メインメニューを開く

ジャニー・シカズウェ

ザンビアのサッカー審判

ジャニー・シカズウェ:Janny Sikazwe, 1979年5月26日 - )はザンビアカピリ・ムポシ出身のサッカー審判。FIFAクラブワールドカップ2016・決勝で主審を務めたが、すでに警告を受けていたレアル・マドリードセルヒオ・ラモス鹿島アントラーズ金崎夢生を倒したプレーに対し一度はカードに手をかけながら最終的にはカードを提示せず、物議を醸した[1]アフリカネイションズカップ2015でも笛を吹いた。

脚注編集

外部リンク編集