メインメニューを開く

サビハ・ギョクチェン国際空港

サビハ・ギョクチェン国際空港(サビハ・ギョクチェンこくさいくうこう、トルコ語: Sabiha Gökçen Uluslararası Havaalanı, 英語: Sabiha Gokcen International Airport)は、トルコイスタンブールにある空港。アジア側に位置する。空港名はトルコ初の女性飛行士で初代大統領ケマル・アタテュルクの養女であったサビハ・ギョクチェンにちなんで名付けられている。同じイスタンブール市のヨーロッパ側にあるアタテュルク国際空港の方が規模が大きく、就航エアライン数も多い。ペガサス航空の本拠地である。

サビハ・ギョクチェン国際空港
Sabiha Gökçen Uluslararası Havalimanı
Sabiha Gokcen Havaalani Night.JPG
IATA: SAW - ICAO: LTFJ
概要
国・地域 トルコの旗 トルコ
所在地 イスタンブール
種類 公共用
運営者 Limak-GMR-MAHB
標高 95 m
座標 北緯40度53分54秒 東経29度18分33秒 / 北緯40.89833度 東経29.30917度 / 40.89833; 29.30917座標: 北緯40度53分54秒 東経29度18分33秒 / 北緯40.89833度 東経29.30917度 / 40.89833; 29.30917
公式サイト sabihagokcen.aero
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
06/24 3,000×45 コンクリート
06R/24L
建設中
3,500×60 ?
統計 (2013年)
旅客数 18,641,842人 増加
出典: トルコAIP at EUROCONTROL[1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

3,500メートルの滑走路の増設工事が進められている[2][3]

就航路線編集

脚注編集

外部リンク編集