オール・マイ・ラヴィング

ビートルズ > ビートルズの作品 > オール・マイ・ラヴィング
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > オール・マイ・ラヴィング

オール・マイ・ラヴィング」(英語: All My Loving)は、イギリスロックバンドビートルズの楽曲である。クレジットはレノン=マッカートニーだが、ポール・マッカートニーによって書かれた[2]楽曲で、1963年11月22日に発売された2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムウィズ・ザ・ビートルズ』のA面3曲目に収録された。イギリスや米国ではシングル・カットされていないものの、多数のラジオ番組で放送された。

オール・マイ・ラヴィング
ビートルズ楽曲
収録アルバム ウィズ・ザ・ビートルズ
リリース 1963年11月22日 (1963-11-22)
録音 1963年7月30日
ジャンル
時間 2分4秒
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート順位

下記を参照

ビートルズ シングル 日本 年表
ウィズ・ザ・ビートルズ 収録曲
オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ
(A-2)
オール・マイ・ラヴィング
(A-3)
ドント・バザー・ミー
(A-4)
ミュージックビデオ

背景・曲の構成編集

本作の歌詞は、ロイ・オービソンとまわったツアーのバスの中で書かれたもので、メロディは会場到着後に舞台裏にあったピアノを使用して書かれた[3][2]。このことについてマッカートニーは、「歌詞を曲よりも先に書いたのは、この曲が初めてだった。」と語っている[2]

歌詞は、「P.S.アイ・ラヴ・ユー」と同様に手紙の体裁をとっている[4]。マッカートニーは、もともと本作をカントリー&ウエスタンとしており、ジョージ・ハリスングレッチ・カントリー・ジェントルマンを使い、ナッシュビル・サウンド様式のギターソロを加えている[2][4]ジョン・レノンリッケンバッカー・325を使用し3連符を刻み(オルタネイトピッキング[4]、マッカートニーは、ヘフナー・500-1を使い、ウォーキング・ベースを演奏している[5]

作家のスペンサー・リーは、本作はザ・デイヴ・ブルーベック・カルテットの「Kathy's Waltz」からインスピレーションを得て書いた曲と推測している[6]

レコーディング編集

「オール・マイ・ラヴィング」のレコーディングは、1963年7月30日にアビー・ロード・スタジオの第2スタジオで行われた。11テイク録音したのち、3回にわたってオーバー・ダビングが施された[7]。アルバムにはテイク11とオーバー・ダビングが施されたテイク14を組み合わせた音源が収録された[7]。同年8月21日にモノラル・ミックスが作成され、10月29日にステレオ・ミックスが作成された[7]

1965年にドイツとオランダで発売された『ザ・ビートルズ/グレイテスト・ヒッツ』と『ウィズ・ザ・ビートルズ』には、歌いだし前のハイハットのカウントが収録されている[8]。このバージョンは、イギリスで1980年に発売された『リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス』にも収録されたほか、ヨーロッパ諸国で流通した『レアリティーズ Vol.2』の海賊盤にも収録された。

リリースと演奏披露編集

「オール・マイ・ラヴィング」は、イギリスでは1963年11月22日に発売された2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムウィズ・ザ・ビートルズ』のA面3曲目に収録され[9]、アメリカでは1964年1月20日に発売されたキャピトル編集盤『ミート・ザ・ビートルズ』のA面6曲目に収録された[9]。イギリスやアメリカではシングル・カットされていないが、イギリスでは1964年2月7日に発売された同名のEPにタイトル曲として収録され[9]、アメリカでは1964年5月11日に発売されたEP『Four By The Beatles』に収録された。また、カナダや日本ではシングル盤[注釈 1]が発売されており、カナダ盤は同国のチャートで1位を獲得したのちに、アメリカに輸入されて1964年4月に発表されたBillboard Hot 100で45位を記録した[10][11]

この曲はアメリカ進出時に出演したテレビ番組『エド・サリヴァン・ショー』(1964年2月9日放送回)で演奏された。そのときの演奏は1995年に発売の『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』や映像作品『エド・サリヴァン・ショウ』に収録されている。また、BBCラジオでは1963年と1964年に計3回演奏され、1964年2月28日の演奏が『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』に収録された。

また、ビートルズ主演の映画作品では、1964年に公開の『ハード・デイズ・ナイト』のナイトクラブの場面で使用されたのち、1967年に公開の『マジカル・ミステリー・ツアー』でインストゥルメンタル・バージョンが使用された。

批評編集

「オール・マイ・ラヴィング」は、多くの批評家から肯定的な評価を得ており、音楽評論家のイアン・マクドナルド英語版は「60年代の初頭のブリットポップの無垢さは、この曲の感銘的なシンプルさで見事に醸し出されている。」とコメントし[4]オールミュージックリッチー・アンターバーガー英語版は「1964年以前に発売されたビートルズのLPにしか収録されていない楽曲で最も優れている。アメリカでシングル・カットしていれば大ヒットしていただろう。」とコメントしている。

また、レノンも本作を絶賛しており、1980年のPLAYBOY誌のインタビューで「これは残念なことにポールの曲だよ。(笑)/原稿にここで「笑」と入れといてくれよ。くやしいほどいい曲さ。(歌い出す)バックで思い入れたっぷりのギターを弾いているのがぼく。」と語っている[12][13]

演奏編集

※出典[4]

ビートルズ

スタッフ

チャート成績編集

チャート(1963年 - 1964年) 最高位
カナダ (CHUM)[14] 1
オーストラリア (Kent Music Report)[15] 1
ベルギー (Ultratop 50 Flanders)[16] 16
オランダ (Single Top 100)[17] 2
ニュージーランド (Lever Hit Parade)[18] 6
ノルウェー (VG-lista)[19] 2
スウェーデン Kvällstoppen Chart[20] 1
US Billboard Hot 100[21] 45
US Cash Box Top 100[22] 31
西ドイツ Media Control Singles Chart[23] 32

その他編集

1967年初頭に、ジョニー・ヤング英語版によるカバー・バージョンが発表された。このカバー・バージョンは、オーストラリアのGo-Setチャートで最高位4位、ケント・ミュージック・レポート誌で最高位9位を獲得した[24]。日本では高木ブー[25]山崎まさよし[26]らによってカバーされた。

レノンが1980年12月8日、ダコタ・ハウス前でマーク・チャップマンに銃撃され、23時過ぎに搬送先の病院で死亡した際、タンノイ製のスピーカーから流れていたのはこの曲だったと伝えられている[27]

収録盤編集

ビートルズ

ポール・マッカートニー

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ カナダ盤のB面には「ジス・ボーイ」、日本盤のB面には「ラヴ・ミー・ドゥ」が収録された。

出典編集

  1. ^ Pollack, Alan W. (1991). "Notes on "All My Loving"". Retrieved 7 January 2012.
  2. ^ a b c d Miles 1997, p. 148.
  3. ^ Harry 2000, p. 25-26.
  4. ^ a b c d e MacDonald 2005, p. 94.
  5. ^ Everett, Walter (2001). The Beatles as Musicians: The Quarry Men Through Rubber Soul. Oxford University Press. p. 189. ISBN 978-0-19-514105-4. https://archive.org/details/beatlesasmusicia00ever 2013年11月7日閲覧。 
  6. ^ Leigh, Spencer (2010年7月8日). “When it comes to songwriting, there's a fine line between inspiration and plagiarism”. The Independent (Independent News & Media). https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/features/when-it-comes-to-songwriting-theres-a-fine-line-between-inspiration-and-plagiarism-2021199.html 2020年8月23日閲覧。 
  7. ^ a b c Lewisohn 1988, p. 34.
  8. ^ Schaffner 1977, p. 203.
  9. ^ a b c Lewisohn 1988, p. 200-201.
  10. ^ Castleman & Podrazik 1975, p. 25, 347.
  11. ^ Wallgren 1982, p. 23.
  12. ^ 『ジョン・レノンPlayboyインタビュー』集英社、1981年、135頁。ASIN B000J80BKM
  13. ^ Sheff 2000, p. 171.
  14. ^ CHUM charts, April 20, 1964 (jpg)”. 2020年8月23日閲覧。
  15. ^ Kent, David (2005). Australian Chart Book (1940-1969). Turramurra: Australian Chart Book. ISBN 0-646-44439-5 
  16. ^ "Ultratop.be – The Beatles – All My Loving" (in Dutch). Ultratop 50. 2020年8月23日閲覧。
  17. ^ "Dutchcharts.nl – The Beatles – All My Loving" (in Dutch). Single Top 100. 2020年8月23日閲覧。
  18. ^ Flavour of New Zealand, 30 April 1964
  19. ^ "Norwegiancharts.com – The Beatles – All My Loving". VG-lista. 2020年8月23日閲覧。
  20. ^ Swedish Charts 1962-March 1966/Kvällstoppen – Listresultaten vecka för vecka > Mars 1964” (Swedish). hitsallertijden.nl. 2020年8月23日閲覧。
  21. ^ "The Beatles Chart History (Hot 100)". Billboard. 2020年8月23日閲覧。
  22. ^ Hoffmann, Frank (1983). The Cash Box Singles Charts, 1950-1981. Metuchen, NJ & London: The Scarecrow Press, Inc. pp. 32-34 
  23. ^ Offizielle Deutsche Charts (Enter "Beatles" in the search box)” (German). GfK Entertainment Charts. 2020年8月23日閲覧。
  24. ^ Go-Set search engine results for "Masters Apprentices"”. Go-Set. Waverley Press. 2020年8月23日閲覧。 ※Go-Setは、1966年10月から1974年8月までオーストラリアにおける国家の主要音楽チャートとされていた。
  25. ^ “高木ブーのビートルズカバー作「LET IT BOO」再リリース決定”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年6月1日). https://natalie.mu/music/news/235045 2020年8月23日閲覧。 
  26. ^ “奥田民生、布袋寅泰、フジファブらのビートルズ・カバーを収録したコンピが11月に発売”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2013年10月24日). https://rockinon.com/news/detail/91032 2020年8月23日閲覧。 
  27. ^ Mclead 2005.

参考文献編集

外部リンク編集