メインメニューを開く
諏訪支店
地図

ジェイアールバス関東諏訪支店(ジェイアールバスかんとうすわしてん)は、長野県諏訪郡下諏訪町にあるJRバス関東の営業所。

目次

所在地編集

諏訪支店(旧:下諏訪支店→中央道支店諏訪営業所)編集

所属車両のナンバー編集

諏訪ナンバー(諏訪ナンバー登場以前に投入された車両は松本ナンバー)。

概要編集

1933年、鉄道線の短絡という目的で開設された上諏訪・下諏訪と丸子町を結ぶ路線の運行開始とともに、本支店の前身となる下諏訪営業所が開設されたのが始まりである。

白樺湖などの観光地があり、国鉄時代から下諏訪駅からの和田峠南線や上諏訪駅からの霧ヶ峰線が運行されていた。1989年までは途中で和田峠北線に乗り継いで上田駅まで出ることができた。しかし、利用者の減少により季節運行となった。ビーナスラインが無料開放された時期には増発なども試みたが、目立った効果が見られなかったために2004年には運行取り止めとなってしまった。鉄道線のフィーダーの役目を果たす諏訪線も2005年に廃止された。

車両整備工場を持たないため、車両の整備は中央道支店に委託している。

沿革編集

  • 1987年昭和62年)
    • 4月1日 - 国鉄民営化に伴い、東日本旅客鉄道関東自動車事業部 下諏訪自動車営業所となる。
    • 7月1日 - 中央高速バス諏訪岡谷線を運行開始。
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - 関東自動車事業部の分社化により、ジェイアールバス関東 下諏訪営業所となる。
  • 1992年(平成4年)10月1日 - 支店制度導入に伴い、下諏訪支店に改称。
  • 2003年(平成15年)
    • 3月24日 - 諏訪湖周循環バス「スワンバス」(内回り線)の受託運行開始。
    • 4月 - 下諏訪町コミュニティバス「あざみ号」の受託運行開始。
  • 2004年(平成16年)10月1日 - 下諏訪支店を中央道統括支店(旧伊那支店)傘下の営業所に降格。中央道統括支店 諏訪営業所に改称。
  • 2005年(平成17年)
    • 4月22日 - 諏訪線を廃止。
    • 12月17日 - 和田峠南線の樋橋以北の区間を廃止。
  • 2008年(平成20年)
    • 3月31日 - 和田峠南線の下諏訪駅 - 斧立(よきたて)・樋橋(とよはし)間(全線)廃止。
  • 2010年(平成22年) - 中央道支店 諏訪営業所に名称変更。
  • 2018年(平成30年)10月1日 - 諏訪営業所が諏訪支店に昇格。


現在の所管路線編集

高速バス編集

コミュニティバス編集

過去の路線編集

車両編集

現在は、高速車、貸切車、市町村から委託されたコミュニティバスの配置されている。

高速車は、中央高速バス諏訪岡谷線及び新宿・静岡号で使用するハイデッカー4列シート40人乗りの楽座シート仕様のエアロエースが配置されている。一時期はスーパーハイデッカーが配置されていた時期もあった。

コミュニティバスはハイエース、ローザ、エアロミディMJ、ポンチョが配置されている。

以前は国鉄中部自動車局の管轄であったため、UDトラックス(旧:日産ディーゼル)の車両が主だったが、民営化以降は支店が車両導入を決められることもあり、引き続いて日産ディーゼル製が新車に採用されていた。

一般路線では、観光路線を多く抱えていたこともあり、観光仕様の車両が多かった。しかし、相次ぐ観光路線からの撤退により、中型車のみでの運用となり、1989年には西工車体日産ディーゼル・スペースランナー(RB80G)が導入されていた。これはJRバス関東初のワンステップ車でもあった(現在は廃車)。

過去の車両

脚注編集

参考文献編集

  • バスラマ・インターナショナル48号「ユーザー訪問:ジェイアールバス関東」
  • バスジャパン・ハンドブック「18 ジェイアールバス関東」
  • バスジャパン・ニューハンドブック「37 ジェイアールバス関東」

座標: 北緯36度4分19.5秒 東経138度5分5.2秒 / 北緯36.072083度 東経138.084778度 / 36.072083; 138.084778