ジャージー (駆逐艦)

駆逐艦
HMS Jersey.JPG
艦歴
発注
起工 1937年9月28日
進水 1938年9月26日
就役 1939年4月28日
退役
その後 1941年5月2日に戦没
除籍
性能諸元
排水量 基準 1,760トン
満載 2,330トン
全長 108.6 m
全幅 10.8 m
吃水 3.9 m
機関
最大速 36ノット
乗員 218名
兵装

ジャージー (HMS Jersey, F72) は、イギリス海軍駆逐艦J級

艦歴編集

1937年9月28日起工。1938年9月26日進水1939年4月28日就役。第7駆逐艦戦隊に所属。同年8月、XKO演習に参加。第二次世界大戦開始時はリンカンシャーのイミンガムを基地としていた。

1939年9月4日、ドイツ商船「Johannes Moikenbuker」を発見。「Johannes Moikenbuker」は自沈し、「ジャージー」は42人を収容した。9月23日北海での哨戒任務中に駆逐艦「ジャヴェリン」の艦尾に衝突。艦首を損傷し、10月9日まで修理に要した。

12月6日、「ジャージー」は駆逐艦「ジュノー」と共にイミンガムを出港し、哨戒任務に就いた。12月7日未明、ノーフォークのクロマー沖で、機雷敷設を終え帰投中のドイツ駆逐艦「ハンス・ロディ」と「エーリッヒ・ギーゼ」に発見され、「エーリッヒ・ギーゼ」の発射した魚雷の内の1本が「ジャージー」の左舷に命中した。「ジャージー」は沈没は免れたが9名が戦死し、1940年年9月23日まで修理に要した。

1941年5月1日、「ジャージー」と軽巡洋艦「グロスター」、駆逐艦「ケリー」、「カシミール」、「キプリング」、「ケルヴィン」、「ジャッカル」は、北アフリカへ向かう敵船団の攻撃にマルタから出撃した。だが敵船団は捕捉できず、翌日マルタに戻った。その際、「ジャージー」は港の入り口で触雷し沈没した。35名が戦死。「ジャージー」の残骸が港の入り口をふさいでしまったため、入港できなかった「グロスター」、「キプリング」、「カシミール」の3隻はジブラルタルへ向かった。

関連項目編集