メインメニューを開く

サラ イネス(さら いねす、1964年/1965年 - )は、日本女性漫画家イラストレーター大阪府高槻市出身[1]。かつてはサラ今市サラ・イイネス名義でも執筆していた。既婚で、夫は長野県出身。

サラ イネス
生誕 1964年????日/1965年????
日本の旗 日本 大阪府高槻市[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1989年 -
ジャンル 青年漫画
代表作大阪豆ゴハン
テンプレートを表示

人物・来歴編集

生い立ちからデビュー前まで編集

高槻市で生まれ育つ。10歳の頃に兵庫県宝塚市に引っ越し、現在は東京都在住[1]

母親は大阪のキタの生まれ。祖母の家も船場にあり、古くからの大阪弁船場言葉を聞いて育った。そのために、宝塚へ引っ越した際に自身の「何々しはる」といった言葉遣いに笑われた経験を話している[1]

父親は大学教授で全日本ラリー選手権の出場経験を持つ[2]

京都精華大学デザイン学部デザイン学科卒で、同級生にはおーなり由子や、同じ学科にはイダタツヒコなどがいた[1]

デビュー後編集

AUTO SPORT』(三栄書房)にて、サラ今市名義でイラストレーターとしてデビュー。1989年よりサラ・イイネス名義で『モーニングパーティー増刊』(講談社)にて初の漫画作品『水玉生活』を連載。

ペンネームの由来は歌手のフィル・ライノットの娘サラと、モデルのイネス・ド・ラ・フレサンジュからによるもの[2]

1992年より1998年まで『モーニング』(講談社)にて『大阪豆ゴハン』を連載。その後ペンネームを『サライネス』に変更し、2011年まで『モーニング』にて『誰も寝てはならぬ』を連載した。2012年、『モーニング』9月20日発売号から「猫も寝てはならぬ」の連載を開始。

作品には大阪弁を使用するキャラクターが多く登場する。またモータースポーツを好んでおり、作中にはF1ラリー等々のモータースポーツの関係者を元ネタとした人物や、モータースポーツ関連のネタが多く出る。さらに、プロ野球と長野県に関するネタも時々出てくる。

作品リスト編集

漫画作品編集

ほか

イラスト等編集

  • 一人前の男になれる対人心理学(齋藤勇著、カバーイラスト)
  • 月に向かって足をあげろ / サタデーナイトちくしょうフィーバー(オシリペンペンズ、ジャケットイラスト)
  • フォークソングの東京・聖地巡礼 1968-1985(金澤信幸著、カバーイラスト)
  • CMの読み方(『週刊現代』のコラム)
  • ワンダーワード-柴崎友香漫画家対談・エッセイ集(第2回に登場)

ほか

脚注編集

  1. ^ a b c d e サラ イネス「誰も寝てはならぬ」 特集・インタビュー (1/7)”. コミックナタリー. 2018年4月3日閲覧。
  2. ^ a b サラ イネス「誰も寝てはならぬ」 特集・インタビュー (3/7)”. コミックナタリー. 2018年4月3日閲覧。

外部リンク編集