メインメニューを開く

ペガサス航空トルコ語: Pegasus Hava Yolları英語: Pegasus Airlines)はトルコ格安航空会社である。またIATAに加盟している航空会社でもある[1]

ペガサス航空
Pegasus Airlines
Türk Hava Yolları
IATA
PC
ICAO
PGT
コールサイン
SUNTURK
設立 1990年
ハブ空港 サビハ・ギョクチェン国際空港
イスタンブール新空港(2015年より)
焦点空港 アダナ空港
アドナン・メンデレス空港
アンタルヤ空港
エセンボーア国際空港
マイレージサービス Pegasus Plus
保有機材数 63機
就航地 97都市
親会社 ESASホールディング
本拠地 トルコの旗 トルコ イスタンブール
外部リンク www.flypgs.com
テンプレートを表示

目次

沿革編集

1989年12月1日に設立。1990年4月15日に2機のボーイング737-400で運航を開始した。しかしながら、運航開始から4ヶ月後にイラクによるクウェート侵攻でトルコの観光業界に大きな影響を受け、それと同時に同社にも打撃を与えた。

1992年、観光客が戻り始め、そして同社は3機目のボーイング737-400導入で更に成長した。その後も成長を続け、2012年にはキルギスの航空会社であるエア・マナスに対して出資を行いペガサス・アジアに改称した他、エアバスA320neoエアバスA321neoを合計で最大100機発注する契約を締結した[2]

また、2012年から2013年にかけてイズ・エアーを買収するなど規模の拡大を図っている。

就航都市編集

2015年現在(イズ・エアーペガサス・アジアが就航している都市も含む)。ヨーロッパのみならず中央アジアや西アジアにも路線網を広げている。

アフリカ編集

  エジプト

アジア編集

中央アジア

  カザフスタン
  キルギス
  タジキスタン

南アジア

  インド

西アジア

  バーレーン
  イラン
  イラク
  イスラエル
  カタール
  クウェート
  レバノン
  アラブ首長国連邦

ヨーロッパ編集

東ヨーロッパ

  アルバニア
  オーストリア
  ボスニア・ヘルツェゴビナ
  チェコ
  ジョージア
  ハンガリー
  コソボ
  北マケドニア
  北キプロス・トルコ共和国  キプロス
  ルーマニア
  ロシア
  セルビア
  ウクライナ

北ヨーロッパ

  デンマーク
  ノルウェー
  スウェーデン

西ヨーロッパ

  ベルギー
  フランス
  ドイツ
  ギリシャ
  イタリア
  オランダ
  スペイン
  イギリス

  トルコ国内編集

共同運航編集

機材編集

2015年現在[3]

機内サービス編集

基本的には全て有料で提供されている[5]。また機内食の事前予約サービスもあり15種類から選択できる[6]

事故編集

 
2013年に撮影された事故機

2018年1月13日、23時半頃にトラブゾン空港に向かっていた国内線8622便(機材はボーイング737-800、TC-CPF)が着陸後、滑走路を大幅に逸脱し、海側の急斜面を滑り落ちる事故が発生した。機体は危うく黒海に落下しかけ、右エンジンは脱落。しかし、乗員乗客168名全員は生還した。原因は調査中[7]。同年1月18日、機体は2機のクレーンにより解体せずに引き上げられた[8]

脚注編集

  1. ^ Why Pegasus? > About Pegasus > Pegasus Airlines - Pegasus Airlines
  2. ^ ペガサス航空、A320neoなど最大100機発注へ - Aviation Wire(2012年12月19日)
  3. ^ Aircraft and Fleet Lists - ch-aviation.com(2015年8月21日閲覧)
  4. ^ a b Pegasus selects up to 100 A320neo Family Aircraft - Airbus(2012年12月18日)
  5. ^ [1] (PDF) - Pegasus Airlines(2015年8月23日閲覧)
  6. ^ Pegasus Cafe - Pegasus Airlines(2015年8月23日閲覧)
  7. ^ [2] - ペガサス・エアラインズ、1月13日にトラブゾン空港到着時に滑走路逸脱(2018年1月15日閲覧)
  8. ^ 滑走路外れたトルコ旅客機、クレーン2基で引き揚げ成功 AFP(2018年1月19日)2018年1月25日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集