シャドウ・DN3 (Shadow DN3) は、シャドウ・レーシング・カーズ1974年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー1975年シーズン序盤にはアップデートされ、DN3Bとして使用された。BRMのエンジニアであったトニー・サウスゲートが設計したDN3は、ジャン=ピエール・ジャリエ1974年モナコグランプリで記録した3位が最高位であった。

シャドウ・DN3
ピーター・レブソンのドライブするDN3、1974年のレース・オブ・チャンピオンズ
カテゴリー F1
コンストラクター シャドウ
デザイナー トニー・サウスゲート
先代 DN1
後継 DN5
主要諸元[1]
シャシー アルミニウムモノコック
トレッド 前:1,473 mm (58.0 in)
後:1,524 mm (60.0 in)
ホイールベース 2,667 mm (105.0 in)
エンジン コスワースDFV 3.0リッター V型8気筒 NA
トランスミッション ヒューランド TL 200 5速 マニュアル
重量 580 kg (1,300 lb)
燃料 UOP
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム シャドウ・レーシング・カーズ
ドライバー アメリカ合衆国の旗 ピーター・レブソン
フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャリエ
イギリスの旗 ブライアン・レッドマン
イギリスの旗 トム・プライス
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1974年アルゼンチングランプリ
出走優勝ポールFラップ
14000
テンプレートを表示

開発編集

サウスゲートが設計したDN3は、彼が前年に設計したDN1の発展型であった。DN1の問題の一つは、過度に振動する点であり、DN3はモノコックの構造を堅牢にすることでその問題をクリアした。DN3はホイールベースが延長され、DN1よちも5kg重かった[2]

レース戦績編集

1974年シーズンの序盤2戦、新人のジャン=ピエール・ジャリエは前年のDN1を使用したが、いずれもリタイアとなった。第3戦以降はDN3をドライブしている。マクラーレンで優勝経験のあるピーター・レブソンが加入し、開幕戦からDN3をドライブした。レブソンは開幕戦で予選4位、第2戦ブラジルで予選6位となったが、決勝はいずれもリタイアとなっている。レブソンは第3戦南アフリカグランプリ前のテストで事故死し、シャドウは同GPをキャンセルした[3]

ブライアン・レッドマンがレブソンに代わって第4戦スペイングランプリから3戦に出場した。第7戦スウェーデングランプリでは地元ドライバーのバーティル・ルースが起用された。第8戦オランダグランプリ以降はトム・プライスが起用された。プライスは同年の第5戦ベルギーグランプリでトーケンからF1デビューを果たしている。プライスは第11戦ドイツグランプリで6位入賞、1ポイントを獲得し、チームはこの年合計7ポイントを獲得した。残る6ポイントはジャリエが獲得したが、彼はレブソンの死にも関わらず、シーズンの残りをファーストドライバーとして務めた。ジャリエはモナコで予選6位、決勝3位に入り、続くスウェーデンでも5位に入った[2]。チームは結局ランキング8位でシーズンを終えた[3]

プライスは翌1975年シーズンの序盤2戦も改良型のDN3Bを使用したが、ポイントを獲得することはできなかった。


F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1974年 UOPシャドウ・レーシング・カーズ DN3 フォード V8 G ARG
 
BRA
 
RSA
 
ESP
 
BEL
 
MON
 
SWE
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
7 8位
ジャン=ピエール・ジャリエ NC 13 3 5 Ret 12 Ret 8 8 Ret Ret 10
ピーター・レブソン Ret Ret
ブライアン・レッドマン 7 Ret Ret
バーティル・ルース Ret
トム・プライス Ret Ret 8 6 Ret 10 Ret NC
1975年 UOPシャドウ・レーシング・カーズ DN3B フォード V8 G ARG
 
BRA
 
RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
SWE
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
USA
 
9.51 6位1
トム・プライス 12 Ret
1976年 チーム P R ライリー DN3 フォード V8 G BRA
 
RSA
 
USW
 
ESP
 
BEL
 
MON
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
JPN
 
102 8位2
マイク・ワイルズ DNQ

^1 1975年シーズンのポイントは全てDN5によるもの

^2 1976年シーズンのポイントはDN5BDN8によるもの

編集

  1. ^ Stats F1. “Shadow DN3”. 2012年11月10日閲覧。
  2. ^ a b Hodges, 2001, p. 208
  3. ^ a b Nye, 1986, p. 233

参照編集

  • Nye, Doug (1985). Autocourse History of the Grand Prix Car 1966 - 1985. Richmond, Surrey, United Kingdom: Hazelton Publishing. ISBN 0905138376. 
  • Hodges, David (2001). A - Z of Grand Prix Cars. Ramsbury, Marlborough, Wiltshire: Crowood Press. ISBN 1861263392. 

外部リンク編集