サム・ジョーンズ

サム・ジョーンズSam Jones1924年11月12日 - 1981年12月15日)は、アメリカフロリダ州ジャクソンビル出身のモダンジャズベース奏者

サム・ジョーンズ
Sam Jones
生誕 (1924-11-12) 1924年11月12日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州ジャクソンビル
死没 (1981-12-15) 1981年12月15日(57歳没)
ジャンル ジャズ
職業 ミュージシャン
担当楽器 ダブルベースチェロ
活動期間 1955年 - 1981年
共同作業者 キャノンボール・アダレイボビー・ティモンズオスカー・ピーターソンルー・ドナルドソンナット・アダレイディジー・ガレスピーケニー・バレルセロニアス・モンクアル・コーンフレディ・ハバードビル・エヴァンス、タイニー・ブラッドショウ、ケニー・ドーハム、イリノイ・ジャケー、シダー・ウォルトン

1950年代終盤から、同じくフロリダ出身であるキャノンボール・アダレイのグループで頭角を現す。オスカー・ピーターソンバリー・ハリスシダー・ウォルトンのグループでの活動も有名である。日本にはシダー・ウォルトンのトリオの一員としてビリー・ヒギンスと来日しており渡辺貞夫鈴木勲山本剛笠井紀美子といったミュージシャンと共演している。1981年にニューヨークで死去。

非常に強いタッチでベースを弾く人で、繊細な表現は苦手としていたものの、ハード・バップを身上とするアダレイのバンドにはまさに無くてはならない存在であった。

ソロ楽器としてチェロもたしなみ、アルバム『ザ・ソウル・ソサエティ』等ではチェロのピチカートプレーも披露している。

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『ザ・ソウル・ソサエティ』 - The Soul Society (1960年、Riverside)
  • 『ザ・チャント』 - The Chant (1961年、Riverside)
  • 『ダウン・ホーム』 - Down Home (1962年、Riverside) ※サム・ジョーンズ&Co.名義
  • 『セヴン・マインズ』 - Seven Minds (1974年、East Wind)[1]
  • 『セロ・アゲイン』 - Cello Again (1976年、Xanadu)
  • 『ダブル・ベース』 - Double Bass (1976年、SteepleChase) ※with ニールス=ヘニング・エルステッド・ペデルセン
  • Changes & Things (1977年、Xanadu)
  • Something in Common (1977年、Muse)
  • 『ヴィジテーション』 - Visitation (1978年、SteepleChase)
  • 『ザ・ベーシスト』 - The Bassist! (1979年、Interplay) ※with キース・コープランド、ケニー・バロン
  • 『サムシング・ニュー』 - Something New (1979年、Interplay)
  • Right Down Front: The Riverside Collection (1988年、Original Jazz Classics) ※リヴァーサイド時代のコンピレーション

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Dryden, Ken. “Allmusic review”. Allmusic.com. 2012年6月25日閲覧。

外部リンク編集