メインメニューを開く

ジュゼッペ・パパドプーロ

ジュゼッペ・パパドプーロGiuseppe Papadopulo, 1948年2月2日 - )は、イタリアの元サッカー選手、サッカー指導者。

ジュゼッペ・パパドプーロ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Giuseppe Papadopulo
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1948-02-02) 1948年2月2日(71歳)
出身地 カザーレ・マリッティモ
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1966-1969 イタリアの旗 リヴォルノ 27 (0)
1969-1972 イタリアの旗 ラツィオ 69 (0)
1972-1974 イタリアの旗 ブリンディジ 71 (1)
1974-1976 イタリアの旗 アレッツォ 57 (0)
1976-1977 イタリアの旗 サレルニターナ 34 (1)
1977-1979 イタリアの旗 バーリ 54 (0)
監督歴
1987-1988 イタリアの旗 ソレント
1988-1989 イタリアの旗 リカータ
1989-1991 イタリアの旗 モノーポリ
1991-1992 イタリアの旗 ペルージャ
1992-1994 イタリアの旗 アチレアーレ
1994-1995 イタリアの旗 アヴェッリーノ
1995-1996 イタリアの旗 リヴォルノ
1996-1998 イタリアの旗 フィデーリス・アンドリア
1998-1999 イタリアの旗 ルッケーゼ
1999-2000 イタリアの旗 クレモネーゼ
2000-2001 イタリアの旗 クロトーネ
2001-2004 イタリアの旗 シエーナ
2004-2005 イタリアの旗 ラツィオ
2006 イタリアの旗 パレルモ
2006-2008 イタリアの旗 レッチェ
2009 イタリアの旗 ボローニャ
2011 イタリアの旗 トリノ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

現役時代はDFとして、ラツィオなどでプレーした。

現役引退後は、指導者に転身し、監督として、シエナレッチェを昇格に導いている。2004-05シーズンには財政破綻寸前のラツィオ監督も務め、苦境のチームで奮闘した。2005-2006シーズン、パレルモルイジ・デルネーリ監督解任を受けシーズン途中で監督に就任。

2009年4月に、シニシャ・ミハイロヴィチの後任としてボローニャFC監督に就任。降格圏に落ち込んでいたチームを見事に残留に導いた。2009-2010シーズンも引き続きボローニャの監督を務めたが、リーグ8試合で勝ち点6しか取れず、成績不振で解任された。しかしユヴェントスフィオレンティーナなどの強豪とドローに持ち込むなど善戦していたため、パパドプーロ自身は解任に納得がいかない気持ちを表している[1]

所属クラブ編集

指導歴編集

脚注編集

  1. ^ livedoorスポーツ (2009年10月22日). “解任に驚くボローニャ前監督”. 2009年10月23日閲覧。