ジャン=ピエール・ジャリエ

ジャン=ピエール・ジャック・ポール・ジャリエJean-Pierre Jacques Paul Jarier, 1946年7月10日 - )は、フランス人の元レーシング・ドライバー。1973年ヨーロッパF2チャンピオン。

ジャン=ピエール・ジャリエ
Jean-Pierre Jarier en 1976.jpg
ジャリエ(1976年)
基本情報
フルネーム ジャン=ピエール・ジャック・ポール・ジャリエ
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・シャラントン=ル=ポン
生年月日 (1946-07-10) 1946年7月10日(74歳)
F1での経歴
活動時期 1971,1973-1983
所属チーム '71,73 マーチ
'74-'76,'77 シャドウ
'77 ペンスキー
'77,'81,'83 リジェ
'78 ATS
'78 ロータス
'79-'80 ティレル
'81-'82 オゼッラ
出走回数 143 (135スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 3
通算獲得ポイント 31.5
ポールポジション 3
ファステストラップ 3
初戦 1971年イタリアGP
最終戦 1983年南アフリカGP
テンプレートを表示

人物紹介編集

クリス・エイモン同様、F1において「勝てそうで勝てなかったドライバー」とされる1人。リーダーラップ:79周・PP:3回は、それぞれ未勝利ドライバーにおける3位・2位タイの数値である。

職人気質とされる一方、速さはあるが安定感に欠けていたという評価もあり、その名をもじった「ジャンパー(Jumper)・ジャリエ」の異名で呼ばれた。また、移籍したチームが丁度低迷期と重なるという不運も多かった。

経歴編集

二輪からレースを始めたが、その後四輪に転向。フォーミュラ・フランスで結果を残し、1970年にフランスF3にステップアップ、ランク3位となった。翌1971年よりヨーロッパF2に参戦、3年目の1973年に7勝でチャンピオンを獲得した。

F1編集

1971年に第9戦イタリアGPにマーチからスポット参戦し、F1デビュー(周回不足でリタイヤ扱い)。1973年より本格参戦するが、参戦した10戦中リタイヤ8回・周回不足2回の完走なしに終わった。

シャドウ時代編集

 
1975年レース・オブ・チャンピオンズでのジャリエ

1974年よりシャドウに移籍。序盤は予選で下位に沈んだが、第6戦モナコGPでは予選6位を獲得し、決勝でも3位表彰台を記録(初完走)。続く第7戦スウェーデンGPでも予選8位から5位入賞を果たした。その後は予選で上位に食い込むことも多くなっていったが、この年の入賞は上記の2回のみに終わり、完走も半数以下の7回だった。

1975年には、開幕戦アルゼンチンGP・第2戦ブラジルGPでPPを獲得。上位とは言い難いマシンでの連続PPにより注目を集めたが、アルゼンチンGPでは決勝前のトラブルによりスタート出来なかった。ブラジルGPでもリタイヤに終わり(ただし、初FLを記録)、その後は予選では上位に食い込むことがあったものの、入賞は第4戦スペインGPでの4位のみだった(完走は3回)。

1976年も残留し、開幕戦ブラジルGPでは予選3位からFLを獲得(結果はリタイヤ)。しかしその後も結果を残せず、予選でもこれまでの2年は上回ったトム・プライスに4勝12敗に終わった。

シャドウ後編集

1977年1978年も、良いとは言い難いマシンで時折好走を見せるも、結果には結びつかないケースが続いていた。そんな中1978年の終盤2戦には、事故死したロニー・ピーターソンの代役として、この年圧倒的な強さを見せていたロータスから参戦。第15戦アメリカ東GPではFL、最終戦カナダGPではPPを獲得し、才能の片鱗を再びうかがわせた。特にカナダGPではスタートから終始トップを走行したが、残り20周余りでトラブルによりリタイヤに終わった。

1979年1980年は低迷期のティレルから参戦するも、1979年は3位表彰台2回を含め入賞6回。1980年は入賞3回と、低迷期なりには実績を残した。また1981年は後半よりオゼッラで参戦、下位チーム故チームメイトや前任が予選落ちを繰り返す中、ジャリエは全戦で予選を通過。1982年も予選落ちは2度のみだった。しかし結果は出せず、出走が14台のみだった第4戦サンマリノGPでの4位が、オゼッラでの唯一の入賞となった。

1983年は1981年序盤にも在籍したリジェから参戦するが、低迷期で入賞は記録できなかった。次第に速さの陰りも囁かれるようになり、この年をもってF1からは去っていった。

 
スポーツカーに参戦するジャリエ(写真は1974年)

スポーツカーレース編集

元々1974年には世界メーカー選手権ジャン=ピエール・ベルトワーズジャッキー・イクスマトラで組み5勝を記録するなど、スポーツカーレースでも成績を残している。1977年にはル・マン24時間レースにて、バーン・シュバンとのコンビで2位を獲得した。

F1離脱後は本格的にスポーツカーレースに転向し、1993年にはウベ・アルツェンクリスチャン・フィッティパルディスパ24時間レースを制した。フランスGT選手権では、1998年・1999年の2年連続でチャンピオンに輝いている。

レース戦績編集

ヨーロッパ・フォーミュラ2選手権編集

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
1971年 シェル・アラウンドチーム HOC THR
Ret
NÜR JAR
Ret
PAL
Ret
ROU
DNS
MAN
Ret
TUL ALB
3
VAL
DNQ
VAL
3
8位 10
1973年 STP マーチ・エンジニアリング MAL
1
HOC
1
THR
Ret
NÜR
Ret
PAU
2
KIN NIV
1
HOC ROU
1
MNZ MAN
1
KAR
1
PER
1
SAL NOR
Ret
ALB
2
VAL 1位 78

F1編集

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1971年 マーチシェル・アーノルド 701 RSA ESP MON NED FRA GBR GER AUT ITA
NC
CAN USA NC
(35位)
0
1973年 マーチ 721G ARG
Ret
BRA
Ret
RSA
NC
ESP NC
(31位)
0
731 BEL
Ret
MON
Ret
SWE
Ret
FRA
Ret
GBR NED GER AUT
Ret
ITA CAN
NC
USA
11
1974年 シャドウ DN1 ARG
Ret
BRA
Ret
RSA 14位 6
DN3 ESP
Ret
BEL
13
MON
3
SWE
5
NED
Ret
FRA
12
GBR
Ret
GER
8
AUT
8
ITA
Ret
CAN
Ret
USA
10
1975年 DN5 ARG
DNS
BRA
Ret
RSA
Ret
ESP
4
MON
Ret
BEL
Ret
SWE
Ret
NED
Ret
FRA
8
GBR
14
GER
Ret
USA
Ret
18位 1.5
DN7 AUT
Ret
ITA
Ret
1976年 DN5B BRA
Ret
RSA
Ret
USW
7
ESP
Ret
BEL
9
MON
8
SWE
12
FRA
12
GBR
9
GER
11
AUT
Ret
NED
10
ITA
19
CAN
18
USA
10
JPN
10
NC
(22位)
0
1977年 ペンスキーATS PC4 ARG BRA RSA USW
6
ESP
DNQ
MON
11
BEL
11
SWE
8
FRA
Ret
GBR
9
GER
Ret
AUT
14
NED
Ret
ITA
Ret
19位 1
シャドウ DN8 USA
9
CAN
リジェ JS7 JPN
Ret
1978年 ATS HS1 ARG
12
BRA
DNS
RSA
8
USW
11
MON
DNQ
BEL ESP SWE FRA GBR GER
DNQ
AUT NED ITA NC
(25位)
0
ロータス 79 USA
15
CAN
Ret
1979年 ティレル 009 ARG
Ret
BRA
Ret
RSA
3
USW
6
ESP
5
BEL
11
MON
Ret
FRA
5
GBR
3
GER AUT NED
Ret
ITA
6
CAN
Ret
USA
Ret
11位 14
1980年 ARG
Ret
BRA
12
13位 6
010 RSA
7
USW
Ret
BEL
5
MON
Ret
FRA
Ret
GBR
5
GER
15
AUT
Ret
NED
5
ITA
13
CAN
7
USA
NC
1981年 リジェ JS17 USW
Ret
BRA
7
ARG SMR BEL MON ESP FRA NC
(22位)
0
オゼッラ FA1B GBR
8
GER
8
AUT
10
NED
Ret
FA1C ITA
9
CAN
Ret
CPL
Ret
1982年 RSA
Ret
BRA
9
USW
Ret
SMR
4
BEL
Ret
MON
DNQ
DET
Ret
CAN
DNS
NED
14
GBR
Ret
FRA
Ret
20位 3
FA1D GER
Ret
AUT
DNQ
SUI
Ret
ITA
Ret
CPL
DNS
1983年 リジェ JS21 BRA
Ret
USW
Ret
FRA
9
SMR
Ret
MON
Ret
BEL
Ret
DET
Ret
CAN
Ret
GBR
10
GER
8
AUT
7
NED
Ret
ITA
9
EUR
Ret
RSA
10
NC
(22位)
0

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1972年   ノースアメリカン・レーシングチーム   クロード・ビシェ フェラーリ・365GTB/4 GT
5.0
297 9th 5th
1974年   エクィップ ジタン   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ-シムカ・MS680 S
3.0
104 DNF DNF
1975年   ジタン オートモービル リジェ   ジャン=ピエール・ベルトワーズ リジェ・JS2-マセラティ S
3.0
36 DNF DNF
1977年   グランド・ツーリング・カーズ
  ミラージュ・ルノー
  ヴァーン・シュパン ミラージュ・GR8-ルノー S
+2.0
331 2位 2位
1978年   ルノー・スポール   デレック・ベル ルノー・アルピーヌ・A442 S
+2.0
162 DNF DNF
1979年   ジャン=ピエール・ジャリエ   ランディ・タウンゼント
  レイモンド・トゥルール
ポルシェ・935 IMSA
+2.5
65 DNF DNF
1981年   BASFカセッテン・チーム・GSスポルト   ハンス=ヨアヒム・スタック
  ヘルムート・ヘンズラー
BMW・M1 IMSA
GTX
57 DNF DNF
1984年   ポルシェ クレマー レーシング   ヴァーン・シュパン
  アラン・ジョーンズ
ポルシェ・956B C1 337 6位 6位
1985年   クレーマー ポルシェ レーシング   マイク・サックウェル
  フランツ・コンラット
ポルシェ・962C C1 356 9位 9位
1988年   武富士 シュパン レーシング   ブライアン・レッドマン
  エイエ・エリジュ
C1 359 10位 10位
1995年   ラルブル・コンペティション   ヘスス・パレハ
  エリック・コマス
ポルシェ・911 GT2 Evo GT1 64 DNF DNF
1996年   ロック・レーシングチーム   ヘスス・パレハ
  ドミニク・チャペル
GT1 93 DNF DNF
1997年   ソシエテ シェロー   ジーン・リュック・シェロー
  ジャック・ルコンテ
ポルシェ・911 GT2 GT2 77 DNF DNF
1998年   ラルブル コンペティション   カール・ローゼンブラッド
  ロビン・ドノヴァン
GT2 164 DNF DNF
1999年   セバスチャン・ボーデ
  ピエール・ド・トワジー
GTS 134 DNF DNF
Source:[1]

脚注編集

  1. ^ Jean-Pierre Jarier, France”. racingsportscars.com. 2017年9月20日閲覧。

関連項目編集