メインメニューを開く

シェルバーン伯爵英語: Earl of Shelburne)は、アイルランド貴族伯爵位。

過去に2回創設されており、第1期はアイルランド議会の議員初代シェルバーン男爵ヘンリー・ペティ英語版1719年に叙されたのに始まるが、彼一代で絶えた。第2期はその甥であり、13世紀以来のアイルランド貴族の家系ケリー伯(ケリー=リックナウ男爵)フィッツモーリス家英語版の分流であるジョン・ペティ(旧姓フィッツモーリス)1753年に叙されたのに始まる。その息子2代伯ウィリアム・ペティは、英国首相(在職1782-1783)を務め、首相退任後の1784年ランズダウン侯爵に叙された。以降はその従属爵位となる。本稿では前身のシェルバーン男爵位についても触れる。

歴史編集

経済学者ウィリアム・ペティ(1623-1687)とその妻エリザベス・ペティ(旧姓ウォラー)英語版(-1708)の間の次男チャールズ・ペティ(1673–1696)は、アイルランド議会の庶民院議員として活躍した後の1688年12月31日にアイルランド貴族爵位シェルバーン男爵に叙せられた。この際に母エリザベスにも一代限りの爵位として同じ爵位が与えられた。しかしチャールズに子供はなかったため、爵位は彼一代で絶えた[1][2]

初代シェルバーン男爵チャールズの弟(シェルバーン女男爵エリザベスの三男)であるヘンリー・ペティ英語版(1675–1751)は、ホイッグ党庶民院議員を務め、兄の死後の1699年10月26日ウェックスフォード州におけるシェルバーンのシェルバーン男爵(Baron Shelburne, of Shelburne in the County of Wexford)、1719年4月29日シェルバーン伯爵(Earl of Shelburne)とダンケロン子爵(Viscount Dunkeron)に叙せられた(いずれもアイルランド貴族)。これが第1期のシェルバーン伯爵の創設である。しかしヘンリーの男子は子供を残さずに父に先立たったのでヘンリーの死とともにこれらの爵位は1代で消滅した[3]

初代シェルバーン男爵チャールズと初代シェルバーン伯爵ヘンリーの姉(シェルバーン女男爵エリザベスの長女)アン(-1737)は、13世紀以来代々ケリー=リックナウ男爵位を保持してきたアイルランド貴族フィッツモーリス家の当主初代ケリー伯爵トマス・フィッツモーリス(1668-1741)と結婚した。ケリー伯爵位とケリー=リックナウ男爵位は夫妻の長男ウィリアム・フィッツモーリス(1694-1747)が継承し、一方次男ジョン・フィッツモーリス(1706-1761)は、ホイッグ党の政治家として庶民院議員を務めた後、1751年に母方の姓ペティに改姓するとともにペティ家に由来する爵位を与えられていった。1751年10月7日にアイルランド貴族フィッツモーリス子爵(Viscount FitzMaurice)とダンケロン男爵(Baron Dunkerron)、1753年6月6日にアイルランド貴族シェルバーン伯爵(Earl of Shelburne)、1760年5月20日グレートブリテン貴族バッキンガム州におけるチッピング・ウィコムのウィコム男爵(Baron Wycombe, of Chipping Wycombe in the County of Buckingham)に叙せられた。これが第2期のシェルバーン伯爵位の創設となる[4][5]

その息子である2代シェルバーン伯ウィリアム・ペティ(1737-1805)は、大ピットの派閥の後継者として政界で活躍し、1782年から1783年にかけて首相を務めている。彼の在任中にアメリカ独立戦争の仮講和条約の締結が行われている(この仮講和条約は議会の批准を得られなかったためシェルバーン伯内閣は総辞職に追い込まれたが、後続のフォックスノース連立内閣によってパリ条約が締結されている)[6]。彼は首相退任後の1784年12月6日にグレートブリテン貴族サマセット州におけるランズダウン侯爵(Marquess of Lansdowne, in the County of Somerset)チッピング・ワイクームのワイクーム伯爵(Earl Wycombe of Chepping Wycombe)ウィルト州におけるキャルネ=キャルストン子爵(Viscount Calne and Calston, in the County of Wilts)に叙せられた[7][8]。そのため以降のシェルバーン伯爵位はランズダウン侯爵位の従属爵位の一つとなった。

一覧編集

シェルバーン男爵 (1688年)編集

シェルバーン伯 第1期 (1719年)編集

シェルバーン伯 第2期 (1753年)編集

系図編集

ケリー=リックナウ男爵
フィッツモーリス家から
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シェルバーン女男爵、1688年
 
 
20代ケリー=リックナウ男爵
ウィリアム・フィッツモーリス
英語版

(1633-1697)
 
 
 
ウィリアム・ペティ
(1623-1687)
 
シェルバーン女男爵
エリザベス・ウォラー
英語版

(-1708)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケリー伯、1723年
 
 
 
 
 
 
シェルバーン男爵、1688年
 
シェルバーン伯(第1期)、1719年
 
初代ケリー伯
21代ケリー=リックナウ男爵
トマス・フィッツモーリス

(1668-1741)
 
アン・ペティ
(-1737)
 
初代シェルバーン男爵
チャールズ・ペティ

(1673–1696)
 
初代シェルバーン伯
ヘンリー・ペティ
英語版

(1675–1751)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シェルバーン男爵廃絶
 
シェルバーン伯(第1期)廃絶
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シェルバーン伯(第2期)、1753年
 
2代ケリー伯
22代ケリー=リックナウ男爵
ウィリアム・フィッツモーリス

(1694-1747)
 
初代シェルバーン伯
ジョン・ペティ
(旧姓フィッツモーリス)

(1706-1761)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ランズダウン侯、1784年
 
3代ケリー伯
23代ケリー=リックナウ男爵
フランシス
トマス=フィッツモーリス
英語版

(1740-1818)
 
2代シェルバーン伯
初代ランズダウン侯
ウィリアム・ペティ
(旧姓フィッツモーリス)

(1737-1805)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ランズダウン侯爵
ペティ=フィッツモーリス家へ
 
 
 

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ Lundy, Darryl. “Charles Petty, 1st Baron Shelburne” (英語). thepeerage.com. 2016年1月21日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “Elizabeth Waller, Baroness Shelburne” (英語). thepeerage.com. 2016年1月21日閲覧。
  3. ^ Heraldic Media Limited. “Shelburne, Earl of (I, 1719 - 1751)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月21日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “John Petty, 1st Earl of Shelburne” (英語). thepeerage.com. 2016年1月21日閲覧。
  5. ^ Heraldic Media Limited. “Shelburne, Earl of (I, 1753)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月21日閲覧。
  6. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 682.
  7. ^ Heraldic Media Limited. “Lansdowne, Marquess of (GB, 1784)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月21日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “General William Petty, 1st Marquess of Lansdowne” (英語). thepeerage.com. 2016年1月21日閲覧。

参考文献編集

  • 松村赳富田虎男『英米史辞典』研究社、2000年。ISBN 978-4767430478