シェロッド・ブラウン

シェロッド・キャンベル・ブラウン(英語:Sherrod Campbell Brown1952年11月9日 - )は、アメリカ合衆国政治家連邦上院議員(オハイオ州選出)(3期)。

シェロッド・ブラウン
Sherrod Brown
Sherrod Brown 113th Congress.jpg
2013年9月
生年月日 (1952-11-09) 1952年11月9日(69歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オハイオ州マンスフィールド
出身校 オハイオ州立大学
イェール大学
前職 教員
所属政党 民主党
称号 文学修士
文学士
配偶者 ラーク・アンメル・ブラウン(1979年 - 1987年
コニー・シュルツ
サイン Sherrod Brown (signature).png
公式サイト United States Senator Sherrod Brown

選挙区 オハイオ州の旗 オハイオ州
当選回数 3回
在任期間 2007年1月3日 - 現職

選挙区 オハイオ州の旗 オハイオ州第13区
当選回数 7回
在任期間 1993年1月3日 - 2007年1月3日

オハイオ州の旗 オハイオ州
第47代州務長官
在任期間 1983年1月12日 - 1991年1月14日
州知事 ディック・セレステ

その他の職歴
オハイオ州の旗 オハイオ州
下院議員

1975年1月3日 - 1982年12月31日
テンプレートを表示

オハイオ州下院議員(2期)、第47代オハイオ州州務長官、連邦下院議員(7期)などを歴任した。

経歴編集

生い立ち編集

1952年11月9日にオハイオ州マンスフィールドにて、エミリー・ブラウン(旧姓はキャンベル) とチャールズ・ゲイリー・ブラウンの息子として誕生する[1]。シェロッドという名前は母方の祖父から取られた。1974年イェール大学を卒業し、1981年にはオハイオ州立大学を卒業した。

オハイオ州下院議員編集

学生時代に民主党の地方幹部にリクルートされ、1974年オハイオ州下院議員選挙に初当選する。

インドインディラ・ガンディー首相に選挙違反判決が下り、インド全国に非常事態令英語版が出されていた期間、バックパッカーとしてインドに滞在した[2]。オハイオ州下院議員を務めながら、1979年から1981年までオハイオ州立大学で教員として教鞭を執る。

連邦下院議員編集

1983年から1991年までディック・セレステ知事の下でオハイオ州州務長官を務めた後、1994年連邦下院議員選挙に民主党から立候補して初当選を果たす。以降、2004年の選挙に至るまで7回連続で当選した。

連邦上院議員編集

2006年11月7日連邦上院議員選挙にオハイオ州から立候補し、共和党現職のマイク・デワイン英語版を破って当選する。2012年の選挙でも共和党新人のジョシュ・マンデル英語版を破って再選に成功し、2016年大統領選挙ではヒラリー・クリントンから副大統領候補に指名される可能性を取り沙汰された[3]2018年の連邦上院議員選挙で共和党新人の連邦下院議員ジム・レネイシー英語版を破って3選を果たし、一時は2020年大統領選挙に向けた民主党予備選挙への立候補も有力視された[4][5]

脚注編集

外部リンク編集

公職
先代:
アンソニー・J・セレブレッツェ・ジュニア
  オハイオ州州務長官
第47代:1983年1月12日 - 1991年1月14日
次代:
ボブ・タフト
アメリカ合衆国下院
先代:
ドン・ピース
オハイオ州選出下院議員
オハイオ州第13選挙区

1993年1月3日 - 2007年1月3日
次代:
ベティ・サットン
アメリカ合衆国上院
先代:
マイク・デワイン
  オハイオ州選出上院議員(第1部)
2007年1月3日 - 現在
同職:ジョージ・ヴォイノヴィッチロブ・ポートマン
現職
儀礼席次
先代:
バーニー・サンダース
I-バーモント州
アメリカ合衆国の儀礼順位
62番
次代:
ボブ・ケイシー・ジュニア
D-ペンシルベニア州