サジー: saji、: 沙棘)は、グミ科ヒッポファエ属(Hippophae L.)の落葉低木の総称。

サジー
Hippophae rhamnoides-01 (xndr).JPG
Hippophae rhamnoides
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: グミ科 Elaeagnaceae
: ヒッポファエ属 Hippophae L.
和名
サジー(沙棘)など
英名
Sea-buckthorn
Seaberry
下位分類群
  • 本文参照

概要編集

グミ科ヒッポファエ属(学名: Hippophae L.)に対する呼称は各国で様々ある(表「サジーの呼称」参照)。歴史の古い植物であるHippophaeには各国に自生種があり、それぞれ固有の名称を持つようになったことが影響している[1]日本では、中国での呼称「沙棘 Shaji」が変化したサジーという名前で呼ばれることが多いほか、英語圏における呼称であるシーバックソーン(Sea-buckthorn)やシーベリー(Seaberry)も用いられる。代表的なであるHippophae rhamnoidesにはスナジグミ(砂地茱萸)という和名がある。学名がクロウメモドキRhamnus)を元にして付けられていることから、ウミクロウメモドキとも呼ばれる[1][2][注 1]。なお、Hippophae rhamnoidesには4種8の亜種、または6種12の亜種があるとされ、2020年時点でも確定はされていない[1][3]

サジーはユーラシア大陸に広く自生し、伝統的に食品や医薬品として利用されてきたが、商業的な栽培が本格的に始まったのは20世紀後半からである[1][4]。特に旧ソ連と中国では早くから栽培と研究開発が進められ、品種改良も盛んに行われていた[3][5][6]。1991年のソビエト連邦崩壊で旧ソ連国内の研究機関が持つ情報およびサジーのが海外に流出したことが、20世紀末以降世界的にサジーの商業栽培が広まる一つのきっかけとなった[1]。その後各国で研究開発が進められるようになり、植物としての環境保全機能の高さや果実種子に含まれる栄養価の高さが、国内外において改めて注目されている[4][7]。特に果実については、植物界で最も栄養価が高い果実の一つであると言われ、ジュースをはじめ各種健康食品、またいわゆるスーパーフードとして、国内外で商業的に流通している[7][8][9]。食品以外に医薬品や化粧品としての実用化も進んでおり、その環境保全機能の高さと合わせてサジーは非常に大きな経済的可能性を秘めた植物であると言われている[6]

サジーの呼称
言語 読み
日本語 サジー Saji
英語 シーバックソーン Seabuckthorn
シーベリー Seaberry
ロシア名 アブレピーハ Oblepikha / облепиха
フランス名 アルグジエ Argousier
イタリア語 オリベロスピノソ Olivello Spinoso
フィンランド語 テュルニ Tyrni
スウェーデン語 ハブトーン Havtorn/Finbar
オランダ語 ドゥインドーン Duindoorn
ポーランド語 ロキトニク Rokitnik
ネパール語 タロ Tora, Chichi,Tara Chuk
ドイツ語 ザントドーン Sanddorn
デンマーク語 ティンブド Tinved
中国語 サージ Shaji
モンゴル語 チャチャルガン Yashildoo Chatsargana
チベット語 ダーブ Dhar-bu/star-bu
パキスタン語 メルク Milech
ヒンディー語 ダーチュク Dhurchuk
スペイン語 エスピノアーマリロ Espino Armarillo

形態・生態編集

落葉樹雌雄異株で、通常はのある低木である[10]。自然環境下では高さ2-4メートルに達するが、中国では18メートルまで育った例もある[5][11]樹皮は褐色または黒色である。葉は互生で、細長い披針形をしており、上面は銀灰色を帯びている[3]。雄花は4-6個の無花弁の花、雌花は子房胚珠の1対から成る。花蜜は無く、受粉はすべて風に頼る[3]。品種により異なるが、9-10月に1センチメートルほどの黄色ないしオレンジがかった赤色の実をつけ、冬の間も実を落とさない[5][11][12]。実には暗褐色で光沢のある卵形の種子が入っている[13]。種子の拡散は、実を食べる鳥によって行われる。鳥に食べられると、種子が鳥の体内で急速に成長し、フンとして排出された土地でまた新たに芽吹く[6][14][15]

摂氏マイナス43 ℃から40 ℃までの温度に耐えることができ、干ばつにも強いとされるが、年間降水量400 mm以下の地域では灌漑が必要となる[3][6]。クモの巣状の根系を広範かつ急速に発達させるため、砂状の土壌にしっかりと根を張り育つことができること、根に共生するフランキア菌の働きによる窒素固定能力を持ち空気中から栄養素を作り出せることから、土壌侵食防止、埋め立て砂漠の緑化といった用途に理想的な植物であるとされる[5][6][3][16][17][18][19][20]

 
Hippophae rhamnoidesの果実
 
Hippophae rhamnoidesの果実

分布編集

ユーラシア原産のサジーは、おおむね北緯27度から69度、西経7度から東経122度の間の温帯、すなわち中国モンゴルロシア、中央アジア、ヨーロッパ北部(イギリスフランスデンマークオランダドイツポーランドフィンランドスウェーデンノルウェー等)に広く自生する[5][14][21][22][23][24][25]。丘陵や斜面、谷間、河川敷、海岸沿い、島など様々な場所で見られ、他の低木や樹木の種との混合木立でも見られる[26]。前述の特性から、標高1200-2000メートルの高山や砂漠、寒暖の差が激しい地域にも自生できる[27]

日本国内には自生しておらず、主に北海道で試験的に栽培されている程度である[1]。その他、カナダアメリカイタリアボリビアチリ韓国など多くの国々で栽培が行われている[28]。2013年時点で、サジーの総植生面積は世界で約300万ヘクタール、このうち中国が約250万ヘクタール(うち野生種100万ヘクタール、栽培種150万ヘクタール)、モンゴルが約2万ヘクタール、インドが約1.2万ha、パキスタンが約3,000ヘクタールとなっている[29]。中国では毎年約1万ヘクタール分が果実の生産と環境改善のために植えられているほか[29]、インドでは気候変動対策を主な目的として、サジーをヒマラヤ地区に2020年までに100万ヘクタール植林する国家プロジェクトが2010年に発表されている[6][30]

含有成分編集

 
Hippophae rhamnoidesの果実

サジーは各部位に約300種類にも及ぶ豊富な栄養素を含んでおり、特に果実は植物界で最も栄養価が高く、ビタミンが豊富な果実の一つであるとされる[3][4][5][11][31]。これらの栄養素は、自生地の厳しい環境への順応の過程で生成されるようになったものである[1]。すなわち、乾燥や厳寒に対して水分の蒸発を防ぐため油脂成分を作り、砂漠などの栄養の無い土壌や海岸の塩分のある土壌でも自生出来るよう豊富な栄養素を自ら作り出すようになったと考えられる[1]。なお、これらの栄養素や生理活性成分の有無や濃度は、亜種を含む栽培品種の遺伝、栽培方法、生育場所、天候、収穫時期などによって大きく左右されることがわかっている[7][32][注 2]

果実編集

果実を圧搾すると、60-85%の果汁が得られる[4][11]。果汁はリンゴ酸をはじめとする有機酸を非常に多く含み、pHも2.7程度と低い[11][33]ビタミンCビタミンEビタミンAをはじめとする14種類のビタミン、アスパラギン酸などのアミノ酸亜鉛鉄分ミネラルも豊富に含まれる[4][5][33][34][35]。特にビタミンCは、レモンオレンジの果実を大幅に上回る量が含まれている[36][37][38][39]。非常に高い抗酸化作用を持つことが多くの研究において報告されており、薬用植物の中でサジーの果実が最も高い抗酸化活性を示したという報告もある[40][41]

また、液果としては珍しく油脂を含んでいる。この果実油には、パルミチン酸飽和脂肪酸)、パルミトレイン酸ω-7脂肪酸)、カロテノイド等が豊富に含まれる[4][11][12][42]。とりわけパルミトレイン酸については天然に高濃度で含まれる植物は希少であり、他にマカダミアナッツに多く含まれるが、その含有率ではサジーの果実が大幅に上回る[1]

種子編集

種子から抽出される種子油には、ビタミンEとβカロテンの含有量が高いほか、必須アミノ酸をはじめカルシウム、鉄、カリウム、亜鉛、セレンなどの微量元素、抗酸化物質、生理活性成分が含まれる[5]。脂肪酸を多く含むことも特徴で、種子油を構成する脂肪酸の最大73%が、不飽和必須脂肪酸であるリノール酸ω-6脂肪酸)またはα-リノレン酸ω-3脂肪酸)である[4][11][12][43]。また、人が摂取することで血中コレステロールを低下させる作用を持つフィトステロール(植物ステロール)を多く含み、その総量は大豆油に含まれる量の数倍を超える[4][35][44][45]

果皮編集

サジーの果皮には、フラボノイドカロテノイド植物ステロールおよびアミノ酸などの活性物質のほか、食物繊維が多量に含まれている[46]

編集

サジーの葉には、フラボノイド、カロテノイド、遊離エステル化されたステロール、トリテルペノール、イソプレノールといった成分が含まれる[11][47]

利用編集

サジーは、「形態・生態」の項で述べたような植物としての生態的な特性から、植林により土壌浸食防止、砂漠化対策、防風林といった環境保全的な用途に活用されている。一方で、「含有成分」の項で述べたように果実や種子に様々な成分を含むことから、健康食品や健康飲料、薬品、食品添加物、化粧品といった多様な製品に加工され、商業的に流通している。すべての部位が何らかの製品として活用されていると言える[48][注 3]

環境保全編集

厳しい環境でも育つことができ、耐寒性、耐乾性、塩分やアルカリ性土壌への耐性、強風への耐性を持つサジーは、土壌浸食防止、砂漠化対策、防風林、土地再生、野生生物の生息地の強化、農場の保護といった用途に用いられている[6][11][16]。種子や挿し木で簡単に繁殖できるので、大規模な植林にも向いている[6]

中国、モンゴル、インド、中央ヨーロッパなどでは、砂漠緑化や川岸の安定化のためにサジーが植林されている[3][16][45]。サジーの名産地で知られる内モンゴル自治区では、砂漠化が深刻なクブチ砂漠などで日本のNPOや企業が主導して継続的にサジーの植林事業を行っている[50][51][52][53][54][49]。中国では、黄河流域の砂岩土壌の浸食による氾濫を防ぐため、1999年から斜面や谷底への植林を行っている[49]。インドでは、政府と地方コミュニティが、不毛な土地の緑化および雇用創出を目的としてサジーの植林を徐々に進めており、2010年にはインド政府の環境・森林・気候変動省が、主に気候変動対策を目的として、サジーをヒマラヤ地区に2020年までに100万ヘクタール(東京ドーム21万個分)植林するプロジェクトを発表した[6][30]。インドでは2018年時点で、サジーの需要は地域の供給能力を上回っているとされ、大規模植林による供給能力のさらなる増加に伴って大きな経済効果が見込まれている[4]

埋め立てに用いられる例も多い[8][55][56][57]ほか、風による乾燥や物理的な損傷に強いため、ひらけた地形における風食を防ぐ防風林防砂林の役割も果たす[6]。カナダでは、農場の土壌保全、土地改良、水資源開発、牧草地管理などを支援する機関である平原農家復興局(Prairie Farm Rehabilitation Administration, PFRA)のプログラムの一環として、風害から畑を守るためのシェルターベルトとして数百万本の苗木が農家に無償で提供されるなど、大規模な植林事業が行われた(プログラムは2013年に終了)[3][58][59][60]。木の成長の早さを生かして、寒冷砂漠における燃料としても伝統的に利用されており、在来の木植物に対する伐採圧を軽減し脆弱な生態系を維持する、良質なバイオマスとしての役割を果たす[6][61][62]

 
スウェーデンの植物学者カール・アクセル・マグヌス・リンドマン(1856-1928)によるHippophae rhamnoidesのイラスト(1901年刊『北欧の植物図』より)

前述の通りサジーの植林が進められている砂漠地帯では、元々産業が定着しにくく、地域経済が不安定になりやすい。環境保全用途に留まらず産業価値が非常に高いとされるサジーは、こうした地域の経済を安定させ、雇用を生み出すという側面も指摘されており、前述のインドの例のように雇用創出をサジー植林の一つの目的とする場合も多い[3][48]

食用・飲用編集

インドや中国などで古くから、類いまれな栄養価を持つ果物として人々に食されてきた[3][4]。果実は栄養価が高いが、酸味渋みが非常に強く、生で食べるには難がある[4]。このため、加工され様々な形態で商品化されている。通常、果実は洗浄され、圧搾され、搾りかす(プレスケーキ、油粕)と果汁に分離される[4]搾りかすは、種子部分は油に、残りの部分は天然着色料(黄色、オレンジ)、ジャムパイなどに利用される。果汁は遠心分離、沈降、濾過等の方法で油分や残滓を除いて精製され、ジュース、リキュール、シロップ、ゼリーといった加工品になる[4][33][63]フィンランドでは、ベビーフードの栄養成分として使用されている例もある[4]。葉は反芻動物飼料として利用されるほか、風乾し、最終的には挽いて茶葉として使われることもある[4][11]

なお、主に果実の収穫と加工に際しては以下のような難しさがある。まず、サジーの果実は実の間に棘が密集して配置されているため、収穫が困難である。低木の枝をすべて取り除き、ホルモン投与によって果実の切り離しに必要な力を低減する、収穫を機械化する等の方法で効率化が図られている[12][33]。また、果実は熟しすぎるとその場で感知できるほどの強い麝香のような匂いを発する。洗浄することで臭気は軽減するが、根本的にこの問題を避けるためには非常に短い収穫時期を逃さずに果実を収穫し、加工工場へ迅速に運び、ただちに4-6 ℃まで冷却して微生物の成長を遅らせる必要がある[4][11][33]。果実を数日以上保存する場合には、急速冷凍技術を用いて冷凍する必要がある[11]。解凍後、抽出されたジュースは冷蔵保存しなければならず、長期保存のためには低温殺菌や冷凍保存が必要となる。さらに、主に種子に含まれるα-リノレン酸は融点が低いため熱に弱く、酸化しやすいという別の問題もある。この問題に対しては、超臨界二酸化炭素抽出法などの新しい技術を利用することで効率的に油分の抽出が可能になっている[4][11]

 
サジーの種子油を使用したサプリメント

国内外の企業が、こうして加工されたサジーを使った様々な商品を開発し販売している。インドでは、国防研究開発機構(DRDO)の構成機関である高地防衛研究所(DIHAR)が、サジーの果実から飲料を調製する技術を開発して以来、サジーへの注目が高まっている[64]。この技術は地元企業やNGOに譲渡され、インド市場では「Leh Berry」、「Ladakh Berry」、「PowerBerry」などのブランド名で、無添加の飲料として販売されている[65]。DIHARでは飲料の他にも、ジャムやピクルス、葉を主成分とするハーブティーなどを開発し、商品化している[6]。インドでのサジーに対する需要の高まりは、ラダック地域における果実の価格が2001年の8.0ルピー/kgから2011年の23.0ルピー/kg、2016年の50.0ルピー/kgへと上昇していることからも伺える[6]

化粧品編集

サジーの果実や種子から抽出されたオイルに含まれる豊富なビタミンと、人の皮膚脂質の成分でもあるパルミトレイン酸やγ-リノレン酸などユニークでバランスのとれた脂肪酸組成は肌の再生・修復や保湿に効果があり、特に加齢肌や乾燥肌向けの化粧品としてよく使用されている[4][7][12][66]。ハンドクリーム、シャンプー、マッサージオイル、日焼け止めとしても製品化されている[6][7]

薬用編集

薬用の臨床研究は1950年代に旧ソ連で開始された[3]。旧ソ連では多くの基礎研究と臨床実験を通じて、サジーの果実や油の有効成分が160-190種類に上ることを見出し、いち早く正式な医薬品として認定した[3][5]。宇宙事業の医学部門においては宇宙飛行士の保険薬品にも指定しており、これには宇宙放射線から宇宙飛行士の肌を守るため、紫外線予防効果のあるサジーの油脂を利用した[1][2][5]。中国では1977年、衛生部が薬局方に、サジーを薬と食物の両用品目として正式に記載している[3][5]。これらの国ではサジーから様々な形態の医薬品が開発されており、早くから皮膚や粘膜の炎症の治療に使用されてきた[3]

2000年代以降、サジーの薬理効果に関する研究は各国で進み、抗がん作用や放射線防護作用[67][68][69][70][71][72]、抗菌作用[73][74][75][76][77][78][79]、抗潰瘍作用[80][81]、抗酸化作用[82][83][84][85][86][87][88]、、心臓血管の保護作用[79][82][83][89][90][91][92]、糖尿病への有益性[93][94]、神経保護作用[85][95][96]、皮膚保護作用[97][98][99][100][7]、眼の保護効果[101][102][103]アトピー[104]花粉症[105]への効果など、数多くの薬理効果に関する報告が上がってきている。ただし多くは動物等による実験段階にとどまり、特に臨床段階において効果や安全性を証明する質の高い研究が提出されているとは言いがたく、さらなる調査・研究が必要とされている[4][7][13][106][107]

安全性編集

サジーは伝統的に食品や薬品として用いられてきた事実があり、特に食経験による安全性は一定程度認められている[108][109][110]。一方で、医学的な用途で科学的に安全であるかどうかについて、信頼できる情報が十分に蓄積されているとは必ずしも言えない。たとえば、月間1-2億PVを集めるアメリカ最大の健康・医療ポータル「WebMD英語版」は、サジーの果実やオイルを経口摂取した場合の安全性は高いと考えられる一方、葉の安全性や、皮膚に塗布した場合の安全性については信頼できる情報が十分ではないとする[106]。また、妊婦や基礎疾患を持つ人が摂取した場合の安全性についても不透明であるとされている[106]。ただし、精製されたオイルに関しては安全性が高く、妊婦に対して無害であるという報告も出てきており、臨床適用への研究・検証がまさに進行中であると言える[12][66]

歴史編集

サジーは元々パンゲア大陸ユーラシア地域の海岸で自生しており、パンゲア大陸の分裂に伴いユーラシア地域とインド地域が衝突することよってヒマラヤ山脈が形成された際に内陸へ移動した[1]。歴史の古い植物であるサジーはユーラシア大陸の広い範囲に自生していたことから、人類がこれを利用してきた歴史も長い。古くはの治療薬として知られており、サジーの葉や若い枝を飼料に加えることで、急激な体重増加や光沢のある毛並みを得ることができたとされる[16][111][49]。サジーの学名「Hippophae」は、「輝く馬」という意味である[16]古代ギリシアでは、「植物学の祖」とされるテオプラストスや、薬理学・薬草学の父と言われるペダニウス・ディオスコリデス大プリニウスといった学者の著書にサジーが登場している[11][49][112]。一方アジアでは、5000年近い歴史を持つインド伝統医学であるアーユルヴェーダにおいて伝統的に用いられてきた[113][114]。また、8世紀にはチベット医学の最初期の古典『月王薬診』『四部医典』(現在は『四部医典タンカ全集』として知られる)『晶珠本草』に薬草としての記述があり、発熱、炎症、中毒、膿瘍、咳、風邪、痰の除去、下剤目的、腫瘍(特に胃や食道)、婦人科疾患にサジーを使用することが記されている[5][111][115][116][117][118][119][120][121]。以後、サジーはヨーロッパとアジアの諸地域において、人々の暮らしの中で食品や医薬品として活用されてきた[3][122][123][124][125]

国として最初にサジーという植物に注目したのは旧ソ連であった。前述の通り1950年代には薬用の臨床研究が開始され、サジーから各種製品を生産するための最初の工場がビイスクに作られた。多くの基礎研究や臨床実験を通してサジーの特性を見出し、正式な医薬品として認定した。品種改良を進める一方で、宇宙飛行士向けの宇宙食や宇宙線保護クリームにも活用された[1][2][5]。中国四川医学院がサジーの成分に関する研究を始めた中国では、1977年、中国の衛生部が薬局方に、サジーを薬と食物の両用品目として正式に記載し、以後国家プロジェクトとして栽培と研究開発を進める。1991年のソビエト連邦崩壊によって旧ソ連内の研究機関が持つ情報およびサジーのが海外に流出したことが、20世紀末以降世界的にサジーの商業栽培が広まる一つのきっかけとなった[1]。その後各国で研究開発や産業利用が進められ、その産業価値の高さが国内外において改めて注目されるようになっている[4]。医学分野では、2000年代に入ってからサジーの持つ様々な薬理効果に関する研究が増加している[注 4]

こうした国際的な研究開発の進展に呼応するように、1999年にはサジーに関する国際的な組織「国際シーバックソーン協会」(ISA, International Seabuckthorn Association)が設立された。ISAは、1995年に北京で開催されたサジーに関する国際シンポジウムにおいて、中国、ロシア、カナダなど12カ国の提案で設立された「シーバックソーン国際調整委員会(International Seabuckthorn Cordinating Committee)」を引き継ぐ形で、インドでの国際シンポジウムにおいて設立されたものである[126]。2003年から2年に一度国際学会を開催している[121]。1995年から2000年まで、研究誌『Hippophae』を発行していたが、現在は休刊している[要出典]

また、2005年から2007年にかけて、ヨーロッパ、中国、ロシア、新独立国(NIS)の間でサジーの持続可能な共同利用のための包括的な協力ネットワークを構築することを目的としたプロジェクト「EAN-Seabuck」が、欧州委員会からの資金提供を受けて組織された[127]。具体的には、国を超えた技術移転、アジアの資源を共同で持続的に利用するためのベストプラクティスの共有、ロシアとNISにおけるサジー市場開発のためのヨーロッパとアジアのネットワーク構築等を目的としたプロジェクトであり、こうした枠組みを通して地域を超えた情報の共有も行われるようになっているのが21世紀初頭の状況である。

日本国内でも企業がサジーを用いた商品の開発・販売を行っている。2005年にはサジーを用いた商品を販売する企業が特定商取引法上の違反行為(虚偽・誇大広告、広告表示義務違反)を行ったとして経済産業省から業務停止命令を受ける事案が発生[128]。これを受けて2006年には、サジー商品を扱う企業から成る「日本サジー協会」が設立された[129][121]。同協会は国内におけるサジーの普及や品質保証を目的とし、国内で流通しているサジー商品の中でも特に優れたものに認定ロゴを授与する等の活動を行っている[130]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 両者は全く別の植物であるため注意が必要である。
  2. ^ たとえば、標高が高く、かつ乾燥や寒暖の差が激しい沙漠に自生しているシネンシス系サジーは他の品種と比べて栄養価が高いとされている[25]
  3. ^ サジーの果実1トン分から、およそ800キロのピューレ/ジュース、30キロのパルプオイル、8キロの種子油、85キロのプレスケーキ(および葉や枝)の原料が得られるという報告がある[49]
  4. ^ たとえばPubMedにおいて「sea-buckthorn」「seaberry」「hippophae」のいずれかをタイトルまたはアブストラクトに含む文献を検索すると、1981-1990年は26件、1991-2000年は34件、2001-2010年は214件、2011-2020年は520件と急激に増加している。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 星幸子「新しい果実シーベリー,実は最古の植物です」『日本食品科学工学会誌』第67巻第8号、日本食品科学工学会、2020年、 292-297頁、 doi:10.3136/nskkk.67.292ISSN 1341-027XNAID 130007891159
  2. ^ a b c トーマス S.C.リ, トーマス H.J.ビヴァリッジ 著、佐藤與重郎 訳 『シーバックソーンシーベリー (スナヂグミ) (Hippophae rhamnoides L.) 生産と利用』北方ベリー研究所、旭川、2006年。ISBN 4-9902920-0-6 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Li, Thomas S. C.; Schroeder, W. R. (1996). “Sea Buckthorn (Hippophae rhamnoides L.): A Multipurpose Plant” (英語). HortTechnology 6 (4): 370-380. doi:10.21273/HORTTECH.6.4.370. ISSN 1943-7714. https://journals.ashs.org/horttech/view/journals/horttech/6/4/article-p370.xml. 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Bal, Lalit M.; Meda, Venkatesh; Naik, S. N.; Satya, Santosh (2011-08-01). “Sea buckthorn berries: A potential source of valuable nutrients for nutraceuticals and cosmoceuticals” (英語). Food Research International 44 (7): 1718-1727. doi:10.1016/j.foodres.2011.03.002. ISSN 0963-9969. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0963996911001591. 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 依柏州, 秋山邦裕「中国東北地区におけるサジーの流通実態分析 : 遼寧省を事例として url=https://hdl.handle.net/10232/27100」『鹿兒島大學農學部學術報告』第65号、鹿児島大学、2015年3月、+7-12頁、+ISSN 0453-0845NAID 120005758118
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n Seabuckthorn: A multipurpose shrubs species in Ladakh cold desert”. JOURNAL OF ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY STUDIES (2018年3月25日). 2020年7月3日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g Pundir, Swati; Garg, Prakrati; Dviwedi, Ananya; Ali, Aaliya; Kapoor, V. K.; Kapoor, Deepak; Kulshrestha, Saurabh; Lal, Uma Ranjan et al. (2021-02-10). “Ethnomedicinal uses, phytochemistry and dermatological effects of Hippophae rhamnoides L.: A review” (英語). Journal of Ethnopharmacology 266: 113434. doi:10.1016/j.jep.2020.113434. ISSN 0378-8741. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378874120333195. 
  8. ^ a b W R Schroeder; Y Yao (1995). Sea buckthorn : a promising multipurpose crop for Saskatchewan. Indian Head, Sask 
  9. ^ 2020年上半期トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10”. 日本スーパーフード協会 (2019年12月20日). 2020年7月3日閲覧。
  10. ^ Rousi, Arne (1971). “The genus Hippophaë L. A taxonomic study”. Annales Botanici Fennici 8 (3): 177-227. ISSN 0003-3847. https://www.jstor.org/stable/23724624. 
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n Li, Thomas S.C. (2002). “Product development of sea buckthorn”. Trends in new crops and new uses (ASHS Press): 393-398. 
  12. ^ a b c d e f Koskovac, Marijana; Cupara, Snezana; Kipic, Mihailo; Barjaktarevic, Ana; Milovanovic, Olivera; Kojicic, Ksenija; Markovic, Marija (2017-12). “Sea Buckthorn Oil—A Valuable Source for Cosmeceuticals” (英語). Cosmetics 4 (4): 40. doi:10.3390/cosmetics4040040. https://www.mdpi.com/2079-9284/4/4/40. 
  13. ^ a b Padmanabhan, P.; Correa-Betanzo, J.; Paliyath, G. (2016-01-01), Caballero, Benjamin; Finglas, Paul M., eds. (英語), Berries and Related Fruits, Academic Press, pp. 364-371, doi:10.1016/b978-0-12-384947-2.00060-x, ISBN 978-0-12-384953-3, https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/B978012384947200060X 2021年10月20日閲覧。 
  14. ^ a b Yuldasheva, N. K.; Ul’chenko, N. T.; Chernenko, T. V.; Glushenkova, A. I. (2006-01-01). “Lipids from leaves of Hippophae rhamnoides” (英語). Chemistry of Natural Compounds 42 (1): 98-99. doi:10.1007/s10600-006-0045-2. ISSN 1573-8388. https://doi.org/10.1007/s10600-006-0045-2. 
  15. ^ 奇跡の果実“サジー”とは” (日本語). 日本サジー協会. 2021年10月19日閲覧。
  16. ^ a b c d e Rongsen, Lu (1992). Sea buckthorn : A multipurpose plant species for fragile mountains. ICIMOD Occasional Paper ; No. 20. International Centre for Integrated Mountain Development 
  17. ^ Cireasa, V. 1986. Hippophae rhamnoides L. extension on Rufeni Hill, Iasi district. Lucrari Stiintifice, Institutul Agronomic “Ion Ionescu de la Brad”, Horticultura 30:75-77
  18. ^ Yao, Yingraou; Tigerstedt, Peter M. A. (1994-02-01). “Genetic diversity inHippophae L. and its use in plant breeding” (英語). Euphytica 77 (1): 165-169. doi:10.1007/BF02551481. ISSN 1573-5060. https://doi.org/10.1007/BF02551481. 
  19. ^ Dhyani, Deepak; Maikhuri, R. K.; Rao, K. S.; Kumar, Lalit; Purohit, V. K.; Sundriyal, Manju; Saxena, K. G. (2007). “Basic nutritional attributes of Hippophae rhamnoides (Seabuckthorn) populations from Uttarakhand Himalaya, India”. Current Science 92 (8): 1148-1152. ISSN 0011-3891. https://www.jstor.org/stable/24097636. 
  20. ^ Wang, Rong; Zong, Shi-Xiang; Yu, Lin-Feng; Lu, Peng-Fei; Luo, You-Qing (2014-01-02). “Rhythms of volatile release from female and male sea buckthorn plants and electrophysiological response of sea buckthorn carpenter moths”. Journal of Plant Interactions 9 (1): 763-774. doi:10.1080/17429145.2014.926569. ISSN 1742-9145. https://doi.org/10.1080/17429145.2014.926569. 
  21. ^ Rousi, A. 1971. The genus Hippophae L. A taxonomic study. Ann. Bot. Fennici 8:177-227.
  22. ^ Pan, R.Z., Z. Zhang, Y . Ma, Z . Sun, and B . Deng. 1989. The distribution characters of sea buckthorn (H. rhamnoides L.) and its research progress in China. Proc. Intl. Symp. Sea Buckthorn, Xian, China. The Secretariat of Intl. Symp. Sea Buckthorn., p. 1-16.
  23. ^ Wahlberg, K. and N. Jeppsson. 1990. Development of cultivars and growing techniques for sea buckthorn, black chokeberry, Lonicera, and Sorbus. Sveriges Lantb bruksuniversitet. Verksamhetsberattelse Balsgaard (Sweden) 1990; 1988-1989:80-93.
  24. ^ Yao, Y. ; Tigerstedt, P. M. A. (1995). “Geographical variation of growth rhythm, height, and hardiness, and their relations in Hippophae rhamnoides”. Journal of the American Society for Horticultural Science 120 (4): 691-698. 
  25. ^ a b 種類によって栄養価が異なるサジー” (日本語). 日本サジー協会. 2021年10月19日閲覧。
  26. ^ Sea Buckthorn (Hippophae rhamnoides L.): Production and Utilization. Ottawa, Canada: NRC Research Press. (2003). doi:10.1139/9780660190075. ISBN 978-0660190075. OCLC 928553466. http://www.nrcresearchpress.com/doi/book/10.1139/9780660190075#.WX0sYVqGOV4 
  27. ^ Eliseev, I.P. and V.A. Fefelov. 1977. Material for studying Hippophae rhamnoides in Kabardino-Balkaria. Trudy Gor?kovskogo Selskokhozyaistvennogo Instituta 105:3-7
  28. ^ “Pathogenicity of dried-shrink disease and evaluation of resistance in a germplasm collection of sea buckthorn (Hippophae L.) from China and other countries”. Scientia Horticulturae 127: 70-78. (2010). doi:10.1016/j.scienta.2010.09.007. 
  29. ^ a b Ruan, Cheng-Jiang; Rumpunen, Kimmo; Nybom, Hilde (2013-06). “Advances in improvement of quality and resistance in a multipurpose crop: sea buckthorn” (英語). Critical Reviews in Biotechnology 33 (2): 126-144. doi:10.3109/07388551.2012.676024. ISSN 0738-8551. http://www.tandfonline.com/doi/full/10.3109/07388551.2012.676024. 
  30. ^ a b English Releases”. pib.gov.in. 2021年10月13日閲覧。
  31. ^ サジーの含有成分299種” (日本語). 日本サジー協会. 2021年10月19日閲覧。
  32. ^ Zheng, Jie; Kallio, Heikki; Yang, Baoru (2016-06-22). “Sea Buckthorn (Hippophaë rhamnoides ssp. rhamnoides) Berries in Nordic Environment: Compositional Response to Latitude and Weather Conditions”. Journal of Agricultural and Food Chemistry 64 (24): 5031-5044. doi:10.1021/acs.jafc.6b00682. ISSN 0021-8561. https://doi.org/10.1021/acs.jafc.6b00682. 
  33. ^ a b c d e Beveridge, Tom; Li, Thomas S. C.; Oomah, B. Dave; Smith, Allen (1999-09-01). “Sea Buckthorn Products: Manufacture and Composition”. Journal of Agricultural and Food Chemistry 47 (9): 3480-3488. doi:10.1021/jf981331m. ISSN 0021-8561. https://doi.org/10.1021/jf981331m. 
  34. ^ Chen, Liang; Xin, Xiulan; Yuan, Qipeng; Su, Donghai; Liu, Wei (2014). “Phytochemical properties and antioxidant capacities of various colored berries” (英語). Journal of the Science of Food and Agriculture 94 (2): 180-188. doi:10.1002/jsfa.6216. ISSN 1097-0010. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/jsfa.6216. 
  35. ^ a b Yang, Baoru; Karlsson, Riina M.; Oksman, Pentti H.; Kallio, Heikki P. (2001-11-01). “Phytosterols in Sea Buckthorn (Hippophaë rhamnoides L.) Berries: Identification and Effects of Different Origins and Harvesting Times”. Journal of Agricultural and Food Chemistry 49 (11): 5620-5629. doi:10.1021/jf010813m. ISSN 0021-8561. https://doi.org/10.1021/jf010813m. 
  36. ^ “Comparative study of vitamin C contents in fruits and medicinal plants”. Journal of the Chemical Society of Pakistan 30 (3): 406-409. (2008). https://jcsp.org.pk/ArticleUpload/724-3137-1-CE.pdf. 
  37. ^ Górnaś, Paweł; Šnē, Elga; Siger, Aleksander; Segliņa, Dalija (2014-09-01). “Sea buckthorn (Hippophae rhamnoides L.) leaves as valuable source of lipophilic antioxidants: The effect of harvest time, sex, drying and extraction methods” (英語). Industrial Crops and Products 60: 1-7. doi:10.1016/j.indcrop.2014.05.053. ISSN 0926-6690. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0926669014003331. 
  38. ^ Kallio, H.P.; Yang, B. (2014-01). “HEALTH EFFECTS OF SEA BUCKTHORN BERRIES; RESEARCH AND STRATEGIES AT THE UNIVERSITY OF TURKU, FINLAND”. Acta Horticulturae (1017): 343-349. doi:10.17660/actahortic.2014.1017.42. ISSN 0567-7572. https://doi.org/10.17660/ActaHortic.2014.1017.42. 
  39. ^ Kallio, Heikki; Yang, Baoru; Peippo, Pekka (2002-10-01). “Effects of Different Origins and Harvesting Time on Vitamin C, Tocopherols, and Tocotrienols in Sea Buckthorn (Hippophaë rhamnoides) Berries”. Journal of Agricultural and Food Chemistry 50 (21): 6136-6142. doi:10.1021/jf020421v. ISSN 0021-8561. https://doi.org/10.1021/jf020421v. 
  40. ^ Velioglu, Y. S.; Mazza, G.; Gao, L.; Oomah, B. D. (1998-10-01). “Antioxidant Activity and Total Phenolics in Selected Fruits, Vegetables, and Grain Products”. Journal of Agricultural and Food Chemistry 46 (10): 4113-4117. doi:10.1021/jf9801973. ISSN 0021-8561. https://doi.org/10.1021/jf9801973. 
  41. ^ Gorbatsova, Jelena; Lõugas, Tiina; Vokk, Raivo; Kaljurand, Mihkel (2007). “Comparison of the contents of various antioxidants of sea buckthorn berries using CE” (英語). ELECTROPHORESIS 28 (22): 4136-4142. doi:10.1002/elps.200700362. ISSN 1522-2683. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/elps.200700362. 
  42. ^ サジー果実オイルの栄養素” (日本語). 日本サジー協会. 2021年10月19日閲覧。
  43. ^ サジー種子オイルの栄養素” (日本語). 日本サジー協会. 2021年10月19日閲覧。
  44. ^ Li, T. S. C.; Beveridge, T. H. J.; Drover, J. C. G. (2007). "Phytosterol content of sea buckthorn (Hippophae rhamnoides L.) seed oil: Extraction and identification". Food Chem. 101 (4): 1633-1639. doi:10.1016/j.foodchem.2006.04.033
  45. ^ a b Yang, Baoru; Karlsson, Riina M.; Oksman, Pentti H.; Kallio, Heikki P. (2001-11-01). “Phytosterols in Sea Buckthorn (Hippophaë rhamnoides L.) Berries: Identification and Effects of Different Origins and Harvesting Times”. Journal of Agricultural and Food Chemistry 49 (11): 5620-5629. doi:10.1021/jf010813m. ISSN 0021-8561. https://doi.org/10.1021/jf010813m. 
  46. ^ サジー果皮の栄養素” (日本語). 日本サジー協会. 2021年10月19日閲覧。
  47. ^ Tigong, Chen; Ni, Ming Kang; Li, Rong; Ji, Fen (1991-01-01). “Investigation of the biological properties of Central Asian sea buckthorn growing in the province of Kansu (China)” (英語). Chemistry of Natural Compounds 27 (1): 119-121. doi:10.1007/BF00629848. ISSN 1573-8388. https://doi.org/10.1007/BF00629848. 
  48. ^ a b 人々を支えているサジーの産業” (日本語). 日本サジー協会. 2021年10月19日閲覧。
  49. ^ a b c d e Seth Pascoe (2016). “Advancing British sea buckthorn”. A Nuffield Farming Scholarships Trust Report. https://www.nuffieldscholar.org/sites/default/files/reports/2015_UK_Seth-Pascoe_Advancing-Sea-Buckthorn.pdf. 
  50. ^ 砂漠を緑に変えるサジー” (日本語). 日本サジー協会. 2021年10月19日閲覧。
  51. ^ 砂漠を緑に! 内モンゴルにおける日中協力植林事業の取り組み| 中華人民共和国 | アジア | 各国における取り組み - JICA”. www.jica.go.jp. 2021年10月18日閲覧。
  52. ^ 特定非営利活動法人内モンゴル沙漠化防止植林の会 | NPO法人ポータルサイト - 内閣府”. www.npo-homepage.go.jp. 2021年10月18日閲覧。
  53. ^ 環境省_グリーン家電エコポイント_環境寄附を使った活動報告_内モンゴル沙漠化防止植林の会”. www.env.go.jp. 2021年10月18日閲覧。
  54. ^ 2018年 サジー植林プロジェクトに参加しました。| 宇航人ジャパン株式会社” (日本語). 2021年10月18日閲覧。
  55. ^ Effect of red mud on growth and element accumulation in some plant species. Kerteszeti Egyetem Kozlemenyei 47:127-136
  56. ^ Akkermans, Antoon D. L.; Roelofsen, Wim; Blom, Jan; Huss-Danell, Kerstin; Harkink, Reint (1983-11-01). “Utilization of carbon and nitrogen compounds by Frankia in synthetic media and in root nodules of Alnus glutinosa, Hippophaë rhamnoides, and Datisca cannabina”. Canadian Journal of Botany 61 (11): 2793-2800. doi:10.1139/b83-309. ISSN 0008-4026. https://cdnsciencepub.com/doi/10.1139/b83-309. 
  57. ^ Dobritsa, Svetlana V.; Novik, Svetlana N. (1992-07-01). “Feedback regulation of nodule formation in Hippophaë rhamnoides” (英語). Plant and Soil 144 (1): 45-50. doi:10.1007/BF00018843. ISSN 1573-5036. https://doi.org/10.1007/BF00018843. 
  58. ^ 立川雅司「カナダにおける近年の農村地域政策の動向」『農総研季報』第43号、農林水産省、1999年、 31-49頁。
  59. ^ Prairie Farm Rehabilitation Administration (PFRA) | The Canadian Encyclopedia”. www.thecanadianencyclopedia.ca. 2021年10月18日閲覧。
  60. ^ Prairie Shelterbelt Program:Application for Trees”. Agriculture and Agri-Food Canada (2008年). 2013年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月16日閲覧。
  61. ^ Fu, Longsheng; Su, Huidan; Li, Rui; Cui, Yongjie (2014-04-01). “Harvesting technologies for sea buckthorn fruit” (英語). Engineering in Agriculture, Environment and Food 7 (2): 64-69. doi:10.1016/j.eaef.2013.10.002. ISSN 1881-8366. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1881836614000196. 
  62. ^ Sheng, H. M.; An, L. Z.; Chen, T.; Xu, S. J.; Liu, G. X.; Zheng, X. L.; Pu, L. L.; Liu, Y. J. et al. (2006-08-01). “Analysis of the genetic diversity and relationships among and within species of Hippophae (Elaeagnaceae) based on RAPD markers” (英語). Plant Systematics and Evolution 260 (1): 25-37. doi:10.1007/s00606-006-0413-1. ISSN 1615-6110. https://doi.org/10.1007/s00606-006-0413-1. 
  63. ^ Li TSC (2002). Product development of sea buckthorn. ASHS Press, Alexandria, VA. pp. 393-398. http://www.hort.purdue.edu/newcrop/ncnu02/pdf/li.pdf 2014年5月16日閲覧。 
  64. ^ Zeb, A., Malook, I. (2009). “Biochemical characterization of sea buckthorn (Hippophae rhamnoides L. spp. turkestanica) seed”. African Journal of Biotechnology 8 (8). https://www.ajol.info/index.php/ajb/article/view/60346. 
  65. ^ Aras TA, Akkemik U, Kaya Z (2007). “Hippophae Rhamnoides L.: fruit and seed morphology and its taxonomic problems in Turkey”. Pakistan Journal of Botany 39. https://www.researchgate.net/publication/228504126_Hippophae_Rhamnoides_L_fruit_and_seed_morphology_and_its_taxonomic_problems_in_Turkey. 
  66. ^ a b Zielińska, Aleksandra; Nowak, Izabela (2017-05-19). “Abundance of active ingredients in sea-buckthorn oil”. Lipids in Health and Disease 16 (1): 95. doi:10.1186/s12944-017-0469-7. ISSN 1476-511X. PMC PMC5438513. PMID 28526097. https://doi.org/10.1186/s12944-017-0469-7. 
  67. ^ Goel, H. C.; Prasad, J.; Singh, S.; Sagar, R. K.; Prem Kumar, I.; Sinha, A. K. (2002-01-01). “Radioprotection by a herbal preparation of Hippophae rhamnoides, RH-3, against whole body lethal irradiation in mice” (英語). Phytomedicine 9 (1): 15-25. doi:10.1078/0944-7113-00077. ISSN 0944-7113. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0944711304700768. 
  68. ^ Kumar, I. Prem; Namita, Samanta; Goel, H. C. (2002-09). “Modulation of chromatin organization by RH-3, a preparation of Hippophae rhamnoides, a possible role in radioprotection”. Molecular and Cellular Biochemistry 238 (1-2): 1-9. doi:10.1023/a:1019905211392. ISSN 0300-8177. PMID 12349895. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12349895. 
  69. ^ Agrawala, P. K.; Goel, H. C. (2002-05). “Protective effect of RH-3 with special reference to radiation induced micronuclei in mouse bone marrow”. Indian Journal of Experimental Biology 40 (5): 525-530. ISSN 0019-5189. PMID 12622196. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12622196. 
  70. ^ Bala, Madhu; Gupta, Manish; Saini, Manu; Abdin, M. Z.; Prasad, Jagdish (2015). “Sea Buckthorn Leaf Extract Protects Jejunum and Bone Marrow of (60)Cobalt-Gamma-Irradiated Mice by Regulating Apoptosis and Tissue Regeneration”. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine: eCAM 2015: 765705. doi:10.1155/2015/765705. ISSN 1741-427X. PMC 4569787. PMID 26421051. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26421051. 
  71. ^ Hibasami, Hiroshige; Mitani, Akihiro; Katsuzaki, Hirotaka; Imai, Kunio; Yoshioka, Kazumi; Komiya, Takashi (2005-05). “Isolation of five types of flavonol from seabuckthorn (Hippophae rhamnoides) and induction of apoptosis by some of the flavonols in human promyelotic leukemia HL-60 cells”. International Journal of Molecular Medicine 15 (5): 805-809. ISSN 1107-3756. PMID 15806302. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15806302. 
  72. ^ Kim, Sung-Jo; Hwang, Eunmi; Yi, Sun Shin; Song, Ki Duk; Lee, Hak-Kyo; Heo, Tae-Hwe; Park, Sang-Kyu; Jung, Yun Joo et al. (2017-08). “Sea Buckthorn Leaf Extract Inhibits Glioma Cell Growth by Reducing Reactive Oxygen Species and Promoting Apoptosis”. Applied Biochemistry and Biotechnology 182 (4): 1663-1674. doi:10.1007/s12010-017-2425-4. ISSN 1559-0291. PMID 28181191. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28181191. 
  73. ^ Negi, P. S.; Chauhan, A. S.; Sadia, G. A.; Rohinishree, Y. S.; Ramteke, R. S. (2005-08-01). “Antioxidant and antibacterial activities of various seabuckthorn (Hippophae rhamnoides L.) seed extracts” (英語). Food Chemistry 92 (1): 119-124. doi:10.1016/j.foodchem.2004.07.009. ISSN 0308-8146. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308814604005643. 
  74. ^ Abidi, Syed Hani; Ahmed, Khalid; Sherwani, Sikander Khan; Kazmi, Shahana Urooj (2015-09-27). “Synergy between antibiotics and natural agents results in increased antimicrobial activity against Staphylococcus epidermidis”. Journal of Infection in Developing Countries 9 (9): 925-929. doi:10.3855/jidc.5164. ISSN 1972-2680. PMID 26409732. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26409732. 
  75. ^ Jiang, Lanxiang; Li, Hongen; Wang, Laiying; Song, Zexin; Shi, Lei; Li, Wenhua; Deng, Xuming; Wang, Jianfeng (2016-03). “Isorhamnetin Attenuates Staphylococcus aureus-Induced Lung Cell Injury by Inhibiting Alpha-Hemolysin Expression”. Journal of Microbiology and Biotechnology 26 (3): 596-602. doi:10.4014/jmb.1507.07091. ISSN 1738-8872. PMID 26643966. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26643966. 
  76. ^ Qadir, Muhammad Imran; Abbas, Khizar; Younus, Adnan; Shaikh, Rehan Sadiq (2016-09). “Report - Antibacterial activity of sea buckthorn (Hippophaë rhamnoides L.) against methicillin resistant Staphylococcus aureus (MRSA)”. Pakistan Journal of Pharmaceutical Sciences 29 (5): 1711-1713. ISSN 1011-601X. PMID 27731833. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27731833. 
  77. ^ Widen, Cecilia; Renvert, Stefan; Persson, Gosta Rutger (2015). “Antibacterial activity of berry juices, an in vitro study”. Acta Odontologica Scandinavica 73 (7): 539-543. doi:10.3109/00016357.2014.887773. ISSN 1502-3850. PMID 25727734. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25727734. 
  78. ^ Torelli, A.; Gianchecchi, E.; Piccirella, S.; Manenti, A.; Piccini, G.; Llorente Pastor, E.; Canovi, B.; Montomoli, E. (2015-08-05). “Sea buckthorn bud extract displays activity against cell-cultured Influenza virus”. Journal of Preventive Medicine and Hygiene 56 (2): E51-56. ISSN 1121-2233. PMC 4718352. PMID 26789988. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26789988. 
  79. ^ a b Larmo, Petra S.; Yang, Baoru; Hurme, Saija A. M.; Alin, Jouni A.; Kallio, Heikki P.; Salminen, Eeva K.; Tahvonen, Raija L. (2009-08). “Effect of a low dose of sea buckthorn berries on circulating concentrations of cholesterol, triacylglycerols, and flavonols in healthy adults”. European Journal of Nutrition 48 (5): 277-282. doi:10.1007/s00394-009-0011-4. ISSN 1436-6215. PMID 19288149. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19288149. 
  80. ^ Xing, Jianfeng; Yang, Baoru; Dong, Yaling; Wang, Bingwen; Wang, Junxian; Kallio, Heikki P. (2002-12). “Effects of sea buckthorn (Hippophaë rhamnoides L.) seed and pulp oils on experimental models of gastric ulcer in rats”. Fitoterapia 73 (7-8): 644-650. doi:10.1016/s0367-326x(02)00221-6. ISSN 0367-326X. PMID 12490224. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12490224. 
  81. ^ Dogra, Richa; Tyagi, S. P.; Kumar, Amit (2013). “Efficacy of Seabuckthorn (Hippophae rhamnoides) Oil vis-a-vis Other Standard Drugs for Management of Gastric Ulceration and Erosions in Dogs”. Veterinary Medicine International 2013: 176848. doi:10.1155/2013/176848. ISSN 2090-8113. PMC PMC3703904. PMID 23853738. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23853738. 
  82. ^ a b Yang, Fang; Suo, Yourui; Chen, Dongli; Tong, Li (2016-07-19). “Protection against vascular endothelial dysfunction by polyphenols in sea buckthorn berries in rats with hyperlipidemia”. Bioscience Trends 10 (3): 188-196. doi:10.5582/bst.2016.01056. ISSN 1881-7823. PMID 27237219. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27237219. 
  83. ^ a b Luo, Yun; Sun, Guibo; Dong, Xi; Wang, Min; Qin, Meng; Yu, Yingli; Sun, Xiaobo (2015-03-23). “Isorhamnetin Attenuates Atherosclerosis by Inhibiting Macrophage Apoptosis via PI3K/AKT Activation and HO-1 Induction” (英語). PLOS ONE 10 (3): e0120259. doi:10.1371/journal.pone.0120259. ISSN 1932-6203. PMC PMC4370599. PMID 25799286. https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0120259. 
  84. ^ Wang, Yong; Zhao, Liang; Huo, Yazhen; Zhou, Feng; Wu, Wei; Lu, Feng; Yang, Xue; Guo, Xiaoxuan et al. (2016-05-02). “Protective Effect of Proanthocyanidins from Sea Buckthorn (Hippophaë Rhamnoides L.) Seed against Visible Light-Induced Retinal Degeneration in Vivo”. Nutrients 8 (5): E245. doi:10.3390/nu8050245. ISSN 2072-6643. PMC 4882658. PMID 27144578. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27144578. 
  85. ^ a b Shivapriya, S.; Ilango, K.; Dubey, G. P. (2015-09). “Evaluation of antioxidant and neuroprotective effect of Hippophae rhamnoides (L.) on oxidative stress induced cytotoxicity in human neural cell line IMR32”. Saudi Journal of Biological Sciences 22 (5): 645-650. doi:10.1016/j.sjbs.2015.04.011. ISSN 1319-562X. PMC 4537860. PMID 26288571. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26288571. 
  86. ^ Dubey, Suchita; Deep, Prakash; Singh, Amrit K. (2016-03). “Phytochemical characterization and evaluation of anticataract potential of seabuckthorn leaf extract”. Veterinary Ophthalmology 19 (2): 144-148. doi:10.1111/vop.12271. ISSN 1463-5224. PMID 25833733. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25833733. 
  87. ^ Olas, Beata; Kontek, Bogdan; Malinowska, Paulina; ?uchowski, Jerzy; Stochmal, Anna (2016). “Hippophae rhamnoides L. Fruits Reduce the Oxidative Stress in Human Blood Platelets and Plasma”. Oxidative Medicine and Cellular Longevity 2016: 4692486. doi:10.1155/2016/4692486. ISSN 1942-0994. PMC 4737000. PMID 26933473. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26933473. 
  88. ^ Muzykiewicz, Anna; Zielonka-Brzezicka, Joanna; Klimowicz, Adam (2018-12-01). “Antioxidant potential of Hippophae rhamnoides L. extracts obtained with green extraction technique” (英語). Herba Polonica 64 (4): 14-22. doi:10.2478/hepo-2018-0022. ISSN 2449-8343. https://www.sciendo.com/article/10.2478/hepo-2018-0022. 
  89. ^ Eccleston, Clair; Baoru, Yang; Tahvonen, Raija; Kallio, Heikki; Rimbach, Gerald H.; Minihane, Anne M. (2002-06). “Effects of an antioxidant-rich juice (sea buckthorn) on risk factors for coronary heart disease in humans”. The Journal of Nutritional Biochemistry 13 (6): 346-354. doi:10.1016/s0955-2863(02)00179-1. ISSN 1873-4847. PMID 12088800. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12088800. 
  90. ^ Larmo, Petra S.; Kangas, Antti J.; Soininen, Pasi; Lehtonen, Henna-Maria; Suomela, Jukka-Pekka; Yang, Baoru; Viikari, Jorma; Ala-Korpela, Mika et al. (2013-10). “Effects of sea buckthorn and bilberry on serum metabolites differ according to baseline metabolic profiles in overweight women: a randomized crossover trial”. The American Journal of Clinical Nutrition 98 (4): 941-951. doi:10.3945/ajcn.113.060590. ISSN 1938-3207. PMC PMC3778864. PMID 23945716. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23945716. 
  91. ^ Lehtonen, H.-M.; Suomela, J.-P.; Tahvonen, R.; Yang, B.; Venojarvi, M.; Viikari, J.; Kallio, H. (2011-03). “Different berries and berry fractions have various but slightly positive effects on the associated variables of metabolic diseases on overweight and obese women” (英語). European Journal of Clinical Nutrition 65 (3): 394-401. doi:10.1038/ejcn.2010.268. ISSN 1476-5640. https://www.nature.com/articles/ejcn2010268. 
  92. ^ Linderborg, Kaisa M.; Lehtonen, Henna-Maria; Jarvinen, Riikka; Viitanen, Matti; Kallio, Heikki (2012-06). “The fibres and polyphenols in sea buckthorn (Hippophaë rhamnoides) extraction residues delay postprandial lipemia”. International Journal of Food Sciences and Nutrition 63 (4): 483-490. doi:10.3109/09637486.2011.636346. ISSN 1465-3478. PMID 22098442. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22098442. 
  93. ^ Yuan, Huaibo; Zhu, Xiping; Wang, Wenjuan; Meng, Lina; Chen, Deyi; Zhang, Cuan (2016-03-16). “Hypoglycemic and anti-inflammatory effects of seabuckthorn seed protein in diabetic ICR mice” (英語). Food & Function 7 (3): 1610-1615. doi:10.1039/C5FO01600B. ISSN 2042-650X. https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2016/fo/c5fo01600b. 
  94. ^ Gao, Shan; Guo, Qing; Qin, Chengguang; Shang, Rui; Zhang, Zesheng (2017-02-22). “Sea Buckthorn Fruit Oil Extract Alleviates Insulin Resistance through the PI3K/Akt Signaling Pathway in Type 2 Diabetes Mellitus Cells and Rats”. Journal of Agricultural and Food Chemistry 65 (7): 1328-1336. doi:10.1021/acs.jafc.6b04682. ISSN 1520-5118. PMID 28134520. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28134520. 
  95. ^ Xu, Yanji; Li, Guangzhe; Han, Chunji; Sun, Lianping; Zhao, Rongjie; Cui, Santian (2005-03). “Protective effects of Hippophae rhamnoides L. juice on lead-induced neurotoxicity in mice”. Biological & Pharmaceutical Bulletin 28 (3): 490-494. doi:10.1248/bpb.28.490. ISSN 0918-6158. PMID 15744075. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15744075. 
  96. ^ Diandong, Hou; Feng, Gu; Zaifu, Liang; Helland, Timothy; Weixin, Fu; Liping, Cai (2016-03). “Sea buckthorn (Hippophaë rhamnoides L.) oil protects against chronic stress-induced inhibitory function of natural killer cells in rats”. International Journal of Immunopathology and Pharmacology 29 (1): 76-83. doi:10.1177/0394632015619939. ISSN 0394-6320. PMC 5806740. PMID 26684638. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26684638. 
  97. ^ Wang, Xinxin; Li, Sijia; Liu, Jiping; Kong, Dongning; Han, Xiaowei; Lei, Ping; Xu, Ming; Guan, Hongquan et al. (2020-08-26). “Ameliorative effects of sea buckthorn oil on DNCB induced atopic dermatitis model mice via regulation the balance of Th1/Th2”. BMC complementary medicine and therapies 20 (1): 263. doi:10.1186/s12906-020-02997-2. ISSN 2662-7671. PMC 7449066. PMID 32843010. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32843010. 
  98. ^ Yao, Qifeng; Jia, Tinghan; Qiao, Wu; Gu, Hongjian; Kaku, Ken (2021-01). “Unsaturated fatty acid-enriched extract from Hippophae rhamnoides seed reduces skin dryness through up-regulating aquaporins 3 and hyaluronan synthetases 2 expressions”. Journal of Cosmetic Dermatology 20 (1): 321-329. doi:10.1111/jocd.13482. ISSN 1473-2165. PMC 7818504. PMID 32638495. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32638495. 
  99. ^ Zhang, Jiachan; Wang, Changtao; Wang, Chengtao; Sun, Baoguo; Qi, Cai (2018-10-17). “Understanding the role of extracts from sea buckthorn seed residues in anti-melanogenesis properties on B16F10 melanoma cells”. Food & Function 9 (10): 5402-5416. doi:10.1039/c8fo01427b. ISSN 2042-650X. PMID 30277491. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30277491. 
  100. ^ G?gotek, Agnieszka; Jastrz?b, Anna; Jarocka-Karpowicz, Iwona; Muszy?ska, Marta; Skrzydlewska, El?bieta (2018-08-23). “The Effect of Sea Buckthorn (Hippophaë rhamnoides L.) Seed Oil on UV-Induced Changes in Lipid Metabolism of Human Skin Cells”. Antioxidants (Basel, Switzerland) 7 (9): E110. doi:10.3390/antiox7090110. ISSN 2076-3921. PMC 6162715. PMID 30142919. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30142919. 
  101. ^ Larmo, Petra S.; Jarvinen, Riikka L.; Setala, Niko L.; Yang, Baoru; Viitanen, Matti H.; Engblom, Janne R. K.; Tahvonen, Raija L.; Kallio, Heikki P. (2010-08). “Oral sea buckthorn oil attenuates tear film osmolarity and symptoms in individuals with dry eye”. The Journal of Nutrition 140 (8): 1462-1468. doi:10.3945/jn.109.118901. ISSN 1541-6100. PMID 20554904. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20554904. 
  102. ^ Jarvinen, Riikka L.; Larmo, Petra S.; Setala, Niko L.; Yang, Baoru; Engblom, Janne Rk; Viitanen, Matti H.; Kallio, Heikki P. (2011-09). “Effects of oral sea buckthorn oil on tear film Fatty acids in individuals with dry eye”. Cornea 30 (9): 1013-1019. doi:10.1097/ICO.0b013e3182035ad9. ISSN 1536-4798. PMID 21832964. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21832964. 
  103. ^ Larmo, Petra S.; Jarvinen, Riikka L.; Yang, Baoru; Kallio, Heikki P. (2014-01-01), Preedy, Victor R., ed. (英語), Chapter 48 - Sea Buckthorn, Dry Eye, and Vision, Academic Press, pp. 473-480, doi:10.1016/b978-0-12-401717-7.00048-4, ISBN 978-0-12-401717-7, https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/B9780124017177000484 2021年10月20日閲覧。 
  104. ^ Yang, B; Kalimo, KO; Mattila, LM; Kallio, SE; Katajisto, JK; Peltola, OJ; Kallio, HP (1999). Effects of dietary supplementation with sea buckthorn (Hippophaë rhamnoides) seed and pulp oils on atopic dermatitis.. J Nutr Biochem. pp. 622-630 
  105. ^ 王, ジュエ (2007). サジー種子抽出物. 日本国特許庁 
  106. ^ a b c SEA BUCKTHORN: Overview, Uses, Side Effects, Precautions, Interactions, Dosing and Reviews” (英語). www.webmd.com. 2021年10月15日閲覧。
  107. ^ Sea Buckthorn Uses, Benefits & Dosage - Drugs.com Herbal Database” (英語). Drugs.com. 2021年10月19日閲覧。
  108. ^ 何千年も前から食べられてきたサジーの安全性” (日本語). 日本サジー協会. 2021年10月19日閲覧。
  109. ^ 6つの試験で認められたサジージュースの安全性” (日本語). 日本サジー協会. 2021年10月19日閲覧。
  110. ^ インド政府が明らかにしたサジーの安全性” (日本語). 日本サジー協会. 2021年10月19日閲覧。
  111. ^ a b Suryakumar, Geetha; Gupta, Asheesh (2011-11-18). “Medicinal and therapeutic potential of Sea buckthorn (Hippophae rhamnoides L.)”. Journal of Ethnopharmacology 138 (2): 268-278. doi:10.1016/j.jep.2011.09.024. ISSN 1872-7573. PMID 21963559. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21963559. 
  112. ^ Singh V, Gupta RK. Micro propagation of Seabuckthorn (Hippophae rhamnoides L.). In: Singh V, editor. Seabuckthorn (Hippophae L.) a multipurpose wonder plant. Advances in Research and Development, India, Daya Publishing House, Delhi. 2008; 3:3-13
  113. ^ Liu, Yue; Fan, Gang; Zhang, Jing; Zhang, Yi; Li, Jingjian; Xiong, Chao; Zhang, Qi; Li, Xiaodong et al. (2017-05-08). “Metabolic discrimination of sea buckthorn from different Hippophae species by 1H NMR based metabolomics” (英語). Scientific Reports 7 (1): 1585. doi:10.1038/s41598-017-01722-3. ISSN 2045-2322. PMC PMC5431470. PMID 28484246. https://www.nature.com/articles/s41598-017-01722-3. 
  114. ^ 5000年の歴史を持つアーユルヴェーダとサジー” (日本語). 日本サジー協会. 2021年10月19日閲覧。
  115. ^ 財吉拉胡 (1997). “蒙蔵両民族文化交流中的蔵医古文献”. 中国蔵学 第4期: 89-95. 
  116. ^ 財吉拉胡「近代内モンゴルにおける伝統医学の史的変容」『医学哲学 医学倫理』第32巻、日本医学哲学・倫理学会、2014年、 43-52頁、 doi:10.24504/itetsu.32.0_43ISSN 0289-6427NAID 130006329385
  117. ^ 古典医学書の中のサジー”. 宇航人ジャパン株式会社. 2020年7月3日閲覧。
  118. ^ Guliyev, Vahid Bilaloglu; Gul, Mustafa; Yildirim, Ali (2004-12-05). “Hippophae rhamnoides L.: chromatographic methods to determine chemical composition, use in traditional medicine and pharmacological effects”. Journal of Chromatography. B, Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences 812 (1-2): 291-307. doi:10.1016/j.jchromb.2004.08.047. ISSN 1570-0232. PMID 15556505. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15556505. 
  119. ^ Goel, H. C.; Prasad, J.; Singh, S.; Sagar, R. K.; Kumar, I. Prem; Sinha, A. K. (2002-01). “Radioprotection by a herbal preparation of Hippophae rhamnoides, RH-3, against whole body lethal irradiation in mice”. Phytomedicine: International Journal of Phytotherapy and Phytopharmacology 9 (1): 15-25. doi:10.1078/0944-7113-00077. ISSN 0944-7113. PMID 11924759. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11924759. 
  120. ^ 約3000年の歴史を誇るチベット医学でサジーが使われていた” (日本語). 日本サジー協会. 2021年10月19日閲覧。
  121. ^ a b c 田代眞一 『「沙棘」は小粒でも美容に効果大』ハート出版、2006年。ISBN 4892956171 
  122. ^ Singh, Rana Gopal; Singh, Parampal; Singh, Praveen Kumar; Usha, null; Agrawal, Aruna; Upadhyay, B. N.; Soni, Ashutosh (2013-06). “Immunomodulating and antiproteinuric effect of Hippophae rhamnoides (Badriphal) in idiopathic nephrotic syndrome”. The Journal of the Association of Physicians of India 61 (6): 397-399. ISSN 0004-5772. PMID 24640205. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24640205. 
  123. ^ Bailey, L. H. (1976). Hortus third : a concise dictionary of plants cultivated in the United States and Canada. Ethel Zoe Bailey, Liberty Hyde Bailey Hortorium. New York. ISBN 0-02-505470-8. OCLC 2513407. https://www.worldcat.org/oclc/2513407 
  124. ^ “Hippophae rhamnoides L.: chromatographic methods to determine chemical composition, use in traditional medicine and pharmacological effects”. Journal of Chromatography B 812 (1-2): 291-307. (2004). doi:10.1016/j.jchromb.2004.08.047. PMID 15556505. 
  125. ^ “Ethnopharmacological in vitro studies on Austria's folk medicine—An unexplored lore in vitro anti-inflammatory activities of 71 Austrian traditional herbal drugs”. Journal of Ethnopharmacology 149 (3): 750-71. (2013). doi:10.1016/j.jep.2013.06.007. PMC 3791396. PMID 23770053. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3791396/. 
  126. ^ 国际沙棘协会”. www.isahome.net. 2021年10月19日閲覧。
  127. ^ Final Report Summary - EAN-SEABUCK”. CORDIS - EU Research results. European Commission. 2020年8月21日閲覧。
  128. ^ ダイエット食品通販会社に業務停止命令 - 健康美容EXPO ニュース”. news.e-expo.net. 2021年10月23日閲覧。
  129. ^ 日本サジー協会” (日本語). 日本サジー協会. 2021年10月20日閲覧。
  130. ^ 日本サジー協会” (日本語). 日本サジー協会. 2021年10月19日閲覧。

外部リンク編集