メインメニューを開く

ヒロイン失格』(ヒロインしっかく)は、幸田もも子による日本漫画作品。『別冊マーガレット』(集英社)2010年4月号から[1]2013年4月号にかけて連載された[2]

ヒロイン失格
ジャンル 少女漫画恋愛漫画学園漫画
漫画
作者 幸田もも子
出版社 集英社
掲載誌 別冊マーガレット
レーベル マーガレットコミックス
発表号 2010年4月号[1] - 2013年4月号[2]
発表期間 2010年3月13日 - 2013年3月13日
巻数 全10巻
話数 全36話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

2012年度講談社漫画賞にノミネートされている(落選)[3]。2015年、実写映画化[4][5]

ストーリー編集

女の子は誰しも自分が恋愛物語のヒロイン(主人公)になることを夢見るもの。

高校生・松崎はとり(以下 はとり)は、幼なじみで同じ高校に通う寺坂利太(以下 利太)に、密かな恋心を抱いていた。

利太は、その端正な顔立ちから、女の子に非常によくモテ、これまでいろいろな女の子と付き合ってきたが、ほとんどが長続きしなかった。

はとりは、利太がいろいろな女の子と付き合っても、それらの女の子はあくまで脇役で、利太が最後に選ぶ彼女ははとりで「利太のヒロインは、絶対に自分だ」と根拠のない自信を持っていた。

しかし現実はそんなに甘くない。

ある日、安達未帆(以下 未帆)が不良グループに絡まれているところを利太が助け、それをきっかけに利太未帆が付き合い始めた。

未帆は地味で控えめな性格であったので、はとりは初め、「新たな脇役が一人増えただけ」と高をくくっていたが、未帆の「私は寺坂くんが今まで付き合ってきた彼女たちみたく、寺坂くんとすぐに終わりたくない。長い目で見て最後に私を選んでくれればいいなって・・・・・・」との発言を聞き、未帆利太に対し自分と同じく考えているのを知り、「利太の本当のヒロインは、自分(はとり)」という絶対の自信が、急速に崩れ始めた。

キャッチコピーは「私を好きな人か。私が好きな人か。」

登場キャラクター 編集

松崎はとり(まつざき はとり)
主人公。連載開始時は高校1年生。幼馴染みの利太のことを5年間一途に想っている。超が付くほどメルヘンチック。妄想癖アリ。一人称は「あたし」。変顔が豊富。古典的少女漫画の様な顔に変えることも多い。
利太のヒロインは自分だと信じて疑わず頃合いを見て彼女になるつもり(自然と彼女になれるものだと根拠なく信じていた)だったが、脇役としか見ていなかった安達にその座を奪われた。以後は様々な手でヒロインの座を奪い返そうとするも返り討ちに合うというパターンが多い。
だが弘光のアプローチを受け心が揺らぎ始め、真剣な告白を受けたことで弘光の彼女となる。
しかし利太への想いを捨て去ることが出来ず、悩んだ末に弘光と別れ、利太と結ばれることになった。血液型はA型。
寺坂利太(てらさか りた)
はとりの幼なじみ。陸上部に所属しており端正な顔立ち。モテるが、今まで女とはいい加減な付き合いしかしてこなかった。とあることがきっかけで安達と付き合い始め、今までとは違う真剣な交際をするようになる。
だが弘光と親密になっていくはとりを見て、それを面白くないと思っている自分に気付き、実は昔からはとりのことが好きだったと自覚する。自分の気持ちに気付いてからは、安達への罪の意識と、すでに他人の彼女となったはとりへの想いで悩むようになる。
幼い頃、母親が若い男と蒸発した過去を持つ。そのため本気で好きになった人に離れていかれることに恐怖を感じており、誰にも本気になれない(はとり評)。作中ではとりにチョップしたときは「利太の嬉しいときの癖」(はとり評)という設定になっている。血液型はO型。
安達未帆(あだち みほ)
利太の彼女。地味でブスで色気がなくて鈍臭くて冴えないが、真面目でいい子。真っ直ぐでお人好し。少し空気の読めない無神経なところがある。弘光曰く、偽善者。男性経験が全くない、処女
「寺坂くんが他の誰かを好きになったときは仕方ないけど別れる」というスタンスで、それが余計はとりを苛立たせたが、実際に利太が自分の側を離れようとすると耐えられないことに気付き、必死に引き止めようとする一面を見せる。
利太と別れて以降はしばらく出番がなかったが、再登場時は別人のように垢抜けた容姿になっており、複数の男と関係を持ったり暴力男と付き合うなど破滅的な行動が目立つようになった。
責任を感じつきまとう利太を鬱陶しいと思いつつも、根負けし男との関係を断つ。改めて、利太がはとりと向き合えるように後押しした。
中島杏子(なかじま きょうこ)
はとりの友達。冷静でクールで毒舌。はとりからは「愚かなる中島」と呼ばれることが多い。
読者の気持ちを代弁するように、暴走しがちなはとりをいつも諌め現実的な解決策を提案するが受け入れられることは少ない。
時には物理的なツッコミさえするが友人としてはとりのことを気にかけており、彼女の心を振り回す利太には辛辣な言葉を投げかけることもある。
面倒見の良い性格であり、利太が安達と別れ、精神的、身体的に病んでいた際は一時期世話を焼いていた。その過程で何度か利太を意識したことも。
弘光廣祐(ひろみつ こうすけ)
バスケ部所属。NYASの柿P(NEWS山Pを捩(もじ)っていると考えられる)似のイケメン。恋愛などただの思いこみという考えであり、女に対してもかなりいい加減な付き合いしかしていない。ただし、真剣な告白を受けた際は「傷つけたくない」という理由で断る一面もある。
当初は自分を特別なヒロインだと思い込んでいるはとりへの興味と、利太へのあてつけではとりにちょっかいをだしていたが、交流を重ねていくうちに、はとりに対してこれまで自分が嘲笑っていたコントロールできない感情を抱くようになり、はとりに告白した。
付き合うようになってからは他の女とは縁を切り、セックスも無理強いしないといった誠実さを見せるようになった。血液型はA型。
弘光萌(ひろみつ もえ)
弘光のイトコ。はとりたちと同校の同学年。可愛くて巨乳。はとりの恋を応援すると言いながらちゃっかり利太に惚れる。
なお、あっさり振られてからは、再びはとりを応援している。

書誌情報編集

漫画編集

小説編集

関連作品編集

映画編集

ヒロイン失格
監督 英勉
脚本 吉田恵里香
原作 幸田もも子「ヒロイン失格」
製作 伊藤卓哉
宇田川寧
出演者 桐谷美玲
山﨑賢人
坂口健太郎
福田彩乃
我妻三輪子
高橋メアリージュン
中尾彬
柳沢慎吾
六角精児
濱田マリ
竹内力
音楽 横山克
主題歌 西野カナトリセツ
撮影 小松高志
編集 相良直一郎
制作会社 ダブ
製作会社 映画「ヒロイン失格」製作委員会
日本テレビ放送網
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 2015年9月19日
上映時間 112分
製作国   日本
言語 日本語
興行収入 24.3億円[26]
テンプレートを表示

2015年9月19日公開。監督は英勉。主演は桐谷美玲

キャスト編集

ほか

スタッフ編集

Blu-ray / DVD編集

2016年3月9日発売。発売・販売元はバップ。

  • ヒロイン失格(2枚組)
    • ディスク1:本編ディスク
    • ディスク2:特典ディスク(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録)
      • メイキング
      • 特報
      • 劇場予告編集
      • TVスポット集
      • MOVIXムービーポリシー動画
      • 書店用コミックコラボPV
      • 完成報告記者会見(6/21)
      • 大阪キャンペーン(8/28)
      • ジャパンプレミア(8/31)
      • 福岡・大阪キャンペーン(9/10~)
      • 初日舞台挨拶(9/19)
      • キャストインタビュー&キャスト×原作者対談
      • PR番組1 「ヒロイン失格公開記念 笑って泣けてキュンとする恋愛映画!?舞台裏スペシャル」
      • PR番組2 「東京暇人」より スペシャル座談会再編集ver.
      • PR番組3 5分フィラー
      • ZIP!」コラボ企画「めざせ! ヒロインへの道!」全5回
    • 封入特典
      • ブックレット
    • 初回限定特典
      • ホロ加工済みティザービジュアル使用特製スリーブケース付きクリアーピンクケース仕様

受賞編集

テレビ放送編集

回数 テレビ局 番組名
(放送枠名)
放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考
1 日本テレビ 金曜ロードSHOW! 2016年9月30日 21:00 - 22:54 114 8.3%[29] 地上波初放送[30][31]文字多重放送 / データ放送)。
放送時間は114分であり、枠に合わせて一部カットされている。
2 映画天国 2019年7月16日 1:59 - 3:59 120 関東ローカル[32]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 校歌も掲載!別マ付録は「君に届け」北幌高校の生徒手帳”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年3月13日). 2015年9月7日閲覧。
  2. ^ a b c 幸田もも子 (2013年3月13日). “最終回!!!”. 幸田日和. 2015年9月20日閲覧。
  3. ^ 『別冊マーガレット』2012年7月号182頁。
  4. ^ 幸田もも子「ヒロイン失格」桐谷美玲主演で映画化、劇中には変顔シーンも”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年1月26日). 2015年1月26日閲覧。
  5. ^ 桐谷美玲、丸刈り&変顔のコメディエンヌに!「ヒロイン失格」実写映画化”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2015年1月26日). 2015年1月26日閲覧。
  6. ^ ヒロイン失格/1|幸田 もも子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月18日閲覧。
  7. ^ ヒロイン失格/2|幸田 もも子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月18日閲覧。
  8. ^ 咲坂伊緒「ストロボ・エッジ」大団円!次号に特別編掲載”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年8月11日). 2016年10月13日閲覧。
  9. ^ ヒロイン失格/3|幸田 もも子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月18日閲覧。
  10. ^ 別マsisterに河原和音「遠恋デビュー」掲載、咲坂伊緒新作も”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年12月1日). 2016年10月13日閲覧。
  11. ^ ヒロイン失格/4|幸田 もも子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月18日閲覧。
  12. ^ 別マsister、主役は全員男の子!妄想男子ピンナップも封入”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年4月18日). 2016年10月13日閲覧。
  13. ^ 咲坂伊緒「アオハライド」1巻発売!別マに別カバーも付属”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年4月13日). 2016年10月13日閲覧。
  14. ^ ヒロイン失格/5|幸田 もも子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月18日閲覧。
  15. ^ 河原和音×アルコ、ブサイク豪傑男子の恋描く長編読み切り”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年10月1日). 2016年10月13日閲覧。
  16. ^ ヒロイン失格/6|幸田 もも子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月18日閲覧。
  17. ^ ヒロイン失格/7|幸田 もも子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月18日閲覧。
  18. ^ ヒロイン失格/8|幸田 もも子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月18日閲覧。
  19. ^ ヒロイン失格/9|幸田 もも子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月18日閲覧。
  20. ^ ヒロイン失格/10|幸田 もも子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月18日閲覧。
  21. ^ ヒロイン失格 映画ノベライズ みらい文庫版|松田 朱夏|集英社みらい文庫|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月8日閲覧。
  22. ^ 映画ノベライズ ヒロイン失格|せひら あやみ|集英社オレンジ文庫|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月22日閲覧。
  23. ^ やまもり三香ひるなかの流星』とのコラボ漫画。ひるなかの流星×ヒロイン失格、コラボ作がマーガレットに”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年5月20日). 2016年10月30日閲覧。
  24. ^ 「ヒロイン失格」特集が別マsisterで、弘光描く番外編や咲坂伊緒らの寄稿”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年9月1日). 2015年9月7日閲覧。
  25. ^ 幸田もも子『センセイ君主』とのコラボ漫画。ヒロイン失格×センセイ君主のコラボ作が別マに、桐谷美玲ら登場のDVDも”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年9月12日). 2015年9月13日閲覧。
  26. ^ 森本麗花 (2015年12月29日). 【インタビュー】桐谷美玲は「本当にすばらしい宣伝マン」 - ワーナー宣伝担当の独占告白、映画『ヒロイン失格』大ヒットの要因. インタビュアー:水崎泰臣. マイナビニュース.. http://news.mynavi.jp/articles/2015/12/29/kiritani-mirei/ 2016年1月4日閲覧。 
  27. ^ 桝太一アナ、制服姿で恋愛バトルを実況中継”. ORICON STYLE. 株式会社oricon ME (2015年8月19日). 2015年8月19日閲覧。
  28. ^ 日本アカデミー賞優秀賞発表!『海街diary』が最多12部門(2/2)”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2016年1月18日). 2016年1月18日閲覧。
  29. ^ 週刊高世帯視聴率番組10 Vol.40/2016年9月26日(月)~10月2日(日)”. ビデオリサーチ (2016年10月). 2019年3月19日閲覧。 “映画【関東地区】”
  30. ^ TVステーション」(ダイヤモンド社)関東版2016年20号 57頁
  31. ^ 作品ラインナップ|金曜ロードシネマクラブ|日本テレビ”. 日本テレビ (2016年9月30日). 2016年10月6日閲覧。
  32. ^ TVステーション 関東版』2019年15号、ダイヤモンド社、 49頁。

外部リンク編集