2. ^ a b c BROILI, F. (1932): Ein neuer Crustacee aus dem rheinischen Unterdevon. - Sitzungsber. bayer. Akad. Wiss.: 27-38; München.
  3. ^ Gould, Stephen Jay; 渡辺, 政隆 (2000) (Japanese). ワンダフル・ライフ: バージェス頁岩と生物進化の物語. ISBN 978-4-15-050236-2. OCLC 676428996. https://www.worldcat.org/title/wandafuru-raifu-bajiesu-ketsugan-to-seibutsu-shinka-no-monogatari/oclc/676428996 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Stürmer, Wilhelm; Bergström, Jan (1978-06-01). “The arthropod Cheloniellon from the devonian hunsrück shale” (英語). Paläontologische Zeitschrift 52 (1): 57–81. doi:10.1007/BF03006730. https://doi.org/10.1007/BF03006730. 
  5. ^ a b 椎野, 季雄 (1963) (日本語), 甲殻類系統発生雑記(動物分類学会シンポジウム講演要旨), 日本動物分類学会, doi:10.19004/jsszc.28.0_7, https://doi.org/10.19004/jsszc.28.0_7 2020年4月22日閲覧。 
  6. ^ a b c d Wendruff, Andrew J.; Babcock, Loren E.; Mikulic, Donald G.; Kluessendorf, Joanne (2018-09-07). “New cheloniellid arthropod with large raptorial appendages from the Silurian of Wisconsin, USA” (英語). bioRxiv: 407379. doi:10.1101/407379. https://www.biorxiv.org/content/10.1101/407379v3-0. 
  7. ^ Rust, Jes; Bergmann, Alexandra; Bartels, Christoph; Schoenemann, Brigitte; Sedlmeier, Stephanie; Kühl, Gabriele (2016-03-01). “The Hunsrück biota: A unique window into the ecology of Lower Devonian arthropods” (英語). Arthropod Structure & Development 45 (2): 140–151. doi:10.1016/j.asd.2016.01.004. ISSN 1467-8039. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1467803916000050. 
  8. ^ Cotton, Trevor J.; Braddy, Simon J. (2003-09). “The phylogeny of arachnomorph arthropods and the origin of the Chelicerata” (英語). Transactions of the Royal Society of Edinburgh: Earth Sciences 94 (3): 169–193. doi:10.1017/S0263593300000596. ISSN 0263-5933. https://www.researchgate.net/publication/279900377_The_phylogeny_of_arachnomorph_arthropods_and_the_origin_of_Chelicerata. 
  9. ^ Lamsdell, James C.; Stein, Martin; Selden, Paul A. (2013-09). “Kodymirus and the case for convergence of raptorial appendages in Cambrian arthropods” (英語). Naturwissenschaften 100 (9): 811–825. doi:10.1007/s00114-013-1081-y. ISSN 0028-1042. https://www.researchgate.net/publication/253335405_Kodymirus_and_the_case_for_convergence_of_raptorial_appendages_in_Cambrian_arthropods. 
  10. ^ Ortega‐Hernández, Javier; Legg, David A.; Braddy, Simon J. (2013). “The phylogeny of aglaspidid arthropods and the internal relationships within Artiopoda” (英語). Cladistics 29 (1): 15–45. doi:10.1111/j.1096-0031.2012.00413.x. ISSN 1096-0031. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1096-0031.2012.00413.x. 
  11. ^ Du, Kun‐sheng; Ortega‐Hernández, Javier; Yang, Jie; Zhang, Xi‐guang (2019-06). “A soft‐bodied euarthropod from the early Cambrian Xiaoshiba Lagerstätte of China supports a new clade of basal artiopodans with dorsal ecdysial sutures” (英語). Cladistics 35 (3): 269–281. doi:10.1111/cla.12344. ISSN 0748-3007. https://www.researchgate.net/publication/325216697_A_soft-bodied_euarthropod_from_the_early_Cambrian_Xiaoshiba_Lagerstatte_of_China_supports_a_new_clade_of_basal_artiopodans_with_dorsal_ecdysial_sutures. 
  12. ^ Moore, Rachel A.; Briggs, Derek E. G.; Bartels, Christoph (2008-03-01). “The arthropod Bundenbachiellus giganteus from the Lower Devonian Hunsrück Slate, Germany” (英語). Paläontologische Zeitschrift 82 (1): 31–39. doi:10.1007/BF02988431. https://doi.org/10.1007/BF02988431. 

関連項目編集