メインメニューを開く

ゴッドスピード日本競走馬である。1999年中山大障害など平地競走障害競走を合わせて重賞を5勝し、1999年のJRA賞最優秀障害馬を受賞した。

ゴッドスピード[1]
欧字表記 Godspeed[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 1994年4月6日[1]
死没 2019年7月21日(25歳没)[2]
登録日 1996年5月23日
抹消日 2000年11月17日
ポリッシュネイビー[1]
プリティシルバー[1]
母の父 シルバーシャーク[1]
生国 日本の旗 日本北海道新冠町[1]
生産 川上悦夫[1]
馬主 近藤俊典
→坪野谷和平
→(有)トニー企画[1]
調教師 瀬戸口勉栗東
→田村光則(水沢[1]
競走成績
タイトル JRA賞最優秀障害馬(1999年)[1]
生涯成績 平地競走18戦3勝
障害競走19戦8勝[1]
獲得賞金 3億6424万6000円[1]
 
勝ち鞍
J・GI 中山大障害 1999年
GIII 小倉3歳S 1996年
GIII 府中3歳S 1996年
テンプレートを表示

目次

戦跡編集

初戦は16頭立ての14着と惨敗。3戦目からブリンカーを装着し、4戦目で逃げ切り初勝利を挙げた。続く小倉3歳ステークスは11頭立て単勝9番人気の低評価であったが、差し切り優勝。次走デイリー杯3歳ステークスでは13着に敗れたが、府中3歳ステークスでは前半1000m通過61.5の流れを3番手からの競馬で優勝[3]。しかし以降のクラシック三冠では苦戦し、東京優駿(日本ダービー)では最下位に敗れた。

1998年1月の平安ステークス7着を最後に障害入り。同年2月28日の障害3戦目で突如2着に3.7秒差をつける圧勝をみせ、格上挑戦した阪神障害ステークス(春)にも勝ち、6月6日のオープンまで、重賞2勝を含む5連勝を記録。しかし春秋連覇を狙った阪神障害ステークス(秋)では落馬してしまう。中山大障害(秋)も5着に敗れる。

1999年、障害オープン特別を連勝して復活をアピールするも、この年からのグレード制導入によりJ・GIとなった中山グランドジャンプでは不良馬場が影響したか9着に惨敗する。休養を挟み、復帰初戦の京都ハイジャンプではロードアトラスに4秒近く離された3着に終わったが、次走のJG1中山大障害で後に名ジャンパーとして一時代を築くゴーカイを直線の叩き合いの末ハナ差で差し切り優勝。同年、JRA賞最優秀障害馬を受賞。

その後は勝てず、2001年には地方・水沢競馬に移籍したが、2002年に引退。関係者の尽力もあって種牡馬入りし、宮城県大崎市の斎藤牧場に繋養。2019年7月21日、斎藤牧場にて死亡[2]。亡くなる数か月までは体調が芳しくなかったものの、亡くなった当日は体調が戻り他の繋養馬とともに放牧地に出たが、その後放牧地の一番高い場所で倒れているのが発見されたという[2]

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
1996 7. 13 小倉 新馬 16 12.2 (6人) 14着 福永祐一 52 芝1200m(良) 1.12.6 (37.6) 2.8 トーヨーリアル
7. 21 小倉 新馬 10 38.6 (7人) 6着 福永祐一 52 芝1200m(良) 1.12.7 (38.0) 2.2 プロスパーバイオ
8. 4 小倉 新馬 13 19.4 (4人) 2着 福永祐一 52 芝1200m(良) 1.11.3 (36.8) 0.4 キタサンフドー
8. 17 小倉 未勝利 11 5.1 (2人) 1着 福永祐一 52 ダ1000m(良) 1.00.3 (36.7) -0.2 (ダークブルー)
9. 1 小倉 小倉3歳S GIII 11 49.5 (9人) 1着 石橋守 53 芝1200m(稍) 1.11.3 (36.6) -0.1 (キタサンフドー)
10. 19 京都 デイリー杯3歳S GII 16 34.4 (9人) 13着 石橋守 53 芝1400m(良) 1.23.3 (37.3) 2.0 シーキングザパール
11. 17 東京 府中3歳S GIII 13 44.5 (8人) 1着 石橋守 54 芝1800m(良) 1.49.7 (35.6) -0.2 (スターマイサドル)
1997 2. 9 東京 共同通信杯4歳S GIII 13 18.4 (5人) 11着 石橋守 57 芝1800m(良) 1.49.5 (36.7) 2.0 メジロブライト
3. 2 中山 弥生賞 GII 14 22.4 (6人) 6着 石橋守 55 芝2000m(良) 2.03.5 (36.7) 1.3 ランニングゲイル
3. 23 阪神 毎日杯 GIII 14 10.4 (5人) 11着 石橋守 57 芝2000m(良) 2.04.8 (39.2) 1.5 テイエムトップダン
4. 13 中山 皐月賞 GI 18 127.3 (14人) 8着 石橋守 57 芝2000m(良) 2.02.6 (37.0) 0.6 サニーブライアン
6. 1 東京 東京優駿 GI 17 96.8 (15人) 17着 石橋守 57 芝2400m(良) 2.28.1 (36.6) 2.2 サニーブライアン
12. 7 阪神 ポートアイランドS OP 13 25.0 (11人) 13着 石橋守 55 芝1600m(良) 1.37.0 (37.1) 2.0 ベルウイナー
12. 21 阪神 六甲S OP 15 49.4 (11人) 14着 石橋守 55 芝2000m(良) 2.03.1 (38.4) 2.1 ヒダカブライアン
1998 1. 6 京都 平安S GIII 16 66.1 (12人) 7着 石橋守 52 ダ1800m(稍) 1.49.4 (36.9) 0.9 エムアイブラン
1. 31 京都 障害未勝利 13 2.6 (1人) 2着 西谷誠 57 障2910m(良) 3:16.5 (13.5) 2.2 マキハタゴールド
2. 14 京都 障害未勝利 14 2.6 (1人) 2着 西谷誠 57 障2910m(良) 3:15.9 (13.5) 0.1 ウエルビゼン
2. 28 阪神 障害未勝利 11 1.7 (1人) 1着 西谷誠 57 障3000m(良) 3:19.2 (13.3) -3.7 (テイエムオオジャ)
3. 14 阪神 阪神障害S(春) 11 2.5 (1人) 1着 西谷誠 56 障3150m(良) 3:25.5 (13.0) 0.0 (ニケスピリット)
4. 4 阪神 障害OP 11 1.7 (1人) 1着 西谷誠 59 障3150m(良) 3:29.1 (13.3) 0.0 (ニケスピリット)
5. 16 京都 京都大障害(春) 8 1.7 (1人) 1着 西谷誠 59 障3930m(良) 4.30.1 (13.7) -3.0 ノーザンレインボー
6. 6 中京 障害OP 8 1.1 (1人) 1着 西谷誠 60 障2800m(良) 3:04.3 (13.2) -1.0 (メイショウレガード)
9. 19 阪神 阪神障害S(秋) 7 1.5 (1人) 中止 熊沢重文 62 障3150m(良) レガシークレスト
10. 24 東京 東京障害特別(秋) 11 2.1 (1人) 6着 西谷誠 62 障3300m(良) 3:44.3 (13.6) 2.0 ノーザンレインボー
11. 21 京都 京都大障害(秋) 9 2.9 (2人) 2着 西谷誠 62 障3930m(良) 4:30.9 (13.8) 0.2 イチバンリュウ
12. 19 中山 中山大障害(秋) 8 3.5 (2人) 5着 西谷誠 59 障4100m(良) 4:46.2 (14.0) 2.1 ビクトリーアップ
1999 1. 30 京都 淀ジャンプS OP 14 3.3 (2人) 1着 熊沢重文 62 障3170m(良) 3:35.0 (13.6) -0.1 (トキオワイルド)
2. 20 東京 春麗ジャンプS OP 9 2.2 (1人) 1着 西谷誠 62 障3300m(良) 3:39.5 (13.3) -1.6 (デピュティスズカ)
3. 14 阪神 阪神SJ JGII 14 1.7 (1人) 2着 西谷誠 62 障3800m(良) 4:18.7 (13.6) 0.6 ファイブポインター
4. 11 中山 中山GJ JGI 10 2.6 (1人) 9着 西谷誠 60 障4100m(不) 5:06.7 (15.0) 10.5 メジロファラオ
11. 20 京都 京都HJ JGII 13 6.7 (4人) 3着 西谷誠 62 障3930m(良) 4:32.1 (13.8) 3.9 ロードアトラス
12. 18 中山 中山大障害 JGI 15 6.1 (4人) 1着 西谷誠 62 障4100m(良) 4:42.6 (13.8) 0.0 ゴーカイ
2000 1. 8 京都 牛若丸ジャンプS OP 11 2.3 (1人) 2着 西谷誠 63 障3170m(良) 3:33.9 (13.5) 0.6 ホーマンランドオー
11. 11 京都 京都HJ JGII 10 8.3 (4人) 9着 西谷誠 63 障3930m(良) 4:34.3 (14.0) 7.9 テイエムダイオー
2001 5. 13 水沢 A1 10 (3人) 1着 山本裕次郎 59 ダ1800m(良) 1:58.3 -0.4 (アイアムアブラザー)
6. 24 水沢 あすなろ賞 OP 7 (2人) 中止 南郷家全 56 ダ1900m(良) グローバルゴット
2002 4. 29 水沢 赤松杯 OP 7 (5人) 6着 西康志 59 ダ1900m(良) 2:10.4 2.3 トニージェント

血統表編集

ゴッドスピード血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ダンジグ系

*ポリッシュネイビー
Polish Navy
1984 鹿毛
父の父
Danzig
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Pas de Nom Admiral's Voyage
Petitioner
父の母
Navsup
1966 鹿毛
Tatan The Yuvaraj
Valkyrie
Busanda War Admiral
Businesslike

プリティシルバー
1982 芦毛
*シルバーシャーク
Silver Shark
1963 芦毛
Buisson Ardent Relic
Rose o'Lynn
Palsaka Palestine
Masaka
母の母
プリティーアカツキ
1974 鹿毛
*セダン
Sedan
Prince Bio
Staffa
フラミンゴ *ゲイタイム
カヅトヨ
母系(F-No.) アストニシメント系(FN:7-c) [§ 2]
5代内の近親交配 Nearco 5×5 [§ 3]
出典
  1. ^ [4]
  2. ^ [3][4]
  3. ^ [4]


祖母プリティーアカツキは1977年クイーンステークスの勝ち馬。曾祖母フラミンゴは1964年きさらぎ賞を制し、桜花賞でもカネケヤキの2着に入っている。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p ゴッドスピード|JBISサーチ(JBIS-Search)
  2. ^ a b c 1999年の最優秀障害馬ゴッドスピードが死亡、25歳 西谷誠騎手に重賞初制覇もたらす”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年7月25日閲覧。
  3. ^ a b 『優駿』1997年1月号、日本中央競馬会、153頁
  4. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ゴッドスピード”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年7月27日閲覧。

外部リンク編集