シンドバッド黄金の航海

シンドバッド黄金の航海』(シンドバッドおうごんのこうかい、The Golden Voyage of Sinbad)は1973年アメリカ合衆国冒険映画1958年の『シンバッド七回目の航海』から始まる「シンドバッド三部作」の15年ぶりとなる2作目で、3作目は1977年の『シンドバッド虎の目大冒険』。

シンドバッド黄金の航海
The Golden Voyage of Sinbad
監督 ゴードン・ハッセル英語版
脚本 ブライアン・クレメンス英語版
製作 チャールズ・H・シュニア英語版
レイ・ハリーハウゼン
出演者 ジョン・フィリップ・ロー
キャロライン・マンロー
トム・ベイカー
ダグラス・ウィルマー英語版
音楽 ミクロス・ローザ
撮影 テッド・ムーア
編集 ロイ・ワッツ
配給 コロンビア映画
公開 イギリスの旗 1973年12月20日
アメリカ合衆国の旗 1974年4月5日
日本の旗 1974年12月21日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $982,351
前作 シンバッド七回目の航海
次作 シンドバッド虎の目大冒険
テンプレートを表示

ストーリー編集

航海中のシンドバッドの帆船に、奇妙な鳥(ホムンクルス)が黄金の刻印を落としていった。マラビア王国に着いたシンドバッドは、魔術師クーラとその手下に黄金の刻印を奪われそうになるが難を逃れ、宰相のビジエルに面会する。ビジエルは世継を定めず亡くなったマラビア国王により、国を任され摂政をしていたが、クーラの魔力による火球で顔に大火傷を負っており、黄金の仮面を付けていた。ビジエルもまた黄金の刻印を所持しており、2つの刻印を合わせると未知の孤島を示す海図らしきものとなった。ビジエルはシンドバッドに「刻印は3つで一組のものであり、全て揃えば、クーラの野望を排し、マラビアを危機から救えるのだ」と語る。宰相ビジエル、シンドバッドの夢に現われた女奴隷マルギアナ、そしてその自堕落さを叩き直してくれと父親の商人から頼まれた若者ハロウンを船に乗せて、船乗りシンドバッドの冒険が始まった。

スタッフ編集

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
TBS テレビ朝日
シンドバッド ジョン・フィリップ・ロー 小川真司 佐々木功
マルギアナ キャロライン・マンロー 土井美和 安永沙都子
魔術師クーラ トム・ベイカー 寺島幹夫 大塚周夫
宰相ビジエル ダグラス・ウィルマー英語版 大木民夫
精霊(声) ロバート・ショウ 今西正男 大平透
ハロウン カート・クリスチャン 大滝進矢 宮本充
アクメッド タキス・エマニュエル 小島敏彦 大友龍三郎
ハキム グレゴワール・アスラン英語版 今西正男 吉水慶
プロデューサー:上田正人(TBS)、台詞:高橋京子、演出:河村常平
制作:東北新社
翻訳:たかしまちせこ、演出:蕨南勝之、調整:山田太平、効果:猪飼和彦
制作:ムービーテレビジョン

解説編集

外部リンク編集