CIAL(シァル)は、JR東日本グループ株式会社横浜ステーシヨンビルが、神奈川県内の駅ビルなどで展開する商業施設の名称。

概要編集

昭和30年代に相模鉄道が主導した横浜駅西口開発計画で建設された、国鉄横浜駅西口駅舎「横浜ステーションビル」のキーテナントとして、1962年に開業した(施設名として1982年の全面改装時より「シァル」〈のちの横浜CIAL〉の名称を使用[1])。運営会社の横浜ステーシヨンビルはかつては相鉄グループの企業であったが、2004年12月に相鉄ホールディングスが保有株式を東日本旅客鉄道に譲渡したため、現在はJR東日本グループの企業となっている。

かつては相鉄グループの企業であったこともあり、同グループの相鉄ビルマネジメントが管理する相鉄ジョイナス、および相鉄ジョイナスに統合された横浜駅西口地下街ザ・ダイヤモンド」と隣接していた。

なお、横浜駅東口にはJR東日本グループのルミネ横浜があるが[2]、再開発が本格化する前の横浜CIAL跡地で、2014年2月より「ルミネ横浜 西口ルミネ」として期間限定営業を行っていた[3]

商業施設編集

 
CIAL鎌倉

横浜CIAL編集

横浜CIAL(シァル)
 
横浜CIALが入居していた、旧「横浜ステーシヨンビル」(2008年2月撮影)
店舗概要
所在地 220-8539
神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番1号
座標 北緯35度27分58.42秒 東経139度37分18.67秒 / 北緯35.4662278度 東経139.6218528度 / 35.4662278; 139.6218528 (CIAL)座標: 北緯35度27分58.42秒 東経139度37分18.67秒 / 北緯35.4662278度 東経139.6218528度 / 35.4662278; 139.6218528 (CIAL)
開業日 1962年11月23日[4]
閉業日 2011年3月27日[5]
建物名称 横浜ステーションビル
施設所有者 株式会社横浜ステーシヨンビル
施設管理者 株式会社横浜ステーシヨンビル
設計者 日本国有鉄道・株式会社鉄道会館
施工者 大林組
営業時間 10:00〜21:00(地下1階〜5階)
11:00〜23:00(6〜7階:レストラン街)
駐車台数 987(横浜駅西口地下駐車場)台
前身 横浜ステーションビル
後身 CIAL横浜
最寄駅 横浜駅
外部リンク https://www.cial.co.jp/
CIΛL
テンプレートを表示
 
閉館後の横浜CIAL

横浜CIAL(よこはまシァル)は、神奈川県横浜市西区にかつて存在した横浜駅西口の駅ビル「横浜ステーションビル」にあった商業施設。単に「CIALシァル)」とも。CIAL創業の地である。

1962年昭和37年)11月23日[4]民衆駅として横浜駅西口駅舎「横浜ステーションビル」(地下2階・地上7階建て、延床面積2万3,942m2)が竣工。商業施設が170店舗[4](179店舗とも[30])で開業した。ボウリング場「横浜駅ビルボール」[注 1][31]、相高横浜駅店(相鉄ローゼンの前身)[32]などが出店。開業時には「シァル」の名称はなく[4][30]、屋上にあった花時計にちなみ「花の駅ビル」とも呼ばれていた[4][30]

その後、1982年(昭和57年)11月の全面改装時よりカタカナ表記の「シァル」の使用を開始し[1]1990年代からアルファベット表記の「CIAL」、その後ほかの駅に系列の施設が開業してからは区別のため「横浜CIAL」の表記も使用するようになった。

2010年平成22年)8月には横浜駅周辺大改造計画「よこはまエキサイト22」の中心的プロジェクトとして[33]、横浜ステーションビルを建て替えて26階建ての高層駅ビルを建設する計画が公表された[34][35]

この計画により、横浜CIALは2011年(平成23年)3月27日17時をもって全館閉店[5]。1962年の開業から約50年の歴史に幕を下ろした[5][30][36][37]

同年4月には閉館とCIAL50周年を記念し、横浜ステーシヨンビルにより写真集『横浜CIAL 50周年記念写真集 横浜駅西口STORY』が刊行された(神奈川新聞社出版部)[38]。これは市民から募集した横浜駅西口周辺の50年間の写真をまとめたもので、蒸気機関車が走行する写真など73点の写真が寄せられた[38]横浜開港資料館に10冊が寄贈され、同館館長は「歴史的に貴重な写真が掲載されており、閲覧コーナーなどに置きたい」と語った[38]

横浜CIALの閉館後、横浜ステーションビルは隣接する横浜エクセルホテル東急とともに解体された。新駅ビルはもともと2020年に開催する予定であった東京オリンピック開幕前の完成を目指して工事が進められた。また新駅ビル内では商業施設「CIAL横浜」の開業も決まった[39]

計画通り2020年(令和2年)に再開発ビル「JR横浜タワー」および「JR横浜鶴屋町ビル」が竣工し[23]、「CIAL横浜」「CIAL横浜 ANNEX」がそれぞれ開業したことにより[23]、横浜駅西口においてもCIALの名称が復活した[23]

沿革編集

横浜CIAL閉館時のフロア構成編集

以下は閉館時(2011年3月27日時点)のフロア構成である。

  • 7階:シァルダイニング(ニューホッペン)
  • 6階:シァルダイニング(レストラン街)※旧 ボウリング
  • 5階:喫茶店、雑貨店、化粧品店、ドコモショップ
  • 4階:レディースウェア店、雑貨店、靴・カバン店、他
  • 3階:レディースウェア店、雑貨店、他
  • 2階:レディースウェア店、雑貨店、他
  • 中2階:外貨両替、占い
  • 1階:ビームス、薬局、喫茶店、雑貨店、他
  • 地下1階:シァルフードプラザ(食料品店街)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 相鉄興業と横浜ステーシヨンビルとの共同出資で設立された、株式会社横浜ボーリングセンターが運営。同社は後に相鉄ボール株式会社に社名変更し、さらにボウリング場の廃業に伴い1979年7月1日、株式会社相栄に社名変更した。その後、社名変更・吸収合併を経て、現在は相鉄ローゼン株式会社となっている。

出典編集

  1. ^ a b c 相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月、159ページ
  2. ^ ルミネ横浜”. LUMINE. 2020年6月28日閲覧。
  3. ^ a b 西口に「ルミネ」 横浜駅のシァル跡地で来年2月から期間限定営業/神奈川”. カナロコ. 神奈川新聞 (2013年12月20日). 2020年6月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 1962年 横浜ステーシヨンビル開業 ステーシヨンビル開業前日の広告 | あの頃の横浜ステーション | 写真見本サイト”. 神奈川新聞アーカイブズ. 神奈川新聞. 2020年6月27日閲覧。
  5. ^ a b c d e 地元に愛され50年、横浜シァル閉店/横浜”. カナロコ. 神奈川新聞 (2011年3月27日). 2020年6月27日閲覧。
  6. ^ JR東神奈川駅に新ビルオープンへ/横浜”. カナロコ. 神奈川新聞 (2009年10月6日). 2020年6月27日閲覧。
  7. ^ 東神奈川駅の新駅ビル、10月7日に誕生”. カナロコ. 神奈川新聞 (2009年7月16日). 2020年6月27日閲覧。
  8. ^ 13年度開業予定の新鶴見駅ビル、運営会社が決定/横浜”. カナロコ. 神奈川新聞 (2010年10月13日). 2020年6月27日閲覧。
  9. ^ 鶴見駅ビルの名称は「シァル」、2012年秋に開業前倒し/神奈川”. カナロコ. 神奈川新聞 (2011年3月5日). 2020年6月27日閲覧。
  10. ^ 「シャル鶴見」今秋開業へ、寺多い地域性踏まえ禅文化伝える/横浜”. カナロコ. 神奈川新聞 (2012年4月25日). 2020年6月27日閲覧。
  11. ^ 鶴見駅の駅ビル「シァル鶴見」が11月1日オープン、屋上には枯れ山水の庭園/横浜”. カナロコ. 神奈川新聞 (2012年8月30日). 2020年6月27日閲覧。
  12. ^ 「シァル鶴見」10月30日内覧会、一般参加者を募集/神奈川”. カナロコ. 神奈川新聞 (2012年9月12日). 2020年6月27日閲覧。
  13. ^ 「禅カフェ」など71店出店、駅ビル「CIAL鶴見」内覧会/横浜”. カナロコ. 神奈川新聞 (2012年10月30日). 2020年6月27日閲覧。
  14. ^ JR東日本横浜支社が子育て支援事業に注力、保育園開園や増床/神奈川”. カナロコ. 神奈川新聞 (2012年11月28日). 2020年6月27日閲覧。
  15. ^ a b JR東日本が桜木町駅リニューアルを正式発表、改札口や東西通路を新設、14年夏開業へ/横浜”. カナロコ. 神奈川新聞 (2012年11月22日). 2020年6月27日閲覧。
  16. ^ a b JR桜木町駅に北改札を新設 1日から利用スタート にぎわい期待”. カナロコ. 神奈川新聞 (2014年7月1日). 2020年6月27日閲覧。
  17. ^ a b 「駅と街 一体に」 CIAL桜木町オープン”. カナロコ. 神奈川新聞 (2014年7月17日). 2020年6月27日閲覧。
  18. ^ 歴代の横浜駅舎が壁画に 鉄道開通の地・桜木町駅 札幌の画家が手掛ける”. カナロコ. 神奈川新聞 (2014年7月18日). 2020年6月27日閲覧。
  19. ^ “桜木町駅がますます便利になります! ~新改札口の利用開始およびJR桜木町ビルの開業について~” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道株式会社横浜支社, (2020年1月23日), https://www.jreast.co.jp/press/2019/yokohama/20200123_y02.pdf 2020年1月25日閲覧。 
  20. ^ 桜木町駅新南口に蒸気機関車やジオラマ、旧横濱鉄道歴史展示「旧横ギャラリー」充実!”. はまこれ横浜 (2020年6月28日). 2020年7月7日閲覧。
  21. ^ a b CIAL鎌倉、3月22日開業-鎌倉駅ビル”観光客特化”リニューアル” (日本語). 都市商業研究所 (2017年3月25日). 2020年6月27日閲覧。
  22. ^ CIAL横浜”. 株式会社横浜ステーションビル. 2020年6月27日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g h i j JR横浜タワー、2020年6月18日から順次開業-ニュウマン横浜・シァル・Tジョイが進出” (日本語). 都市商業研究所 (2020年2月20日). 2020年6月27日閲覧。
  24. ^ a b c d e f 「CIAL横浜」「CIAL横浜ANNEX」開業日決定のお知らせ”. CIAL横浜. 株式会社横浜ステーションビル (2020年6月8日). 2020年6月27日閲覧。
  25. ^ a b JR横浜駅直結 JR横浜タワーが2020年5月30日(土)開業 ~JR横浜鶴屋町ビルは、6 月 5 日(金)に開業~ (PDF) (東日本旅客鉄道株式会社横浜支社 2020年1月23日)
  26. ^ 保土ヶ谷/シァル保土ヶ谷”. 駅ビルポータルサイト「駅パラ」. JR東日本. 2020年6月27日閲覧。
  27. ^ 菊名/シァル菊名”. 駅ビルポータルサイト「駅パラ」. JR東日本. 2020年6月27日閲覧。
  28. ^ 鹿島田/エキスト鹿島田”. 駅ビルポータルサイト「駅パラ」. JR東日本. 2020年6月27日閲覧。
  29. ^ 港南台/プチ-ル港南台”. 駅ビルポータルサイト「駅パラ」. JR東日本. 2020年6月27日閲覧。
  30. ^ a b c d 「シァル」名店会が解散総会/横浜”. カナロコ. 神奈川新聞 (2011年6月15日). 2020年6月27日閲覧。
  31. ^ a b 相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月、81-82ページ
  32. ^ 相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月、197ページ
  33. ^ 横浜駅「馬の背」撤去へ 五輪までにバリアフリー化”. カナロコ. 神奈川新聞 (2015年4月7日). 2020年6月27日閲覧。
  34. ^ 横浜駅西口に195メートルの高層ビルの新計画、2019年度の完成予定/神奈川”. カナロコ. 神奈川新聞 (2010年8月26日). 2020年6月27日閲覧。
  35. ^ 動きだした横浜駅周辺の大改造、市が先行開発で投資誘導へ/神奈川”. カナロコ. 神奈川新聞 (2012年6月10日). 2020年6月27日閲覧。
  36. ^ 「夢の駅、未来の港」絵画コンクール表彰式に140人/横浜”. カナロコ. 神奈川新聞 (2011年3月27日). 2020年6月27日閲覧。
  37. ^ ヨコハマは50周年ラッシュ、マリンタワーに氷川丸、チャーミングセールも節目の半世紀/横浜”. カナロコ. 神奈川新聞 (2011年2月23日). 2020年6月27日閲覧。
  38. ^ a b c 横浜駅西口の半世紀収めた写真集を寄贈、開港資料館にビル会社”. カナロコ. 神奈川新聞 (2011年4月19日). 2020年6月27日閲覧。
  39. ^ (仮称)横浜駅西口開発ビルの名称が 「JR 横浜タワー」 等に決定 (PDF) (東日本旅客鉄道株式会社横浜支社 2018年11月22日)
  40. ^ 野並豊「大正浜っ子奮闘記」 神奈川新聞社、2007年2月8日、ISBN 978-4-87645-395-5、103-106ページ
  41. ^ 横浜駅西口ビル、工事本格化 予定地で安全祈願祭”. カナロコ. 神奈川新聞 (2015年10月20日). 2020年6月27日閲覧。
  42. ^ 半世紀の歴史誇り、3月末閉館の横浜エクセル東急で人気メニュー復刻も/神奈川”. カナロコ. 神奈川新聞 (2011年1月17日). 2020年6月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集