メインメニューを開く

ジュディ台風(昭和28年台風第2号、国際名:ジュディ〔Judy〕)は1953年昭和28年)5月29日に発生した台風

昭和28年台風第2号(Judy、ジュディ)
カテゴリー4の タイフーンSSHWS
Judy 1953 track.png
発生期間 1953年5月29日 15:00
- 6月7日 21:00
寿命 222時間
最低気圧 940mb
最大風速
(日気象庁解析)
26.7m/s
最大風速
米海軍解析)
105knot
移動距離 5,614km
死傷者数 死者77名
被害地域 フィリピン、台湾、日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

同年6月4日に中央気象台(現気象庁)が日本国内での台風について、このジュディ台風から「外国の女性名」を止めて「発生順の番号」で呼ぶことを発表したため[1]、ジュディ台風は女性名で呼称された最後の台風、そして番号をつけられた最初の台風となった。

概要編集

5月29日15時(協定世界時29日6時)にカロリン諸島の北緯8度3分、東経145度2分で台風となった[2][3]。台風はゆっくりと西進し、フィリピンの東の海上に接近した6月2日には最低気圧940ミリバールまで成長。4日にルソン島へ上陸したのち進路を北から北東に変え、6日から速度を上げて九州に接近[2]。7日9時に熊本県八代市付近から上陸した[3]鹿児島県枕崎市では最大風速26.7メートル、最大瞬間風速39.1メートルを観測している[3]。西日本を縦断した台風は同日21時(協定世界時同日12時)に北緯36度1分、東経136度9分で温帯低気圧となった[2]。一部の資料では消滅地点として山梨県甲府市北西とするものもある[3]

被害編集

フィリピン編集

6月5日、当時の大統領であったエルピディオ・キリノがルソン島への救援活動のため、全ての政府機関を動員するように指示した記録が残るが[4]、被害規模は不明。

台湾編集

台風が接近した6月6日に風速55メートル以上の強風と約5メートルの高波が襲い、子供を含む40名が死亡している[5]

日本編集

台風とそれに刺激された梅雨前線の影響で、九州から中部地方に掛けての広範囲で被害が発生した[6]

死者37名、行方不明17名、負傷56名[6]。1,802棟が損壊し、33,640棟が浸水[6]。74,353ヘクタールの耕地のほか、船舶139隻が被害を受けた[6]。なお、一部の資料において被害船舶が64隻とするものや[7]、236隻とするものがある[8]

脚注編集

  1. ^ 気象百年史(1975)、P.696
  2. ^ a b c 台風195302号 (JUDY) - 詳細経路情報”. デジタル台風. 2015年6月24日閲覧。
  3. ^ a b c d 我が国の災害史(1965)、pp.807 - 808
  4. ^ President’s Month in Review: June, 1953”. フィリピン政府ポータル. 2015年6月24日閲覧。
  5. ^ Longshore, David (2008) (English). Encyclopedia of Hurricanes, Typhoons, and Cyclones, New Edition. Facts on File. p. 287. ISBN 978-0816062959. 
  6. ^ a b c d 台風195302号 (JUDY) - 災害情報”. デジタル台風. 2015年6月24日閲覧。
  7. ^ 齋藤(1989)、P.243
  8. ^ 昭和災害史(1990)、P.169

参考文献編集

  • 全国防災協会「我が国の災害史」、1965年
  • 気象庁「気象百年史」、1975年
  • 齋藤公男「日本の災害と防災科学」名古屋タイムズ、1989年
  • 日本損害保険協会「昭和災害史」、1990年