メインメニューを開く

概要編集

 
第1回京都大障害(春)

関西で戦後初めての障害重賞として1953年に創設され大障害コースのとび上り、とび下り台(バンケット)が名物となっていた。非常に出走頭数が少ない競走であり、約半数の競走が6頭以下で行われた。

1959年から1983年までは毎日放送より賞杯が贈られており、「毎日放送賞」の冠がついていた。

1993年以前は3コーナーと正面スタンド前にそれぞれ大障害コースがあり3コーナーに大土塁(11号障害)、大竹柵(12号障害)[1]、正面スタンド前に大生垣(8号障害)、大水濠(9号障害)、とび上り、とび下り台(10号障害)の5つの大障害があったが1994年の第83回競走からは正面スタンド前の大障害コースが廃止されたことに伴い、大障害コースの障害数が5→2に削減され同時に距離が3270mから3930mに延長された。3コーナーに大土塁(8号障害)、とび上り、とび下り台(9号障害)が置かれ大竹柵、大生垣、大水濠は廃止された。それぞれの障害の規模は大土塁高さ1.5m幅2.8m、大竹柵高さ1.4m幅1.6m、大生垣高さ1.6m幅2.7m、大水濠幅3.85m[2]とび上り、とび下り台高さ0.8m、幅15m。

1999年からは障害競走グレード制導入に伴い分断されて春は京都ジャンプステークス2009年より秋に移行)、秋は京都ハイジャンプ(2009年より春に移行)の名称で行われ現在に至る。

歴史編集

  • 1953年春 - 京都競馬場において別定、距離3100mの障害重賞として創設。
  • 1959年秋 - 出走馬8頭のうち、1頭が生垣障害でつまずき騎手が落馬。その後2周目第3コーナーで転倒したカムイダケの影響を受け4頭が転倒。うちハマリユウは騎手戸山為夫が再騎乗したため、計5頭が競走中止した[3]
  • 1972年春 - 本競走としては最少頭数となる3頭立てで行われる。
  • 1980年秋 - 出走申込馬が5頭に満たず(4頭)、当時の規定により競走取りやめ[4]

歴代優勝馬編集

京都大障害(春)編集

回数 年月日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1953年5月5日 ハクオー 牡4 3:32 3/5 斉藤義美 松元正雄 西村光之助
第3回 1954年5月23日 モナコオー 牝4 3:38 1/5 目時重男 福薗盛吉 森島松造
第5回 1955年4月29日 ヨシミノリ 牡5 3:34 1/5 坪重兵衛 武平三 花新発収
第7回 1956年5月27日 ブルーライト 牡4 3:40 1/5 柏谷重雄 清水茂次 和泉照明
第9回 1957年5月5日 カネハタ 牡4 3:39 1/5 平山明 高木良三 富岡清
第11回 1958年5月5日 ニユーヨーク 牝6 3:34 2/5 平川昌吉 杉村政春 高浦正雄
第13回 1959年5月3日 イチイチ 牡4 3:29 4/5 北橋修二 松元正雄 浅野国次郎
第15回 1960年5月3日 カムイダケ 牡5 3:30.0 北橋修二 長浜彦三郎 浅野国次郎
第17回 1961年5月21日 トサキング 牡4 3:30.0 瀬戸口勉 上田武司 上田清次郎
第19回 1962年5月20日 サチフジ 牡4 3:52.9 松本善登 梅内慶蔵 伊藤忠雄
第21回 1963年5月5日 サチフジ 牡5 3:42.1 松本善登 梅内慶蔵 伊藤忠雄
第23回 1964年5月3日 タカライジン 牡5 3:43.7 佐山優 上村大治郎 高須銀次郎
第26回 1966年5月29日 サチマサオー 牡4 3:48.4 梅田康雄 諏訪佐市 壺山佐夜子
第28回 1967年5月7日 ミホノマツ 牡6 3:47.8 佐山優 坪重兵衛 久保俊顕
第30回 1968年5月3日 タイシユウ 牡5 3:39.2 武田悟 上田武司 中山喜久子
第32回 1969年5月5日 ブゼンエイト 牡4 3:44.1 鶴留明雄 上田三千夫 上田清次郎
第34回 1970年2月22日 フェアブァイタル 牝4 3:46.3 佐山優 上田武司 上田清次郎
第36回 1971年2月14日 スマノタカラ 牡4 3:49.5 武田博 内藤繁春 大東健治
第38回 1972年5月3日 インターヒカリ 牡6 3:40.6 須貝四郎 工藤嘉見 松岡正雄
第40回 1973年5月13日 ブルーホワイト 牡5 3:40.3 押田年郎 坂口正二 (株)ホースタジマ
第42回 1974年5月5日 ニホンピロファイト 牡4 3:38.4 広松孝司 小川佐助 小林保
第44回 1975年5月4日 グランドマーチス 牡6 3:47.3 寺井千万基 伊藤修司 大久保興産(株)
第46回 1976年5月9日 マルブツウイドー 牝5 3:39.4 松田博資 上田武司 大沢毅
第48回 1977年5月8日 ファンドリナイロ 牡5 3:43.5 広松孝司 須貝彦三 水戸富雄
第50回 1978年5月14日 ファンドリナイロ 牡6 3:39.4 広松孝司 須貝彦三 水戸富雄
第52回 1979年5月13日 アウンエスラー 牡5 3:39.6 松田博資 鶴留明雄 松本夫佐子
第54回 1980年5月18日 ジョーアルバトロス 牡5 4:02.1 古小路重男 山本正司 上田けい子
第56回 1981年5月2日 テキサスワイポン 牡7 3:40.9 今岡正 二分久男 渡辺孝男
第58回 1982年5月9日 マーブルエース 牡5 3:40.6 平田秀也 日迫良一 下村芳久
第60回 1983年5月8日 フリートマウント 牡5 3:43.5 藤原哲朗 梅内慶蔵 兼村喜市
第62回 1984年5月5日 ポットヒーロー 牡4 3:40.3 川村禎彦 松永善晴 (有)ポット牧場
第64回 1985年5月6日 ライバコウハク 牡6 3:38.2 原田聖二 松元正雄 坂本盛正
第66回 1986年5月3日 ハッピールイス 牡4 3:50.0 中竹和也 吉田三郎 前田幸治
第68回 1987年5月9日 ハクホウダンディ 牡8 3:42.5 出津孝一 松田由太郎 池田豊治
第70回 1988年5月7日 ヤマニンアピール 騸5 3:43.1 岡冨俊一 中村均 土井宏二
第72回 1989年5月6日 エリモターン 牡6 3:40.5 藤原哲朗 上田三千夫 山本慎一
第74回 1990年5月5日 メジロアニタ 牝4 3:49.9 酒井浩 浅見国一 (有)メジロ牧場
第76回 1991年5月4日 ナムラモノノフ 牡6 3:39.1 岡冨俊一 野村彰彦 奈村信重
第78回 1992年5月9日 アツムテキ 牡6 3:47.7 酒井浩 浅見国一 内田恵司
第80回 1993年5月8日 ビックフォルテ 牡5 3:37.4 熊沢重文 松田博資 蛭川正文
第82回 1994年3月5日 シンホリスキー 牡6 4:00.6 出津孝一 岩元市三 林幸雄
第84回 1995年4月29日 リターンエース 牡7 4:23.2 嘉堂信雄 飯田明弘 岩佐俊策
第86回 1996年4月27日 ネーハイタフネス 牡6 4:24.4 出津孝一 布施恵 (株)大丸企業
第88回 1997年5月10日 ネーハイジャパン 牡5 4:26.6 出津孝一 西浦勝一 (株)大丸企業
第90回 1998年5月16日 ゴッドスピード 牡4 4:30.1 西谷誠 瀬戸口勉 近藤俊典

京都大障害(秋)編集

回数 年月日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第2回 1953年10月18日 ハクオー 牡4 3:37 0/5 斉藤義美 松元正雄 浅沼安治
第4回 1954年10月10日 ヨシミノリ 牡4 3:35 4/5 坪重兵衛 武平三 花新発収
第6回 1955年10月2日 ダイニカツフジ 牡5 3:33 1/5 近藤武夫 伊藤勝吉 伊藤由五郎
第8回 1956年10月28日 ダイニカツフジ 牡6 3:38 0/5 近藤武夫 伊藤勝吉 伊藤由五郎
第10回 1957年9月29日 ブゼンリユウ 牝6 3:43 0/5 北橋修二 上田武司 上田清次郎
第12回 1958年11月23日 ユーシユン 牡4 3:30 2/5 服部正利 松田由太郎 桶谷辰造
第14回 1959年11月23日 ハルナサン 牡3 3:31.6 瀬戸口勉 上田武司 上田清次郎
第16回 1960年11月23日 シルバオー 牡4 3:38.6 瀬戸口勉 上田武司 上田清次郎
第18回 1961年11月23日 リユウゲツ 牝4 3:32.7 中西武信 橋本正晴 三好諦三
第20回 1962年11月23日 ヤマジヨシイ 牡3 3:43.2 池江泰郎 藤本冨良 土井宏二
第22回 1963年11月23日 タカライジン 牡4 3:46.1 長池辰三 上村大治郎 高須銀次郎
第24回 1964年11月22日 タカライジン 牡5 3:47.0 佐山優 久保田彦之 高須銀次郎
第25回 1965年11月21日 ダイシンフジ 牡4 3:45.5 中西武信 富田六郎 高橋金次
第27回 1966年11月6日 ミホノマツ 牡5 3:47.4 三原昭 坪重兵衛 久保俊顕
第29回 1967年11月5日 アランバード 牝4 3:42.3 松田博資 上田武司 上田清次郎
第31回 1968年11月3日 ジュンブライド 牝4 3:41.0 藤岡範士 清水茂次 江賦晨
第33回 1969年11月2日 ハードオンワード 牡4 3:40.4 武田博 武田文吾 (株)オンワード牧場
第35回 1970年11月1日 メリーダンサー 牝6 3:42.5 法理弘 鈴木勝太郎 保手浜弘規
第37回 1971年11月3日 インターヒカリ 牡5 3:41.4 須貝四郎 工藤嘉見 松岡正雄
第39回 1972年11月3日 ムーテイイチ 牝4 3:47.0 松田博資 上田武司 上田清次郎
第41回 1973年11月3日 ブゼンサカエ 牡4 3:44.3 西谷達男 上田武司 上田清次郎
第43回 1974年11月3日 グランドマーチス 牡5 3:43.7 寺井千万基 伊藤修司 大久保興産(株)
第45回 1975年11月1日 グランドマーチス 牡6 3:46.5 寺井千万基 伊藤修司 大久保興産(株)
第47回 1976年11月6日 フロリダホープ 牡6 3:38.4 今岡正 佐藤勇 尾崎幸夫
第49回 1977年11月5日 ファンドリナイロ 牡5 3:40.8 広松孝司 須貝彦三 水戸富雄
第51回 1978年10月14日 フラストメア 牝3 3:42.4 小島貞博 戸山為夫 上羽将彦
第53回 1979年10月13日 テキサスワイポン 牡5 4:04.1 平田秀也 二分久男 渡辺孝男
第55回 1980年11月1日 レース不成立
第57回 1981年10月11日 ロックペトロス 牡4 3:42.7 溝橋秀吉 内藤繁春 小西義男
第59回 1982年10月17日 グレートエコー 牡4 3:43.4 小島貞博 戸山為夫 高田久成
第61回 1983年10月16日 フリートマウント 牡5 3:48.2 藤原哲朗 梅内慶蔵 兼村喜市
第63回 1984年10月27日 ライバコウハク 牡5 3:41.4 原田聖二 松元正雄 坂本盛正
第65回 1985年10月26日 カルストンイーデン 牡4 3:40.2 池添兼雄 野元昭 清水貞光
第67回 1986年11月23日 ダイタクカピタン 牡8 3:41.9 酒井浩 荻野光男 中村雅一
第69回 1987年11月29日 カルストンファスト 牡4 3:40.1 林満明 松田博資 清水貞光
第71回 1988年11月27日 ヤマニンアピール 騸5 3:42.0 岡冨俊一 中村均 土井宏二
第73回 1989年11月26日 サイコーホーク 牡4 3:39.0 嘉堂信雄 松田由太郎 (株)中村
第75回 1990年11月24日 クリバロン 牡5 3:40.4 池添兼雄 橋口弘次郎 栗林英雄
第77回 1991年11月23日 エーコークロス 牡5 3:42.1 古小路重男 安田伊佐夫 池内賢市
第79回 1992年11月28日 ロングアポロン 騸5 3:39.5 北村卓士 坂田正行 中井商事(株)
第81回 1993年11月27日 スガハラテンジン 牡8 3:40.2 熊沢重文 内藤繁春 柳父靖朗
第83回 1994年11月12日 タイヤン 牡6 4:25.4 押田年郎 吉岡八郎 (有)名鯛興業
第85回 1995年11月11日 グレートリーフ 牡6 4:25.8 古小路重男 古川平 (有)社台レースホース
第87回 1996年11月9日 ザスクープ 騸5 4:26.4 林満明 白井寿昭 前田晋二
第89回 1997年11月15日 アワパラゴン 牡6 4:26.4 林満明 松元茂樹 工藤寛昭
第91回 1998年11月21日 イチバンリュウ 牡4 4:30.7 金折知則 柴田光陽 華山龍一
  • 施行競馬場:第53、54、82回 中京競馬場
  • 競走名:第53、54、82回「中京障害ステークス」
  • 距離(「芝」は最後の直線のコース形態):第1~18回 芝3100m、第19~36回 芝3300m、第37~50回 芝3260m、第51、52、56~81回 芝3270m、第53、54、82回 芝3600m、第83回~ 芝3930m
  • タイム:第1~13回 1/5秒表示、第14回~ 1/10秒表示

(臨時レース:阪神大障害)編集

年月日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
1965年5月16日 クロユリ 牝6 4:25.4 松田博資 上田武司 上田清次郎
  • 施行競馬場:阪神競馬場
  • 距離:直線・芝3870m
  • 京都大障害の回数にカウントされていない。

脚注編集

  1. ^ 1978年以前は大竹柵は設置されていなかった。
  2. ^ 通常の水濠は幅3.8m。通常の水濠よりも大きい生垣を設置。
  3. ^ 転倒したカムイダケは翌年春の競走で優勝した。
  4. ^ 1982年秋は同じく4頭立てだったが競走は施行された。

出典編集

各回競走結果の出典編集

  • 「京都大障害」『中央競馬全重賞競走成績集 【障害・廃止競走編】』日本中央競馬会、2006年、p761-864。