メインメニューを開く

シネクイント(CINE QUINTO)は、東京都渋谷区宇田川町に所在するミニシアター映画館)。かつては同町の「渋谷PARCO part3」8階にあり、一旦休館していた。

シネクイント(二代目)
CINE QUINTO
渋谷シネパレス入口(2010年1月)
情報
正式名称 シネクイント
旧名称 渋谷シネパレス
完成 1992年
開館 2018年7月6日
収容人員 (2館合計)277人
設備 ドルビーデジタルDTS
3Dデジタルシネマシステム
用途 映画上映
運営 (株)パルコ
所在地 150-0042
東京都渋谷区宇田川町20-11
渋谷三葉ビル7階
アクセス JR渋谷駅ハチ公口より徒歩3分
外部リンク http://www.cinequinto.com/
シネクイント(初代)
CINE QUINTO
シネクイントがあった渋谷PARCO part3
情報
正式名称 シネクイント
旧名称 SPACE PART3
開館 1999年7月3日
開館公演 バッファロー'66
閉館 2016年8月7日
最終公演 シング・ストリート 未来へのうた
客席数 227席
設備 ドルビーデジタル
用途 映画上映
旧用途 各種催し
運営 (株)パルコ
所在地 150-0042
東京都渋谷区宇田川町14-5
渋谷PARCO part3 8階
アクセス 渋谷駅より徒歩7分
外部リンク http://www.cinequinto.com/

概要編集

  • 元々はファッションビル「渋谷PARCO part3」 8階にある「SPACE PART3」(スペース・パートスリー)という名称で、映画のみならず演劇などの催しも行う多目的ホールだったが、1999年7月3日に映画上映目的専用に改修され、現館名に改称してミニシアターとして再オープンした。
  • こけら落とし作品となった『バッファロー'66』は7か月に及ぶロングランヒットとなり、大きな話題を呼んだ。
  • “世界中の「喜怒哀楽」をお届けする”[1]をコンセプトに、やや特徴のある洋画や邦画を多数上映している。パルコが運営していることもあってか、邦画はパルコが製作に関与している作品が目立つ。
  • 全席指定・定員入替制である。
  • 渋谷PARCOの建替え休業のため、2016年8月7日をもって一旦休館。それに先立ち、8月6日から2日間、最終上映イベントとして、前述の『バッファロー'66』とパルコ出資作品の『下妻物語』の2作品が、入場料500円にて特別上映された。
  • 2018年5月27日に閉館した渋谷シネパレス跡地に、二代目として同年7月6日に再開業[2]
  • また2019年11月の新生渋谷PARCO8階にも同様の施設が開業予定[3]

代表的な上映作品編集

脚注編集

  1. ^ 映画のオシゴト・第3回「シネクイント」 - MOVIE watch(2001年10月8日付の記事)
  2. ^ 老舗映画館「渋谷シネパレス」が閉館 7月からPARCOシネクイントに KAI-YOU 2018年4月23日配信
  3. ^ 唯一無二の“次世代型商業施設” 新生「渋谷PARCO」11月下旬オープン! パルコ 2019年6月18日

外部リンク編集