ジス・ボーイ」(英語: This Boy)は、ビートルズの楽曲である。レノン=マッカートニー名義となっているが、ジョン・レノンによって書かれた楽曲[4][5]。イギリスでは1963年11月に発売されたシングル盤『抱きしめたい』のB面に収録されて発売された。アメリカでは1964年1月に発売されたキャピトル編集盤『ミート・ザ・ビートルズ』のA面3曲目に、カナダでは1964年3月9日に発売されたシングル盤『オール・マイ・ラヴィング』のB面に収録されて発売された。シングル盤発売当時の邦題は「こいつ」。

ジス・ボーイ
ビートルズ楽曲
英語名This Boy
リリース
  • イギリスの旗 1963年11月29日
  • カナダの旗 1964年3月9日
  • 日本の旗 1964年2月5日
規格7インチシングル
録音
ジャンル
時間2分15秒
レーベル
作詞者レノン=マッカートニー
作曲者レノン=マッカートニー
プロデュースジョージ・マーティン
ビートルズ シングル U.K. 年表
ビートルズ シングル 日本 年表
-
パスト・マスターズ Vol.1 収録曲
抱きしめたい
(A-6)
ジス・ボーイ
(A-7)
抱きしめたい(ドイツ語)
(A-8)
音源
「This Boy (Remastered 2009)」 - YouTube
リンゴのテーマ
ジョージ・マーティン&ヒズ・オーケストラの楽曲
収録アルバムA Hard Day's Night (United Artists)
英語名Ringo's Theme
リリースアメリカ合衆国の旗 1964年7月1日
規格7インチシングル
時間3分8秒
レーベルユナイテッド・アーティスツ・レコード
作曲者レノン=マッカートニー
プロデュースジョージ・マーティン
チャート順位
ジョージ・マーティン&ヒズ・オーケストラ シングル 年表
-
-

本作は、1964年2月16日に放送された『エド・サリヴァン・ショー』に出演した際に演奏された。

曲の構成編集

本作はレノンがスモーキー・ロビンソンのスタイルに触発されて書いた楽曲で[6]ドゥーワップのようなコード変更やメロディー、アレンジが取り入れられている。なお、アレンジはボビー・フリーマンの「You Don't Understand Me」[7]テディ・ベアーズ英語版の「逢った途端にひとめぼれ」に影響を受けている[5]。本作はレノン、ポール・マッカートニージョージ・ハリスンの3声コーラスが特徴となっており、後に発表された「イエス・イット・イズ」や「ビコーズ」でもこのコーラス・アレンジが取り入れられた。当初ミドルエイトにはギターソロが当てられていたが、レコーディング中に変更された[8]

映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』の中でリンゴ・スターが川辺を歩くシーンで「ジス・ボーイ」のジョージ・マーティンによるオーケストラ・アレンジ版が演奏された。このヴァージョンは、「リンゴのテーマ」(英語: Ringo's Theme)という名でアメリカのサウンドトラック盤『A Hard Day's Night (United Artists)』 に収録された。また、サウンドトラック盤が発売された同年8月に発売されたシングル盤『アンド・アイ・ラヴ・ハー (オーケストラ・アレンジ版)』のB面に収録され、アメリカの音楽チャートで最高位53位を獲得した[9]

レコーディング編集

「ジス・ボーイ」のレコーディングは、「抱きしめたい」ととも1963年10月17日に行われた。15テイク録音されたのち、2回オーバー・ダビングが施された。10月21日にミキシングが行われ、2つのテイクを結合して最終マスターを作成した後にミドルエイトの最後のヴァースを切り貼りし、曲の最後がフェード・アウトするように編集された[5]

1996年に発売されたシングル盤『フリー・アズ・ア・バード』のカップリング曲として、本作のテイク12と13が収録されていて、同テイクでレノンは「Thas Boy」と歌詞を間違えて歌っている[10]

1963年10月21日にステレオ・ミックスとモノラル・ミックスが作成され、1966年11月に新たなステレオ・ミックスが作成された[10]が、ビートルズ活動中に発売されることはなかった。1966年11月に新たなステレオ・ミックスが作成されたのは、1966年発売のコンピレーション・アルバム『オールディーズ』のためのミキシング・セッションにて、EMIスタッフの連絡ミスにより「バッド・ボーイ」と「ジス・ボーイ」を取り違えて作成したため[10]。「ジス・ボーイ」のステレオ・ミックスは、解散後の1981年12月に発売された『ザ・ビートルズ EPコレクション』収録の『ザ・ビートルズ』のB面2曲目に収録された[10]。CD作品では、1988年3月に発売されたアルバム『パスト・マスターズ Vol.1』で初収録となった[10]

演奏編集

カバー・バージョン編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ Pedler, Dominic (2010). The Songwriting Secrets Of The Beatles. Omnibus Press. pp. 81–82. ISBN 9780857123466. https://books.google.com/books?id=O8w1cyT65ZIC&pg=PT81 
  2. ^ Past Masters - The Beatles|Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年4月26日閲覧。
  3. ^ The Hot 100 Chart”. Billboard (1964年8月22日). 2020年10月1日閲覧。
  4. ^ Harry 1992, p. 650.
  5. ^ a b c MacDonald 1998, p. 92.
  6. ^ Sheff, David (2000). All We Are Saying. New York: St. Martin's Griffin. p. 193. ISBN 0-312-25464-4 
  7. ^ All Together Now, the ABC of the Beatles songs and albums, David Rowley (2013), page 183–84
  8. ^ Lewisohn 1988, p. 36.
  9. ^ The Beatles U.K. Singles/Parlophone original#2”. The Beatles Record Collection (2011年). 2020年4月26日閲覧。
  10. ^ a b c d e Winn 2008, p. 86.
  11. ^ Bush, John. Sweet Soul - Joe Bataan | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年11月26日閲覧。
  12. ^ Schnee, Stephen. Seamless - The Nylons | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年11月26日閲覧。
  13. ^ “竹内まりや「まるで学生時代に戻ったような」新曲PV公開”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年5月28日). https://natalie.mu/music/news/91551 2020年11月26日閲覧。 
  14. ^ Monalisa Twins Play Beatles & More - Monalisa Twins | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年11月26日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集